CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲、憂鬱なセレナード、ワルツ・スケルツォ ユーチン・ツェン、ミハイル・プレトニョフ&ロシア・ナショナル管弦楽団

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4817676AIF
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Taiwan
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

2015年チャイコフスキー・コンクール最高位を獲得した
俊英によるチャイコフスキー!
来日に合わせて急遽、台湾盤を輸入


チャイコフスキー・コンクール最高位、アジアが生んだスター・ヴァイオリニスト、ユーチン・ツェンが最高のバックを得て録音したチャイコフスキー協奏曲。プレトニョフと共に来日し、チャイコフスキー・プログラムでその才気溢れる演奏を日本の聴衆の前でも披露するタイミングに合わせ、急遽台湾盤を発売致します。

【ユーチン・ツェン Yu-Chien Tseng】
1994年8月台北生まれ。5歳でヴァイオリンをはじめ、6歳で台北市交響楽団にデビュー、2006年にはメニューイン・コンクール・ジュニア部門で3位、2008年にアメリカのカーティス音楽院でアイーダ・カヴァフィアンに師事する。
 2009年に第10回サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクールで1位、サラサーテ演奏賞を史上最年少で受賞。2010年第53回パガニーニ国際コンクールで最優秀演奏賞を受賞。2011年ユン・イサン国際ヴァイオリン・コンクール第1位。作曲家ユン・イサンから演奏賞を授与された。2011年のチャイコフスキー国際コンクールでは審査員特別賞を受賞、2015年チャイコフスキー国際コンクールでは、ヴァイオリン部門最高位を受賞。
 これまでフィラデルフィア管弦楽団、ベルギー国立管弦楽団、台北市交響楽団、フィルハーモニア台湾、ナヴァール交響楽団、王立ワロニー室内管弦楽団などと共演、台湾をはじめ、スペイン、ベルギー、アメリカなどでリサイタルを行っている。(輸入元情報)

【収録情報】
チャイコフスキー:
● ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
● 憂鬱なセレナード Op.26
● ワルツ・スケルツォ Op.34


 ユーチン・ツェン(ヴァイオリン)
 ロシア・ナショナル管弦楽団
 ミハイル・プレトニョフ(指揮)

 録音時期:2017年11月21,22日
 録音場所:モスクワ
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品