シューベルト(1797-1828)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集、劇音楽『ロザムンデ』 ヘルベルト・ブロムシュテット、ヴィリー・ボスコフスキー、シュターツカペレ・ドレスデン(5CD)

シューベルト(1797-1828)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRL96044
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

シューベルト:交響曲全集、劇音楽『ロザムンデ』(5CD)

交響曲全集は1978-81年ステレオ録音。名門シュターツカペレ・ドレスデン実力をフルに発揮させる辣腕指揮者ブロムシュテットの傑作。
 ブロムシュテット&ドレスデンといえば、ベートーヴェンの交響曲全集や、ドヴォルザークの8番がベストセラーとして有名な存在ですが、それらに匹敵する内容を持つのがこのシューベルト全集。
 その細部表現の濃やかさ、決してうるさくならないトゥッティの美しさには格別なものがあり、ルカ教会の心地よい残響を伴う豊かなサウンドが、初期の作品をも実に魅力的なものとして聴かせてくれます。(HMV)

【収録情報】
シューベルト:交響曲全集


● 交響曲第1番 ニ長調 D.82
● 交響曲第2番 変ロ長調 D.125
● 交響曲第3番 ニ長調 D.200
● 交響曲第4番 ハ短調 D.417『悲劇的』
● 交響曲第5番 変ロ長調 D.485
● 交響曲第6番 ハ長調 D.589
● 交響曲第7(8)番 ロ短調 D.759『未完成』
● 交響曲第8(9)番 ハ長調 D.944『グレート』

 シュターツカペレ・ドレスデン
 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)

 録音時期:1978〜81年
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

シューベルト:劇音楽『ロザムンデ』

● 序曲(『アルフォンソとエストレッラ』D.732〜序曲)
● 間奏曲第1番
● バレエ音楽第1番
● 間奏曲第2番
● ロマンス
● 精霊の合唱
● 間奏曲第3番
● 羊飼いのメロディ
● 羊飼いの男女の合唱
● 狩人の合唱
● バレエ音楽第2番
● 『魔法の竪琴』D.644〜序曲

 イレアナ・コトルバス(ソプラノ)
 ライプツィヒ放送合唱団
 シュターツカペレ・ドレスデン
 ヴィリー・ボスコフスキー(指揮)

 録音時期:1977年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
昔から評価の高い全集。遅まきながら手にし...

投稿日:2021/03/08 (月)

昔から評価の高い全集。遅まきながら手にしています。評判どおりの素晴らしいシューベルト 。SKDとルカ教会のアコースティックに実直なブロムシュテットの解釈がベストマッチしていて爽快な音楽が響いています。マエストロと SKD の相性の良さが現れていますね。少々高音が耳にさわる感じがありますが、古さを感じさせない素敵な録音だと思います。音の分離や直接音のバランスが気になる方がおられるやも知れませんが、SKD ならではの贅沢なオーケストラサウンドを聴くことが出来ます。デイヴィス = SKD のシューベルト も愛聴していますが、私はこちらの方が好みです。しかし SKD の音は他には無い独特の魅力がありますね。素晴らしい演奏でした。おすすめです。

rela-cla88 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ロザムンデを探していたのですが、シューベ...

投稿日:2020/11/16 (月)

ロザムンデを探していたのですが、シューベルトシンフォニー全集とカップルがありましたので 買いました。ブロムシュテットさんのシューベルトは レコードでもっているので 買い替えになります。友人といつも話すのですが シュターツカペレ・ドレスデンのツイッテがなぜこんなにやわらかいのでしょうか? いいですね。穏やかにきけますので ヒーリングになります。ブロムシュテットさんの人間性が最大限にでていると思います。 ロザムンデはボスコフスキーさんの暖かい情感をいっぱいにたたえ そつなく まとめあげた感じがします。なにをやってもうまい人ですね。 素晴らしい演奏との出会いに感謝です

pianist さん | 沖縄県 | 不明

1

シューベルト(1797-1828)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品