シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

人物・団体ページへ

Blu-ray Disc 輸入盤

『サロメ』全曲 カステルッチ演出、フランツ・ヴェルザー=メスト&ウィーン・フィル、アスミク・グリゴリアン、他(2018 ステレオ)(日本語字幕付)

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
801704
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明


ザルツブルク音楽祭2018ライヴ、R.シュトラウス『サロメ』
ロメオ・カステルッチ演出、新星アスミク・グリゴリアンのサロメ!
フランツ・ヴェルザー=メスト指揮ウィーン・フィル!


2018年のザルツブルク音楽祭でスタイアー演出『魔笛』と共に話題を集めた新プロダクション、リヒャルト・シュトラウスの『サロメ』。ロメオ・カステルッチ演出、アスミク・グリゴリアンのサロメ、そしてフランツ・ヴェルザー=メスト指揮という注目の上演でした。
 特にリトアニア出身のアスミク・グリゴリアンの圧倒的な歌唱と存在感は、音楽祭のハイライトであったといえるでしょう。グリゴリアンは2017年のザルツブルク音楽祭で『ヴォツェック』のマリー役で注目を集めており、今回も少女のように可憐な出で立ちに迫力のある歌唱で聴衆を魅了しています。演出のロメオ・カステルッチは、2017年バイエルン国立歌劇場の来日公演で披露された『タンホイザー』の新演出が記憶に新しいところですが、この演出はフェルゼンライトシューレの岩壁を利用したほの暗い舞台。そこに白い衣装を纏ったサロメが佇み、首を切られたヨカナーンの死体が椅子に座っていて、その足元にヨカナーンの首が転がっており、それが馬の首であったり、袋に入れられた死体が出てくるなど、グロテスクな色彩。そして、ヴェルザー=メストの理知的で精緻な演奏も特筆すべきもの。(写真c Salzburger Festspiele Ruth Walz)(輸入元情報)


【収録情報】
● リヒャルト・シュトラウス:『サロメ』全曲


 アスミク・グリゴリアン(サロメ/ソプラノ)
 ジョン・ダスザック(ヘロデ王/テノール)
 アンナ・マリア・キウーリ(ヘロディアス/アルト)
 ガボール・ブレッツ(ヨカナーン/バス)
 ユリアン・プレガルディエン(ナラボート/テノール)
 エイヴリー・アムロー(ヘロディアスの小姓/アルト)
 マテウス・シュミットレヒナー(ユダヤ人1/テノール)
 マティアス・フレイ(ユダヤ人2/テノール)
 パトリック・フォーゲル(ユダヤ人3/テノール)
 イェルク・シュナイダー(ユダヤ人4、奴隷/テノール)
 ダヴィッド・シュテッフェンス(ユダヤ人5/バス)
 ティルマン・レンネベック(ナザレ人1/バス)
 パヴェル・トロヤク(ナザレ人2/バリトン)
 ネヴェン・クルニッチ(カッパドキア人/バス)
 ヘニング・フォン・シュールマン(兵士1/バス)
 ダション・バートン(兵士2/バス・バリトン)

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 フランツ・ヴェルザー=メスト(指揮)

 演出・装置・衣裳・照明:ロメオ・カステルッチ
 振付:シンディ・ヴァン・アッカー

 収録時期:2018年7月28日
 収録場所:ザルツブルク、フェルゼンライトシューレ(ライヴ)
 映像監督:ヘニング・カステン

 収録時間:112分
 画面:カラー、16:9、1080i
 音声:PCMステレオ、DTS-HD MA 5.1
 字幕:独英仏西伊韓日
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アスミク・グリゴリアンの見事なまでの一人...

投稿日:2020/01/18 (土)

アスミク・グリゴリアンの見事なまでの一人舞台。一時代前のナディア・ミヒャエル、さらにその前のキャサリン・マルフィターノも見た目は申し分ないサロメだったが、いずれも声量には限界があった。グリゴリアンも実年齢はそんなに若くないが、見た目は少女のようだし、この人の声はモノローグの最後の部分など、フルヴォリュームで鳴り渡るオーケストラを突き抜けるように響く。 問題はカステルッチの演出。『サロメ』は「7つのヴェールの踊り」におけるストリップ、切られた首をかき抱いて歌うフィナーレなど、相当に下世話な所のあるオペラで、作曲者の生前からの大成功(ガルミッシュのシュトラウス邸が『サロメ』の興業収入で建ったのは良く知られた話)もそのせいだが、演出がまさにその下世話な部分を徹底的に拒否しようとしていることだけは、良く分かる。顔の下半分を赤や緑に塗った脇役達や黒塗りかつ太鼓を持ったシャーマンとして表象されるヨカナーンなど、なかなか面白いが、演出家の腕の見せ所であるはずの「7つのヴェールの踊り」では一切、サロメを動かさない。つまり、音楽にすべてを語らせようというわけだ。切られた馬の首、首のないヨカナーンの死体など、不思議なオブジェが出てくるが、サロメが馬の首と戯れるわけでもない。最後も「この女を殺せ」というヘロデの台詞が聞こえるだけで、サロメが実際に殺されるシーンはなし。煽情的な身振りを一切見せないヴェルザー=メストの端正な指揮が、演出とうまくシンクロしていることは確かだが、正直言って、あまりに高尚すぎて私には良く分からない。

村井 翔 さん | 愛知県 | 不明

1

シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品