SPRINT最速仕事術 あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法

ジェイク・ナップ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478066997
ISBN 10 : 447806699X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
360p;19

内容詳細

すべてを一気に終わらせろ。戦略、イノベーション、行動科学、デザイン思考…Google×GVが駆使してきた秘密の黄金メソッド「SPRINT」。

目次 : INTRODUCTION スプリントとは何か?/ SET THE STAGE―準備をする/ MONDAY 目標を固める/ TUESDAY 思考を発散させる/ WEDNESDAY ベストを決める/ THURSDAY 幻想をつくる/ FRIDAY テストをする

【著者紹介】
ジェイク・ナップ : GV(旧グーグル・ベンチャーズ)のデザインパートナー。「スプリント」の生みの親。GVに加わる前はグーグルでGmailからGoogle Xに至るあらゆるプロジェクトのスプリントを指揮していた

ジョン・ゼラツキー : GVのデザインパートナーとして、モバイルアプリから検査報告書、日刊紙までのさまざまなものをデザインしている。GVに加わる前はYouTubeでリードデザイナーを務め、その前はフィードバーナー(グーグルが2007年に買収)の初期の社員だった

ブレイデン・コウィッツ : 2009年にGVのデザインチームを立ち上げ、ベンチャーキャピタル企業に初めて「デザインパートナー」の役職を導入する。GVに加わる前はグーグルでGmail、Google Apps for Business、Google Spreadsheets、Google Trendsをはじめとするプロダクトのデザインを指揮してきた

櫻井祐子 : 京都大学経済学部経済学科卒。大手都市銀行在籍中にオックスフォード大学で経営修士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はるき さん

    私の仕事に応用出来るか分からない。でも、読み物として面白い。 ぐだぐたになりがちな、会議の建て直しに試してみたい。

  • Kazehikanai さん

    スタートアップなどで課題に一気にアプローチして解決を目指す1週間プログラム。GVでの事例を引き合いに出しつつ、スプリントの1週間を紹介。そのプロセスはよくあるワークショプを1週間ぶっ通すという印象で、かっちりきっかり出来上がっているものではなさそう。スタートアップでも大プロジェクトでもない普通の仕事において、実践は難しい。細かなコツ、例えばブレーンストーミングより個人ワークでスピードアップすることなどは参考になる。最速仕事術という本書のタイトルは誤解を生む。まあおもしろかったし、限定的ながら参考にしたい。

  • 645TJC さん

    企業内の新規プロジェクトや起業時の事業戦略のアイディアを固めどう展開するか、その意思決定を効率的かつ合理的にどうすすめるかが具体的に書かれていて良い。部分的にでも試してみたい。

  • ふぇるけん さん

    SPRINTってアジャイル開発のサイクルにも使われていたと思うので、そういった手法と思っていたら、これはこれでデザイン思考からプロトタイピングまでを5日間で一気に片付ける、かなりきっちりフォーマットされたプロセスだった。ブレストの有効性に疑問を投げかけていたり、意見大会ではなくシール投票でヒートマップを作り、素早く意思決定するなど、いろいろと使えそうなアプローチがあった。

  • yuzyuz_k さん

    短期で何らかの成果が見られるだろうと思う。 役割を徹底できる様に調整出来るファシリテーターの存在の重要性を、この本でも感じる。 いろんな仕組みを多様性を受容しながら回せる人間というのが、難しい。 最初のスプリントでやる事とは、ファシリテーター養成について考えてみよう。笑

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジェイク・ナップ

GV(旧グーグル・ベンチャーズ)のデザインパートナー。「スプリント」の生みの親。GVに加わる前はグーグルでGmailからGoogle Xに至るあらゆるプロジェクトのスプリントを指揮していた

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品