SACD

交響曲全集、ヴァイオリン協奏曲、序曲集 ブルーノ・ワルター&コロンビア交響楽団、ジノ・フランチェスカッティ(7SACD+2CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC10286
組み枚数
:
7
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
2CD付き, 限定盤, ハイブリッド

商品説明

ワルター全ステレオ録音SA-CDハイブリッド
第2回発売:ベートーヴェン:交響曲全集


完全生産限定盤/日本独自企画


ブルーノ・ワルター[1876-1961]がその晩年である1957年〜61年にかけて残したステレオ録音は、この20世紀最大の巨匠指揮者による膨大なディスコグラフィの中でも最重要の演奏であり、その長い音楽活動のさまざまな経験と深い洞察とが結実した、文字通り録音の「世界遺産」ともいうべき名盤ぞろいです。
 ワルターの全ステレオ録音を作曲家別に体系的にリイッシューする当シリーズは、ワルター初の本格的ハイブリッド商品であり、オリジナル・アナログ・3トラック・マスターから1998年以来21年ぶりに新規リミックス&リマスターを行ない、21世紀となった現在に、その輝きを再び蘇らせます。
 第2弾は、コロンビアにとってもステレオによる初のベートーヴェン交響曲全集となった伝説的な交響曲9曲と序曲2曲のほか、日本の音楽ファンの熱いリクエストで実現したフランチェスカッティとのヴァイオリン協奏曲を収録。ディスク8と9には交響曲4曲のリハーサル風景、それに交響曲全集が日本で発売された際に、ドーナツ盤として添付されたワルターの日本の音楽ファンに向けてのヴォイス・メッセージを収録しています。(メーカー資料より)

【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21(録音:1958年1月6日:第1,4楽章、9日)
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36(録音:1959年1月5,9日)

Disc2
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』(録音:1958年1月20,23,25日)
● 序曲『コリオラン』序曲(録音:1959年4月15日)

Disc3
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60(録音:1958年2月8日:第2,4楽章、10日:第1,3,4楽章)
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』(録音:1958年1月27日:第1,2楽章、30日:第3,4楽章)

Disc4
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』(録音:1958年1月13日:第1楽章、15日:第2,3楽章、17日(第4,5楽章)
● 『レオノーレ』序曲第2番 Op.72(録音:1960年7月1日)

Disc5
● 交響曲第7番イ長調 Op.92(録音:1958年2月1日:第1,3楽章、3日:第2,4楽章、12日:第2,3楽章)
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93(録音:1958年1月8日:第2楽章、10日:第1,3楽章、13日:第3楽章、2月12日:第4楽章)

Disc6
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』(録音:1959年1月19,21日:第1楽章、26,29日:第2,3楽章、4月6,15日(第4楽章)

Disc7
● ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61(録音:1961年1月23,26日)

 エミリア・クンダリ(ソプラノ:Disc6)
 ネル・ランキン(メゾ・ソプラノ:Disc6)
 アルバート・ダ・コスタ(テノール:Disc6)
 ウィリアム・ワイルダーマン(バリトン:Disc6)
 ウェストミンスター・シンフォニック合唱団、合唱指揮:ウォーレン・マーティン(Disc6)
 ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン:Disc7)

 コロンビア交響楽団
 ブルーノ・ワルター(指揮)

 録音場所:
 ハリウッド、アメリカン・リージョン・ホール(在郷軍人会ホール)
 交響曲第9番第4楽章のみ:ニューヨーク、セント・ジョージ・ホテル、ボールルーム
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO

 オリジナル・レコーディング・プロデューサー:ジョン・マックルーア、トーマス・フロスト
 オリジナル・アナログ・マスターのトランスファー、リミックス、リマスター:アンドレアス・K・マイヤー(マイヤーメディアLLC)

Disc8(通常CD)
● ワルター・イン・リハーサル〜交響曲第5番
1. 交響曲第5番ハ短調 Op.67〜第1楽章(録音:1958年1月27日)
2. 交響曲第5番ハ短調 Op.67〜第2楽章(録音:1958年1月27日)

Disc9(通常CD)
● ワルター・イン・リハーサル〜交響曲第9番、第7番、第4番
1. 交響曲第9番ニ短調 Op.125〜第2楽章(録音:1959年1月26,29日)
2. 交響曲第7番イ長調 Op.92〜第1楽章(録音:1958年2月1日)
3. 交響曲第4番変ロ長調 Op.60〜第2楽章(録音:1958年2月8日)
4. 日本の音楽愛好家の皆様へ(ワルターのメッセージ)(録音:1959年頃)

 日本初CD化(Disc9)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
珠玉の名曲集。 どれも新鮮な清涼感を与え...

投稿日:2017/01/06 (金)

珠玉の名曲集。 どれも新鮮な清涼感を与えてくれる。 コロンビア交響楽団の実力は、ウィーンフィルと比べること自体ナンセンスだが、音色が感想していて艶がない。 しかしどの曲目も毎回、新たな発見があり新鮮な感動を覚える。 長く聴く愛聴盤にふさわしいと思う。

きいちゃん さん | 静岡県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
何というか聴く者をフワッと包み込む不思議...

投稿日:2015/11/15 (日)

何というか聴く者をフワッと包み込む不思議な感触があります。そして感動があります。素晴らしいと思います。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

8
★
★
★
★
★
miya3732さんとは逆の感想です。作曲家ごと...

投稿日:2015/09/20 (日)

miya3732さんとは逆の感想です。作曲家ごととかに細目にまとめてくれたほうが取扱いが楽で助かります。むしろ、リハーサル風景はいらない(聴いても解らないから)インタビューとかもいらない(語学が堪能でないので) 今後モノラル時代の演奏も作曲家ごととかにまとめて,音を良くして発売してほしいものです。さて、入荷するまでまだ日があるので、今日はこの前買ったVENIASのBoxから「田園」でもとりだして聴くかな。

マ-コロリン さん | 埼玉県 | 不明

13

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品