スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

レベッカ・ポールソンのお告げ 13の恐怖とエロスの物語

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167309268
ISBN 10 : 4167309262
フォーマット
出版社
発行年月
1994年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
377p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mocha さん

    13の恐怖とエロス・・エログロ描写はあれどあまりなまめかしくも怖くもなかった。お目当てはレンデル。女性の心理がギリギリと拗じられ爆発する様はさすがだけど、この作品群では異質。怪物ものの中では虎男よりもジャガー女、それより人魚の方が恐ろしい。トリックが乱歩チックな「建築請負人」が面白かった。ラストの「ジャクリーン・エス」はやや長くてエログロ度も高く、もうお腹いっぱい!

  • sin さん

    エロス?まあそうだけど、結局生々しい夫婦の話ってところが核にあるよう?夫婦になると男と女で割り切れない部分が出てくるからか?何かを伝えようとすると伝えきれない、かといって理解し合えないまま、なあなあでいいとは思えない。そして理解しようとすると押し付けがましい。それがお互いにとって良いとも悪いとも言い切れない。難しいって?そんな趣旨の作品じゃないんだけど…なんとなく。

  • ニミッツクラス さん

    94年(平成6年)の税抜534円の文春文庫初版。SFやF系レーベルの無い出版社の本は実店舗では捜しにくい…目も肥えるがはたから見たらせどりだよ。本書は「13の恐怖とエロスの物語(全2巻)」の初巻で、続巻は「筋肉男のハロウィーン(96年)」となる。同床異夢っぽいカバーは共に久里氏。ホラーアンソで現在では多言無用だが、巻頭のキングの表題作と巻尾のバーカーの「ジャクリーン・エス」の構成は流石。ディッシュの死神のトンデモ話がアーバンストーリイに化けるのも唸る。カーターの狩人話は煎じて人間ドラマとなる。★★★★☆☆

  • かめた さん

    ホラーアンソロ、全13本。クライヴ・バーカーの「ジャクリーン・エス」が一番。壮絶なラストシーンは神々しささえ感じるほどであります。

  • 井戸端アンジェリか さん

    恐怖とエロスときたら、エロスでしょ購入。キング大先生以外は未知だし、外国のアンソロジーでツボだった事ゼログラビティだし、全然期待していなかった。それなのに、いちいち前説がうるさいのに大先生もエロ加減も薄々なのに面白い。 殺してくれと乞う男に私の中のケダモノがニヤリと笑いました。ああ「ジャクリーン・エス」になりたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。高校教師を経て、1974年『キャリー』で作家デビュー。代表作に『シャイニング』『ザ・スタンド』『IT』『11/22/63』などがある。初のミステリー作品である『ミスター・メルセデス』でエドガー賞最優秀長編賞を受賞

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品