CD 輸入盤

ピアノ独奏作品集 ヒューイット(15CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDS44421
組み枚数
:
16
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ハイペリオン創立30周年記念リリース第1弾!
ヒューイット・プレイズ・バッハ!

Hyperion創立30周年記念スペシャル・プライス設定&全世界に先駆けての日本大幅先行発売!

創立30周年を迎えたハイペリオンのアニヴァーサリー・リリース第1弾は、鍵盤の女神アンジェラ・ヒューイットが弾いたJ.S.バッハの独奏作品を集めたボックス・セット!
 伝説の始まりとなった『インヴェンションとシンフォニア』、「当代屈指のバッハ弾き」としての名声を不動のものとした『ゴルトベルク変奏曲』や『トッカータ集』など、バッハの音楽に愛情を注ぎ続けるヒューイットを、そしてハイペリオンを代表する数々の名演が放つ輝きは、歳月を重ねれば重ねるほど増すばかり。
 ヒューイットが当代屈指のバッハ弾きと称されている理由・・・。その答えの全てがここにあります。(東京エムプラス)

【収録情報】
J.S.バッハ:ピアノ独奏作品集
CD1
・幻想曲ハ短調 BWV.906
・インヴェンションとシンフォニア BVW.772-801
・半音階的幻想曲とフーガ BWV.903

 録音時期:1994年1月
 録音場所:ハノーファー、ベートーヴェンザール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD2-CD3
・イギリス組曲(全6曲) BWV.806-811

 録音時期:2002年8月、2003年3月、4月
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD4-CD5
・ソナタ ニ短調 BWV.964
・フランス組曲(全6曲) BWV.812-817
・小前奏曲 BWV.924-928,930,933-943,999
・前奏曲とフーガ イ短調 BWV.894

 録音時期:1995年6月、8月
 録音場所:ハノーファー、ベートーヴェンザール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD6-CD7
・パルティータ(全6曲) BWV.825-830

 録音時期:1996年6月、1997年1月
 録音場所:ハノーファー、ベートーヴェンザール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD8-CD9
・平均律クラヴィーア曲集第1巻 BWV.846-869

 録音時期:2008年9月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:デジタル(セッション)

CD10-CD11
・平均律クラヴィーア曲集第2巻 BWV.870-893

 録音時期:2008年9月
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:デジタル(セッション)

CD12
・イタリア協奏曲ヘ長調 BWV.971
・カプリッチョ 変ロ長調『最愛の兄の旅立ちにあたって』 BWV.992
・カプリッチョ ホ長調『ヨハン・クリストフ・バッハをたたえて』 BWV.993
・4つのデュエット BWV.802-805
・フランス風序曲ロ短調 BWV.831

 録音時期:2000年10月
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD13
・ゴルトベルク変奏曲 BWV.988

 録音時期:1999年9月
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD14
・トッカータ ハ短調 BWV.911
・トッカータ、アダージョとフーガ ト長調 BWV.916
・トッカータ嬰ヘ短調 BWV.910
・トッカータ ホ短調 BWV.914
・トッカータ ニ短調 BWV.913
・トッカータ ト短調 BWV.915
・トッカータ ニ長調 BWV.912

 録音時期:2002年1月
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

CD15
・幻想曲とフーガ イ短調 BWV.904
・イタリア風アリアと変奏 イ短調 BWV.989
・ソナタ ニ長調 BWV.963
・パルティータ イ長調 BWV.832
・組曲ヘ短調 BWV.823
・アダージョ ト長調 BWV.968
・フーガ ハ長調 BWV.953
・コラール『イエス、わが頼り』 BWV.728
・コラール『ただ神の御旨に従う者は』 BWV.691
・幻想曲とフーガ イ短調 BWV.944

 録音時期:2004年2月
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

 アンジェラ・ヒューイット(ピアノ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Fantasia and Fugue, for Keyboard in C minor (Fugue Incomplete), BWV 906 (BC L133, 138)
  • 02. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 1 in C Major
  • 03. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 2 in C minor
  • 04. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 3 in D Major
  • 05. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 4 in D minor
  • 06. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 5 in E Flat Major
  • 07. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 6 in E Major
  • 08. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 7 in E minor
  • 09. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 8 in F Major
  • 10. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 9 in F minor
  • 11. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 10 in G Major
  • 12. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 11 in G minor
  • 13. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 12 in a Major
  • 14. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 13 in A minor
  • 15. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 14 in B Flat Major
  • 16. Two-Part Inventions (15), for Keyboard, BWV 772-786 (BC L42-56): Invention 15 in B minor
  • 17. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 1 in C Major
  • 18. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 2 in C minor
  • 19. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 3 in D Major
  • 20. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 4 in D minor
  • 21. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 5 in E Flat Major
  • 22. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 6 in E Major
  • 23. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 7 in E minor
  • 24. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 8 in F Major
  • 25. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 9 in F minor
  • 26. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 10 in G Major
  • 27. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 11 in G minor
  • 28. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 12 in a Major
  • 29. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 13 in A minor
  • 30. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 14 in B Flat Major
  • 31. Three-Part Inventions (Sinfonias) (15), for Keyboard BWV 787-801 (BC L42-56): Sinfonia 15 in B minor
  • 32. Chromatic Fantasia and Fugue, for Keyboard in D minor, BWV 903 (BC L34): Fantasia
  • 33. Chromatic Fantasia and Fugue, for Keyboard in D minor, BWV 903 (BC L34): Fugue

ディスク   2

  • 01. English Suite, for Keyboard No. 1 in a Major, BWV 806 (BC L13): Prelude
  • 02. English Suite, for Keyboard No. 1 in a Major, BWV 806 (BC L13): Allemande
  • 03. English Suite, for Keyboard No. 1 in a Major, BWV 806 (BC L13): Courante 1
  • 04. English Suite, for Keyboard No. 1 in a Major, BWV 806 (BC L13): Courante 2
  • 05. English Suite, for Keyboard No. 1 in a Major, BWV 806 (BC L13): Sarabande
  • 06. English Suite, for Keyboard No. 1 in a Major, BWV 806 (BC L13): Bourre 1 and 2
  • 07. English Suite, for Keyboard No. 1 in a Major, BWV 806 (BC L13): Gigue
  • 08. English Suite, for Keyboard No. 2 in A minor, BWV 807 (BC L14): Prelude
  • 09. English Suite, for Keyboard No. 2 in A minor, BWV 807 (BC L14): Allemande
  • 10. English Suite, for Keyboard No. 2 in A minor, BWV 807 (BC L14): Courante
  • 11. English Suite, for Keyboard No. 2 in A minor, BWV 807 (BC L14): Sarabande Et Les Agrments de la Mme Sarabande
  • 12. English Suite, for Keyboard No. 2 in A minor, BWV 807 (BC L14): Bourre 1 and 2
  • 13. English Suite, for Keyboard No. 2 in A minor, BWV 807 (BC L14): Gigue
  • 14. English Suite, for Keyboard No. 3 in G minor, BWV 808 (BC L15): Prelude
  • 15. English Suite, for Keyboard No. 3 in G minor, BWV 808 (BC L15): Allemande
  • 16. English Suite, for Keyboard No. 3 in G minor, BWV 808 (BC L15): Courante
  • 17. English Suite, for Keyboard No. 3 in G minor, BWV 808 (BC L15): Sarabande Et Les Agrments de la Mme Sarabande
  • 18. English Suite, for Keyboard No. 3 in G minor, BWV 808 (BC L15): Gavotte 1 and 2
  • 19. English Suite, for Keyboard No. 3 in G minor, BWV 808 (BC L15): Gigue

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
質量ともにお買い得盤と思って買いました。...

投稿日:2015/02/11 (水)

質量ともにお買い得盤と思って買いました。大きな期待をしていませんでしたが、極端にいえば最初の平均律の一音から音色のニュアンスの豊かさに魅入られてしまいました。ニコライエワのような骨太のバッハではなく、グールドのような人工美のバッハではなく、もっと自然体の自由なバッハを感じました。面白かったのはボーナス盤のNot Bach です。ヘンデル、クープランからベートーベン、シューマンをへてシャブリエ、ラベル、メシアンまで録音されています。そしてこれがいずれもスタイリッシュで素晴らしい。ヒューイットのピアニストとしての幅の広さを実感した次第。バッハには聴き手の様々な思いがあり、私のレビューも私的なものにすぎないかもしれませんが、ヒューイットのバッハが彼女の深い音楽への理解に根差していることは確かだと思います。

北途 啓 さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
一人のアーティストによるバッハの鍵盤作品...

投稿日:2011/05/23 (月)

一人のアーティストによるバッハの鍵盤作品集は、グールド、シフ、J-J.マーティンぐらいしか出ていません。ヒューイットのバッハは、尖らない表現が魅力的でしょうか。アクが少ないだけに、演奏も滑らかなイメージで聴けるのも、この全集の長所とも言えましょう!平均律クラヴィーアだけは2度目の録音で、しかもFAZIOLIのピアノを用いての演奏です。長年かけた録音での彼女のバッハな対する演奏の仕方も微妙に変化をしてるのも見逃せません。

5
★
★
★
★
★
 すでに単発もので購入してしまったが、い...

投稿日:2010/07/14 (水)

 すでに単発もので購入してしまったが、いずれも絶品である。とくにゴールドベルクは、東京オペラシティで聴いて、はじめのアリアに戻ってきたところで泣いてしまった。あれ以降、そういう演奏に出会っていない。ただ、古いタイプの演奏ではない。いろいろな意味で、新世代の演奏と言えるだろう。華やかで明るく、豊かに鳴る。それがピアノの面白さやバッハの本質とうまくバランスを取っており、多くの人に高く評価されていくと思う。

おっさん さん | 神奈川県 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品