超訳 ヒルティの幸福論 世界で一番幸せになる「思考力」

カール・ヒルティ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784837957911
ISBN 10 : 4837957919
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
181p;18

内容詳細

ヒルティの『幸福論』は、全世界の人々に読み継がれ、多くの知識人や学生に影響を与えてきた。それは、「幸福とは何か」というより「幸福になる方法」の具体的ヒントがあふれるほど述べられ、実践した人がその効果を実感してきたからに他ならない。これが、世界的名著である所以だ。読めば“今日の充実”が一生続く本。

目次 : 第1章 「心」を整えておだやかに生きる(自分の力が「及ぶもの」と「及ばないもの」/ 他人の評価を気にしない ほか)/ 第2章 「充実時間」をもっと増やす知恵(「時間がない」を言い訳にしない/ 「たまには休息が必要だ」という思い込み ほか)/ 第3章 幸福に“直結する”仕事の方法(「仕事を楽しむ=幸福」の絶対原則/ とにかく「できるところから手をつける」 ほか)/ 第4章 つらいときこそ「幸福」に近づいている(最後に笑うのは「地道な努力を重ねた人」/ 「自分さえよければ」はあなたの弱点となる ほか)/ 第5章 あなたは世界一幸福な人になれる(「敵対関係から生まれた友情」ほど長く続く/ 相手の“人間性”を見抜く三つのポイント ほか)

【著者紹介】
カール・ヒルティ : スイスの法学者、思想家。代々医師の旧家に生まれ、ドイツのゲッティンゲン、ハイデルベルクの両大学で法学や哲学を学んだ。数ある『幸福論』のなかでも、特にヒルティの『幸福論』は名著として、時代を超え、世界中で圧倒的な読者の支持を集めている

齋藤孝 : 1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専攻は教育学、身体論、コミュニケーション技法。ベストセラーとなった『声に出して読みたい日本語』(草思社、毎日出版文化賞特別賞受賞)などで提唱した独自の方法論は、教育業界のみならず広く日本人に感銘を与えた。NHK・Eテレ「にほんごであそぼ」の総合指導も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うえ さん

    齋藤孝さんが訳と解説をしていたので、本屋で立ち読み。 いいことがたくさん書いていました。 アドラーの考え方に似た部分もありました。 ただ内容は、すっごいあさーーいです…その分広くはありますが。 この本だけ読んで、著者の言わんとしていることを理解するのは無理なのでは… うーん、勉強不足かぁ? 「死」というものに対して明確な答えを出そうしない「悩むことも恐れることもない。やがて訪れるその日まで淡々といつものように…」という姿勢がとても好きです。

  • 小島輝彦 さん

    もっとがんはろう!っていう気持ちになった。

  • ず〜みん さん

    立ち読み。多分意訳だと思うけど、岩波とか講談社学術とかより全然さくさく読める訳。仕事論とか時間管理論とか、何処かで読んだ自己啓発本っぽいなー。これを片手に原著を読んでみようと思った。

  • taruto さん

    自分用 : 1月27日から他人の評価は気にせず自分が正しいと思うことだけをやっていく 仕事があるから幸福があると言うこと 仕事を習慣化することができれば仕事への負担が減る

  • ヒ力リモノ さん

    周りの幸福を真似することはない。自分だけの幸福感を探し積み上げればいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品