ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

CD

幻想交響曲、序曲『ローマの謝肉祭』 バレンボイム&パリ管弦楽団

ベルリオーズ(1803-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG5207
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200
ベルリオーズ:幻想交響曲、序曲『ローマの謝肉祭』
バレンボイム&パリ管弦楽団


恋に破れた多感な芸術家が自殺しようと阿片を飲むが、死にきれずに昏睡状態のなかで夢を見る」。女優スミッソンへの激しい情熱を背景にベルリオーズが作曲した『幻想交響曲』は、色彩的な管弦楽法や劇的な表現によるロマン派を代表する交響曲です。
 バレンボイムが指揮者としての名声を確立したパリ管弦楽団の音楽監督を務めていた頃の録音で、オーケストラの個性を存分に生かしたドラマティックな輝かしい演奏を繰り広げています。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
ベルリオーズ:
1. 幻想交響曲 Op.14
2. 序曲『ローマの謝肉祭』 Op.9

 パリ管弦楽団
 ダニエル・バレンボイム(指揮)

 録音時期:1978年4月(1)、1980年10月(2)
 録音場所:パリ
 録音方式:ステレオ(セッション)
 高精度ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

バレンボイムが残したベルリオーズ「幻想交響曲」3種のうち、最初に録音したもの。BPOの個性を活かし、美しくドラマティックに仕上げられている。同じくベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」をカップリング。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
幻想交響曲は何種類も聴いたが、最上の一枚...

投稿日:2018/07/18 (水)

幻想交響曲は何種類も聴いたが、最上の一枚です。全体にテンポが速くリズミカルです。そのため多くの演奏がだれてしまう第3楽章も飽きません。オケもパリ管なのでフランス的で小粋です。ぜひ聴いてみて下さい。

Nowhere Man さん | 石川県 | 不明

0

ベルリオーズ(1803-1869)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト