反乱 MIRA文庫

ノーラ・ロバーツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784596910578
ISBN 10 : 459691057X
フォーマット
発行年月
2003年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
404p;15

内容詳細

セリーナ・マクレガーにとって、イングランドは復讐の対象でしかなかった。母が辱めを受けた、まだ幼かったあの日から。時は18世紀。スコットランド北部、ハイランド地方の氏族たちは正統の国王復活を求め、反乱のときを待っていた。イングランドとの対決の日は近い。だが兄が同志として連れ帰ったのは、憎むべきイングランド貴族ブリガムだった。ノーラ・ロバーツによる大人気シリーズ『マクレガー家』のルーツ作品、伝説のヒストリカル・ロマンス。

【著者紹介】
ノーラ・ロバーツ : メリーランド州に育ち、1981年、シルエット・ロマンス『アデリアはいま』でデビュー。以来、天性のストーリーテラーとして精力的に執筆活動を続けている。なかでも『マクレガー家』一族を描いたシリーズは大変人気が高く、98年『マクレガーの花婿たち』でニューヨークタイムズのベストセラーリスト第1位に初めて輝いた。今や世界中で版権争いが起こるほどの人気作家となり、総発行部数は1億2,000万部を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • イヴ  ローリー・フォスター & ノーラ・ロバーツ祭り中 さん

    18世紀スコットランドのマクレガー家の先祖の話。ダニエルのパパとママね。ブリガム伯爵とセリーナのロマンス、セリーナの兄カルとマギーのロマンスも。セリーナがとても強い女性。ノーラの作品は強い女性が本当に魅力的。戦争というよりロマンスメイン。助けたブリガムを看病するセリーナ。彼の考え方、戦争に反対のセリーナ。大切な人を失いたくないと結婚を反対するが、、ダニエルはきっセリーナの血が濃いと思うわwくすって笑える場面多し。反乱と身構えていたけど、戦う所は後半に少しだけ。

  • サティーシャ さん

    18世紀。スコットランド、ハイランド地方の氏族たちは正統の国王復活を求め、反乱を起こしイングランドとの対決する。兄の友人イングランド貴族ブリガムとスコットランド氏族のセリーナマクレガー。兄のカルと友人のマギーとのロマンスも。戦争に至るまでの話が半分以上でなかなか進まなかった。マクレガー一族のルーツ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ノーラ・ロバーツ

1981年『アデリアはいま』(サンリオ文庫)でデビューするや、一躍ベストセラー作家となる。86年にアメリカ・ロマンス作家協会初の名誉殿堂入り。2007年には“タイム誌が選ぶアーティスト&エンターテイナー100人”の第7位に選ばれている。ロバーツ名義のほか、J.Dロブ名義では“イブ&ローク”シリーズを

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品