CD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲第9番『合唱』 ノリントン指揮シュトゥトガルト放送交響楽団 

ベートーヴェン(1770-1827)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
コメント
:
2002年9月ライヴ盤(リーダーハレ)
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
93088
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

宇野功芳氏も激賞のノリントン
ついにシュトゥットガルト放響でベートーベン新交響曲全集開始!

ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』
サー・ロジャー・ノリントン(指揮)シュトゥットガルト放送交響楽団、ゲヒンガー・カントライ
C. ニルント、I. フェルミリオン、J. カウフマン、F = J. ゼリーク
2002年9月8日、リーダーハレでのライヴ録音。ノリントンの新しいベートーヴェン全集が始まりました。第1弾は第9で、完全にノリントンの意図を理解し、古楽器的奏法を理解したシュトゥットガルト放響は、さすがの技量。凡百の古楽器団体では太刀打ち出来ない凄みがございます。先の来日で名コンビぶりを示し、素晴らしいベートーヴェンを展開、宇野功芳氏もうならせただけあって、えらい注目盤の登場と申せましょう。

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
素晴らしい...なのに4楽章のMaestosoの...

投稿日:2004/11/21 (日)

素晴らしい...なのに4楽章のMaestosoのテンポが4分音符=60で無く、8分音符=60なのは何故!? 2楽章のトリオがスケルツォより遅いのは何故!?...他の曲に比べて第九だけはらしく無い所がありますね。それだけ、第九が偉大だと言う事...鴨!?

craw20 さん | nagano | 不明

0
★
★
★
★
☆
レコ芸で交響曲部門を受賞したので、気にな...

投稿日:2003/12/23 (火)

レコ芸で交響曲部門を受賞したので、気になって買ってみた。今年発売された他の交響曲作品をしのぐか否かは疑問だけれど、せわしない演奏であることは確か。フルトヴェングラーとは対極の逸品かも。ラトルの落ち着いた演奏では物足りないという方にはお奨め。

デーブ さん | 仙台 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ノリントンの復活を喜びたい。ベートーヴェ...

投稿日:2003/04/01 (火)

ノリントンの復活を喜びたい。ベートーヴェンの旧録の全集やブラームスの交響曲など、非常に面白い演奏だったにも関わらず、何故かあまり話題にならなかったのが不思議だった。今回は現代楽器オケとの実にスリリングな演奏となった。耳慣れないアーティキュレーションなど随所に現れるが、決して不自然には感じられない。新たな「第九」を求めている方…是非ご一聴あれ!

tsucchy さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品