SACD 輸入盤

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番『皇帝』、シューマン:ピアノ協奏曲 クライバーン(p)ライナー&シカゴ響

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
708283
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

RCA LIVING STEREO ハイブリッドSACD
クライバーン/ベートーヴェン:『皇帝』

録音当時アメリカの「期待の星」だったヴァン・クライバーンと、巨匠フリッツ・ライナー指揮する絶頂期のシカゴ交響楽団とが組んだ名コンチェルト2曲をカップリング。若きクライバーンの伸びやかで開放的なソロを包み込むように、ライナーがシカゴ響から包容力のある響きを引き出しています。2人はこのほかにブラームスやラフマニノフでも共演し、いずれも名盤として知られています。リビング・ステレオのCDシリーズでは、シューマンはプロコフィエフの協奏曲第3番と、『皇帝』はラフマニノフの協奏曲第2番とカップリングされていたので、今回のSACDシリーズは新カップリングとなります。(BMGジャパン)

・シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
 録音:1960年4月16日 シカゴ、オーケストラ・ホール(3トラック録音)
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調『皇帝』
 録音:1961年5月4,12日 シカゴ、オーケストラ・ホール(3トラック録音)

 ヴァン・クライバーン(p)
 シカゴ交響楽団
 フリッツ・ライナー(指揮)

収録曲   

  • 01. 1. Allegro Affettuoso
  • 02. 2. Intermezzo: Andantino Grazioso
  • 03. 3. Allegro Vivace
  • 04. 1. Allegro
  • 05. 2. Adagio Un Poco Mosso
  • 06. 3. Rondo: Allegro

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
クライバーンを偲ぶ意味で再書き込みさせて...

投稿日:2013/05/17 (金)

クライバーンを偲ぶ意味で再書き込みさせていただきます。私にとってはクライバーン/ライナーのコンビ協奏曲と言えばシューマンとベートーベン「皇帝」との組合せのリビング・ステレオLPであり懐かしいです。クライバーンという演奏家に対する感慨はあの1958年チャイコフスキーコンクール優勝後の凱旋パレードは新聞などでも覚えているだけにその後の成行きへは嘆息につきますが。さて、本盤収録曲の内そのシューマンピアノ協奏曲は一途に弾いている・・・そう先の優勝騒ぎからのフォローがある意味では期待でもあるし不安でもあることを吹っ切るように・・・ライナー/シカゴSOもやヽ雑ながらよく若武者を盛り立てています。1960年収録(タイム@15’20A5’15B10’17)でありますからクライバーンは26歳にもうなっていたのかな?指揮のライナーは72歳ですからやはり包容力を持ってこの若武者の伸びやかで開放的なソロを引き立てている様です。基本的には両者アメリカン・スタイルなので第1楽章での叙情的な場面もそう入れ込んだりはせず時にはチャイコフスキーでも聴かれた様にキツメのアタックで力みもご愛嬌となっております。ベートーヴェン・ピアノ協奏曲第5番「皇帝」は翌年1961年の演奏でオーケストラはライナーの厳格なトレーニングの下でのシカゴSOによるもので演奏タイムは@20’09A7’57B10’02となっております。こちらの方もただひたすらにとにかく一途に颯爽と弾いている感じで・・・言葉を替えますとバックは当時トスカニーニ亡き後米国ではベートーヴェン演奏で定評あったライナー/シカゴSOで万全に近いサポートの下、テンポ、技巧共に余計な小細工無しにピアノは進んで行きます。バックハウスとかケンプとかいったベテラン演奏に馴染んでいた時だったので、ちょっと雰囲気を替えての演奏にある新鮮な印象も受けたのを覚えています。なお、CDではありませんがDVDでクライバーンが弾く「皇帝」・・・1962年収録、バックはコンドラシン/モスクワPO、演奏タイム@20’45A〜B18’47・・・が見れるようですね。クライバーン、ライナー共演のピアノ協奏曲は他にもブラームス、ラフマニノフ等の各作品が収録されており当時波に乗っての活躍ぶりが推量されますね。マア、先述した様にクライバーンの活躍はそう長くはなくもう1970年代後半以降は萎んでそういう処も正にアメリカ的だったのでしょう。「芸術家」ではなく「ショービジネスのドル箱スター」としての扱いをされ消費された後暫く視聴者の耳から遠ざかっていましたところ彼の名冠のコンクールで2009年辻井伸行さんが優勝した折にかつての青年の面影があるクライバーンが彼に歩み寄っていた本当に久しぶりの姿が見られ少し感激しました。「クライバーン」を思い出した形にもなったのですが本年2月に78歳で亡くなってしまいました・・・冒頭の華やかさを覚えているだけに私には人生を感じさせる報せでもありました。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

0
★
★
★
★
★
ジャケットの LIVING STEREO のデダインが...

投稿日:2011/02/13 (日)

ジャケットの LIVING STEREO のデダインが懐かしい。たしかこれはLP時代はビクターの録音だった記憶があり、いまCDで聴きなおしてみても、あの時代の音が色濃く残っている。そしてそれは21世紀の現代においても全く遜色のない素晴らしい音質と言える。演奏に関しても非の付け所がない。もし「数種類の演奏を楽しむ」という豊かさがない時代であれば、このディスク一枚でこの2曲は事足りる。

エーテルの風 さん | 長野県 | 不明

1
★
★
★
★
★
シューマンが素晴らしい。ピアノもオケも難...

投稿日:2009/03/04 (水)

シューマンが素晴らしい。ピアノもオケも難しいこの曲を、しっかり弾ききって、精緻かつ美しい。華やかさには欠けるかもしれないが、地に足の着いた演奏と感じました。比べると、皇帝は集中力が感じられず、残念。

乱筆不治 さん | 東京都目黒区 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品