シチェドリン、ロディオン(1932-)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

シチェドリン:カルメン組曲、レスピーギ:ローマの松 マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団

シチェドリン、ロディオン(1932-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
900183
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


20世紀のオーケストラ作品の中でも、とびきりの色彩感を持つ2曲を
ヤンソンス&バイエルン放送響の演奏で


ビゼーの名作オペラ『カルメン』をバレエで踊ろうと企画したボリショイ・バレエの名プリマ、マイヤ・プリセツカヤ。当初は編曲をショスタコーヴィチとハチャトゥリアンに依頼したものの、最終的には彼女の夫シチェドリン[1932-]が仕事を引き受け、「弦と4人のパーカッション奏者およびティンパニ」というユニークな編成の作品に仕上げました。刺激的な響きを纏い現代的に蘇った組曲は、21世紀におけるオーケストラの重要レパートリーとなっており、ヤンソンスはバイエルン放送交響楽団の高い機動性を存分に駆使し、冒頭の序曲における神秘的な幕開けから、曲の終りまでを一気呵成に聴かせています。リズミカルで変幻自在なパーカッションの活躍も聴きどころ。
 かたや『ローマの松』も、レスピーギ特有の巧みなオーケストレーションが極限まで活かされた作品。ローマの風景を支配している松を通して、グレゴリオ聖歌や鳥の声などを効果的に響かせながら古代ローマの幻影を描くというレスピーギの試みを、ヤンソンスは幻想性を丹念に手繰りながら紐解いていきます。全曲を締めくくる『アッピア街道の松』では、響き渡る勇壮なファンファーレを交えたスケールの大きな音の構造物を、世界最高のオーケストラのひとつバイエルン放送交響楽団ならではの力量で圧巻のクライマックスへと導いています。(輸入元情報)

【収録情報】
● シチェドリン:カルメン組曲〜ビゼーの歌劇『カルメン』による弦楽と打楽器のための編曲版 (1967)

1. イントロダクション
2. ダンス
3. 第1間奏曲
4. 衛兵の交代
5. カルメンの登場とハバネラ
6. 情景
7. 第2間奏曲
8. ボレロ
9. トレロ(闘牛士の歌)
10. 闘牛士とカルメン
11. アダージョ
12. カルタ占い
13. フィナーレ

● レスピーギ:交響詩『ローマの松』 (1924)
1. ボルゲーゼ荘の松
2. カタコンバ付近の松
3. ジャニコロの松
4. アッピア街道の松

 バイエルン放送交響楽団
 マリス・ヤンソンス(指揮)

 録音時期:2017年11月13-17日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イン・ガスタイク
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

シチェドリン、ロディオン(1932-)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品