CD

ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』、シューベルト:交響曲第8番『未完成』 ベーム&ウィーン・フィル

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG5214
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200
ドヴォルザーク:『新世界より』、シューベルト:『未完成』
ベーム&ウィーン・フィル


限りない憧れを秘めた静謐美が横溢し比類のない名曲として大きな存在感と人気を誇る、ロマン的な抒情性が存分に表現されたシューベルトの『未完成』。アメリカに滞在中のドヴォルザークが祖国ボヘミアへの郷愁を雄大なスケールで謳い上げた傑作『新世界より』。ベームが晩年にウィーン・フィルハーモニーを指揮した演奏によって、2曲の名作交響曲を収めています。ベームの枯淡の境地が美しく刻印されたアルバムといえる一枚です。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
・シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』
 録音時期:1977年6月
 録音場所:ホーエンエムス
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95『新世界より』
 録音時期:1978年5月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(セッション)

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 高精度ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

ベームとVPOが70年代後半に録音した交響曲2作品を収録。スケールの大きなシューベルトの交響曲第8番「新世界」とベームの意図を知悉した美しい演奏を奏でるシューベルトの交響曲第8番「未完成」。どちらも秀逸。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「新世界交響曲」はLP発売時は特に高い評価...

投稿日:2014/04/20 (日)

「新世界交響曲」はLP発売時は特に高い評価は得られませんでしたが,今の耳で聞くとVPOの各奏者の気合いのこもったなかなかの名演であることに気づきます。ベームは幾分ゆったりめのテンポの中でテンポ変化に節度を保ちながら厚めに響かせてガッチリとした曲作りをしています。そのため,この曲に郷愁を求める人やアーティキュレーションを自在に操る演奏を好む人には好悪を分かつでしょう。録音された1970年代はアナログ録音の成熟期にあり,世評の高いケルテス盤などよりはるかにバランスよくVPOの音が収録され,木管の音などがふっくらと響く美麗な「新世界交響曲」を聴くことができます。その意味ではVPOによる屈指の「新世界交響曲」と言えるのではないでしょうか。ただ,もう少し芝居っ気があれば万人向けの名演になったのではないかと思います。「未完成交響曲」はシューベルティアーデの実況録音のため,少し長い残響や小さいながらも会場の雑音が入り,音響特性もかなり異なります。スタジオ録音に比べて中低域の音が大きめに入っているために丸まった印象を与えがちですが,ベーム/VPOは来日公演等で聴かせた緊張感のある熱演と同様の演奏を繰り広げています。もちろんこちらもインテンポを基調とした名演です。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

3
★
★
★
★
★
「新世界より」は、”リスナーをノせよう”...

投稿日:2012/10/30 (火)

「新世界より」は、”リスナーをノせよう”みたいな気はまったくない演奏だ。聴衆の存在は気にかけず、ひたすら自分(ベーム)がウィーンフィルという絵の具を使って、ドヴォルザークの絵を描いている、と言った感じ。普通は失敗するケースだと思うのだが、こっちから集中して音楽に耳を傾ければ、ウィーンフィルの醍醐味とも言える、美しい音に出会うことができる。それだけでも買って損を感じるCDではない。「未完成」は、もっとずっと聴きやすい演奏。美しい音が、無意識のうちに聴覚を誘導してくれる。

司那夫金 さん | 所在地 | 不明

3
★
★
★
★
★
こんな厳しいスタイルの「新世界」も珍しい...

投稿日:2012/07/20 (金)

こんな厳しいスタイルの「新世界」も珍しい。ウィーンフィルは音の流れをつくるものの、ベームの凄いまでの音の押し込みというか、念押しともいえる刻み方、そして晩年にみられるドレスデン回帰ともいえるような、かつて壮年期にドレスデンのオケでみせた剛毅で折り返しのきっちりしたスタイルがここでもみられる。オケの音はじつに美しく、そしてどこか懐かしい響きを聴かせるのも素晴らしい。第三楽章のゴツゴツした響きと激しい気迫、そして終楽章でみせる見事な高揚感。まったくドヴォルザークらしくない演奏だけど、これだけの演奏となるともう言う事はない。好き嫌いがかなりはっきり分かれる演奏かもしれないが、この曲が嫌い、もしくは聴き飽きたという方にはけっこう気に入られる演奏かもしれない。

ぼん さん | 神奈川県 | 不明

4

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品