CD

交響曲全集 エドゥアルド・チバス&ベネズエラ交響楽団(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TBRCD0060
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


ベネズエラのフルトヴェングラーが降臨!
エドゥアルド・チバス指揮ベネズエラ交響楽団
ベートーヴェン:交響曲全集!


時として思わぬ国から天才は生れるものです。ベネズエラの巨匠エドゥアルド・チバスによるベートーヴェン全集が登場。チバスはフルトヴェングラーの研究者としても高名で、バレンボイムとも非常に親しく、その芸風は古風でフルトヴェングラーの蘇りともいえる情熱的なもの。
 今回の全集では、第1番は信じ難い程のゆっくりしたテンポを採用しスケール極大。『英雄』は、フルトヴェングラーへのオマージュとも呼べる風格と激情を隠そうともしません。第2番、第4番も遅いテンポが懐かしさを醸し出します。『田園』は草いきれでむせ返る様な野趣に満ちた快演。『運命』と第7番はこの全集の白眉とも言える名演。『運命』の古武士を思わせる凛とした佇まいの立派さ。音が固まりで飛び込んでくるような迫力。第7番のフィナーレは聴くものが冷静さを保てないほどの熱狂。第8番も久々に聴けた豪傑笑いのようなユーモア溢れる演奏。『第九』はバーンスタイン以来となる、「喜び」を「Freiheit(自由)」に置き換えた歌唱で演奏されます。眠りから醒めていくような第一楽章の格調にはゾクゾクします。
 いずれの演奏も臨場感あふれるライヴ。ヴァイオリンを両翼に配置した古典配置で対位法を強調したもの。ベネズエラ交響楽団は創立70周年を超えた名門でフルトヴェングラーも客演したことで知られます。2019年はさらにブルックナー、ブラームスが予定されております。(輸入元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集


● 交響曲第1番ハ長調 Op.21(録音:2007年7月1日)
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』(録音:2007年7月1日)
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36(録音:2018年3月17日)
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60(録音:2018年3月17日)
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』(録音:2017年3月22日)
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93(録音:2017年3月22日)
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』(録音:2005年3月16日)
● 交響曲第7番イ長調 Op.92(録音:2005年2月3日)
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』(録音:2008年4月24日)

【第9番のソリスト&コーラス】
 カローラ・グレーザー(ソプラノ)
 カティウスカ・ロドリゲス(メゾ・ソプラノ)
 イドヴェル・アルヴァレス(テノール)
 アンドレアス・ダウム(バリトン)
 テレサ・カレーノ・オペラ・コーラス
 エミール・フリードマン合唱団
 UCV合唱団
 ホセ・アンゲル・ラマス合唱団

 ベネズエラ交響楽団
 エドゥアルド・チバス(指揮)

 録音時期:2005〜2018年
 録音場所:ホセ・フェニックス・リバス・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初めて聞く名前の指揮者とオーケストラで、...

投稿日:2019/02/18 (月)

初めて聞く名前の指揮者とオーケストラで、Beethoven全集には1つの冒険心もあったが、結果はとても素敵なものに出会った、と感じている。 独特のテンポで、驚くような打楽器の煽りがあったりするのも趣深い。オーケストラの精緻な技術は驚異的でもあり、アンサンブルは生命力に満ち、聴きなれた西洋のオーケストラとは異質の鄙びた音色が優しく親しみやすい。一曲一曲、あるいは1フレーズ1フレーズに驚きや感動が沸いてきて、とても聴き応えがある。個性的なBeethovenとも言えるが、違和感はまったく感じない。それは全曲を通じて、独自の文化を忠実にBeethovenの音楽に投影しているその背景には、作曲家Beethovenへの敬意と言う万国に共通する価値観があるからだと感じた。 この演奏家達の崇高な音楽性は私にとって、とても素晴らしい発見だった。 今後に期待したい。

BBQ さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

おすすめの商品