CD 輸入盤

無伴奏チェロ組曲全曲 メネセス(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AV0052
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
 アントニオ・メネセス(チェロ)
 使用楽器:1840年頃のJean-Baptiste Vuillaumme(Paris)作

 録音:2004年6月2-5日、イギリス、バークシャー、セント・マーティン教会

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Suite for Cello solo no 1 in G major, BWV 1007
  • 02. Suite for Cello solo no 1 in G major, BWV 1007
  • 03. Suite for Cello solo no 1 in G major, BWV 1007
  • 04. Suite for Cello solo no 1 in G major, BWV 1007
  • 05. Suite for Cello solo no 1 in G major, BWV 1007
  • 06. Suite for Cello solo no 1 in G major, BWV 1007
  • 07. Suite for Cello solo no 2 in D minor, BWV 1008
  • 08. Suite for Cello solo no 2 in D minor, BWV 1008
  • 09. Suite for Cello solo no 2 in D minor, BWV 1008
  • 10. Suite for Cello solo no 2 in D minor, BWV 1008
  • 11. Suite for Cello solo no 2 in D minor, BWV 1008
  • 12. Suite for Cello solo no 2 in D minor, BWV 1008
  • 13. Suite for Cello solo no 3 in C major, BWV 1009
  • 14. Suite for Cello solo no 3 in C major, BWV 1009
  • 15. Suite for Cello solo no 3 in C major, BWV 1009
  • 16. Suite for Cello solo no 3 in C major, BWV 1009
  • 17. Suite for Cello solo no 3 in C major, BWV 1009
  • 18. Suite for Cello solo no 3 in C major, BWV 1009

ディスク   2

  • 01. Suite for Cello solo no 4 in E flat major, BWV 1010
  • 02. Suite for Cello solo no 4 in E flat major, BWV 1010
  • 03. Suite for Cello solo no 4 in E flat major, BWV 1010
  • 04. Suite for Cello solo no 4 in E flat major, BWV 1010
  • 05. Suite for Cello solo no 4 in E flat major, BWV 1010
  • 06. Suite for Cello solo no 4 in E flat major, BWV 1010
  • 07. Suite for Cello solo no 5 in C minor, BWV 1011
  • 08. Suite for Cello solo no 5 in C minor, BWV 1011
  • 09. Suite for Cello solo no 5 in C minor, BWV 1011
  • 10. Suite for Cello solo no 5 in C minor, BWV 1011
  • 11. Suite for Cello solo no 5 in C minor, BWV 1011
  • 12. Suite for Cello solo no 5 in C minor, BWV 1011
  • 13. Suite for Cello solo no 6 in D major, BWV 1012
  • 14. Suite for Cello solo no 6 in D major, BWV 1012
  • 15. Suite for Cello solo no 6 in D major, BWV 1012
  • 16. Suite for Cello solo no 6 in D major, BWV 1012
  • 17. Suite for Cello solo no 6 in D major, BWV 1012
  • 18. Suite for Cello solo no 6 in D major, BWV 1012

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
別に今ブラジルに住んでいるからというのは...

投稿日:2010/10/04 (月)

別に今ブラジルに住んでいるからというのは全く関係がありませんが、私の最も愛する“無伴奏”の中で最近一番聴く機会の多いアルバムがメネセス盤。 力みなど全く見せない柔らかな音、淀みの無いフレージング…。地味かもしれませんが同時に滋味豊かな、バッハの音楽がここにあります。 “関係ない”とは書いたものの、最近のフレイレといいメネセスといい、ブラジル出身の演奏家というのはなんでこうもさりげなくも美しい演奏ができるんでしょうかね?

G.v.Eisenstein さん | BRAZIL | 不明

1
★
★
★
★
★
音楽の自然な流れ、しなやかな歌い回し、伸...

投稿日:2009/12/08 (火)

音楽の自然な流れ、しなやかな歌い回し、伸びやかな音色…。日本で録音された旧盤を遥かに凌ぐ名演であり、間違いなくモダン楽器で演奏された最高の無伴奏組曲のひとつ。バロックチェロによるバッハに長らく親しんできた私にとっても、”美しい!”と感嘆せざるを得ない(メネセス自身もピリオド楽器奏法の研究をしたそうである)。音楽ビジネス界におもねることのない演奏活動の姿勢ゆえか、日本での評価がなかなか得られていないことは大変に残念である。カザルスホール・カルテットの活動停止以降、ほとんど来日の機会がなくなったメネセスにめぐり逢える貴重なアルバム。

JIVC さん | 東京都 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品