ダルゴムイシスキー(1813-1869)

人物・団体ページへ

DVD 輸入盤

ダルゴムィシスキー:『石の客』全曲(アトラントフ、エルムレル指揮)、リムスキー=コルサコフ:『モーツァルトとサリエリ』全曲(マスレンニコフ)(モノラル)

ダルゴムイシスキー(1813-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VAIDVD4525
組み枚数
:
1
レーベル
:
Vai
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

プーシキン原作のロシア・オペラ二つ

『石の客』と『モーツァルトとサリエリ』は、どちらもプーシキンの作品が原作であるというだけでなく、『石の客』はドン・ファン伝説に基づいているなど、モーツァルトとの関わりがある二作です。
 アレクサンドル・ダルゴムイシスキー[1813-1869]は、ワーグナー、ヴェルディと同年生まれのロシアの作曲家。『ルサルカ』と、この『石の客』で今日でも知られています。ただし『石の客』は未完に終わり、リムスキー=コルサコフがオーケストレイションを完成させています。この『石の客』は1979年のボリショイ劇場でのライヴ収録。ヴラディーミル・アトラントフ、タマーラ・ミラシキーナ、アレクサンドル・ヴェデルニコフとボリショイ劇場の大スターが三人も出演し、指揮はマルク・エルムレルという、たいへん豪華な上演の記録です。
 『モーツァルトとサリエリ』は、モーツァルトの早過ぎる死に着想を得たプーシキンの同名戯曲に基づいたオペラ。やはりプーシキンの原作に着想を得たピーター・シェーファーの戯曲「アマデウス」やそれを基にしたミロシュ・フォアマン監督の映画「アマデウス」とは親戚のようなものです。モーツァルトの才能に嫉妬した宮廷楽長のサリエリがモーツァルトに毒を盛る、という物語。1898年の初演ではサリエリをかのフョードル・シャリピンが歌っています。この映像では、アルトゥール・エイゼン[1927-2008]とアレクセイ・マスレンニコフ[1929 −]という、どちらも1950年代から1990年代までボリショイ劇場で大活躍した伝説的名歌手が出演しているのが貴重です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ダルゴムイシスキー:歌劇『石の客』全曲
 ヴラディーミル・アトラントフ(T ドン・ファン)
 タマーラ・ミラシキーナ(S ドンナ・アンナ)
 アレクサンドル・ヴェデルニコフ(Bs レポレッロ)
 タマーラ・シニャフスカヤ(Ms ラウラ)
 ヴラディーミル・ヴァライティス(Br ドン・カルロス)
 ヴラディーミル・フィリッポフ(Bs 修道士,騎士長の像)、他
 ボリショイ劇場管弦楽団&合唱団
 マルク・エルムレル(指揮)

 演出:オレグ・モラレフ
 美術:ヴィリアム・クレメンティエフ
 映像監督:アレキサンデル・バランニコフ
 収録時期:1979年
 収録場所:モスクワ、ボリショイ劇場(ライヴ)

・リムスキー=コルサコフ:歌劇『モーツァルトとサリエリ』全曲
 アレクセイ・マスレンニコフ(T モーツァルト)
 アルトゥール・エイゼン(Bs サリエリ)
 L.ノヴィコフ(ヴァイオリン奏者)
 ボリショイ劇場管弦楽団&合唱団
 ルーベン・ヴァルタニアン(指揮)

 演出:G.パンコフ
 装置:ヴァレリー・レヴェンタル
 映像監督:アレキサンデル・バランニコフ
 収録時期:1981年
 収録場所:モスクワ、ボリショイ劇場(ライヴ)

 収録時間:128分
 画面:カラー、4:3
 音声:モノラル
 字幕:英仏露
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品