CD 輸入盤

交響曲全集、ピアノ協奏曲第3番、第5番『皇帝』 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル、アレクシス・ワイセンベルク(1977東京 ステレオ)(6CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TFMC0041
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

伝説のベートーヴェン・チクルス40周年記念!
カラヤンの普門館ライヴ、交響曲全曲に
ワイセンベルクとの協奏曲も加えてボックス化!
最新リマスターによる、最終決定稿たる音質!
新たなカラヤン・ミニ写真集の特典付き。


TOKYO FMが録音したカラヤンの1977年ベートーヴェン・チクルス、東京・普門館ライヴをまとめてボックス化。しかも初出時と同マスターではなく、交響曲は2014年発売のブルーレイ・オーディオ盤作成時に手がけた最新リマスターをもとにさらなる微調整を加えブラッシュアップした、通常CDでは初のお披露目となる「最終決定稿」たる音質です。そして単体でしか発売のなかったワイセンベルクとのピアノ協奏曲も、今回のセット化にあたり新リマスタリングを施しました。クラシック・ファン大注目の完全集成です! 2017年はこの演奏会から40周年、ベートーヴェン没後190周年。ぜひこの機会に伝説の演奏をたっぷりとご堪能ください。
 この歴史的な録音には、当時TOKYO FMの名プロデューサーだった東条碩夫氏(現・音楽ジャーナリスト)があたり、さらにストコフスキーも絶賛した腕前の日本が誇る名エンジニア故若林駿介氏を動員、万全の体制で臨みました。そのためすこぶる良好なステレオ録音が残されています。エキストラなしのベルリン・フィル正規メンバーのみで臨んだ『運命』『田園』は朝日放送がテレビでモノラル放送したためFM未放送、またワイセンベルクとの協奏曲も未公開のまま眠っていた音源で、CD化された際には大変話題になりました。カラヤンが激賞した田中信昭氏率いる合唱団との第九で聴ける日本人離れしたとてつもないボルテージの合唱も必聴です。
 封入特典としてブックレットサイズのカラヤン・ミニ写真集が付いています。2011年発売の交響曲全集CD5枚組に付いていた特典とは別ショットの未発表写真を掲載。(販売元情報)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集、ピアノ協奏曲第3番、第5番『皇帝』


Disc1
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』
 録音時期:1977年11月13日

Disc2
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93
 録音時期:1977年11月14日(第2番)、17日(第8番)

Disc3
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
 録音時期:1977年11月16日

Disc4
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
● 交響曲第7番イ長調 Op.92
 録音時期:1977年11月15日

Disc5
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』
 録音時期:1977年11月18日

Disc6
● ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37
● ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』
 録音時期:1977年11月14日(第3番)、17日(第5番)

【交響曲第9番のソリスト、コーラス】
 バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)
 ヘルイェ・アルゲルヴォ(アルト)
 ヘルマン・ヴィンクラー(テノール)
 ハンス・ゾーティン(バス)
 日本プロ合唱団連合
 東京藝術大学合唱団
 田中信昭(合唱総指揮)

【ピアノ協奏曲のソリスト】
 アレクシス・ワイセンベルク(ピアノ)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音場所:東京、普門館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 リマスタリング:2014年(Disc1-5)、2016年(Disc6)

 日本語帯・解説付
 800セット限定生産品
 ディスクは国内プレスとなります。

内容詳細

77年11月に東京・杉並の普門館で行なわれたベートーヴェン・チクルスのライヴ録音6枚組。交響曲は2014年のリマスターに微調整を加え、最良の音質に仕上がっている。4700人収容の大ホールだが、思いの外バランスが良く、とても聴きやすい。6日間で集中的に演奏されたカラヤン/ベルリン・フィル全盛期の記録だ。(長)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「最終決定稿」を謳うなら、カラヤン登場の...

投稿日:2016/12/11 (日)

「最終決定稿」を謳うなら、カラヤン登場の拍手や、楽章間のインターバルも入れてほしい。せっかく協奏曲も入れるなら、カップリングも、『ピアノ協奏曲3番と交響曲2番』『交響曲8番と皇帝』というように、カラヤンの意図した「1977年のベートーヴェンチクルス」本来の曲順で出してほしい。今からでも遅くないから、レコード会社はコレクターの気持ちになって考えてほしい。

masajan さん | 兵庫県 | 不明

24

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品