SACD 輸入盤

『火刑台上のジャンヌ・ダルク』 ステファヌ・ドゥネーヴ&コンセルトヘボウ管弦楽団、ジュディット・シュムラ、他

オネゲル(1892-1955)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RCO19001
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rco
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


近年活躍が目覚ましいステファヌ・ドゥネーヴがコンセルトヘボウ管に登場!
オネゲルの『火刑台上のジャンヌ・ダルク』を録音!


近年活躍が目覚ましいフランスの指揮者ステファヌ・ドゥネーヴが、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を率いてオネゲルの『火刑台上のジャンヌ・ダルク』に取り組みました。主役のジャンヌ・ダルクには、フランスの女優ジュディット・シュムラが起用されています。ドゥネーヴの本領発揮というべき音楽とコンセルトヘボウ管の見事な演奏、そして魅力的な俳優陣と歌手陣による演奏で実現しました。
 ジャンヌ・ダルク最後の2日間を描いたオラトリオ『火刑台上のジャンヌ・ダルク』は、1930年代なかばのパリで企画され制作されました。有名なバレエ・ダンサーで女優でもあったイダ・ルビンシテイン[1885-1960]の提案により、劇作家のポール・クローデル[1868-1955]がテキストを書き、作曲家のアルテュール・オネゲルが音楽を書いた作品で、主役のジャンヌ・ダルクは、依頼者であるイダ・ルビンシテインを念頭において書かれています。(輸入元情報)

【収録情報】
● オネゲル:劇的オラトリオ『火刑台上のジャンヌ・ダルク』


1. プロローグ(7:36)
2. I 天の声(2:10)
3. II 一冊の書(3:39)
4. III 地の声(4:11)
5. IV 野獣に引き渡されたジャンヌ(9:21)
6. V 火刑柱に付けられたジャンヌ(3:29)
7. VI 王たち、またはトランプ遊びの考案(5:13)
8. VII カトリーヌとマルグリート(3:16)
9. VIII ランスに向かう王(11:26)
10. IX ジャンヌの剣(15:49)
11. X トリマゾ(0:51)
12. XI 炎の中のジャンヌ・ダルク(12:09)

 ジュディット・シュムラ(ジャンヌ・ダルク)
 ジャン=クロード・ドルオー(修道士ドミニク)
 クリスチャン・ゴノン(語り手)
 アドリアン・ガンバ=ゴンタール(語り手)
 クレール・ドゥ・セヴィニエ(ソプラノ)
 クリスティーン・ガーキー(ソプラノ)
 ユディット・クタージ(メゾ・ソプラノ)
 ジャン=ノエル・ブリアン(テノール)
 スティーヴン・ヒュームス(バス)
 ロッテルダム・シンフォニー・コーラス(合唱指揮:ヴィーヒャー・マンデマーカー)
 国立児童合唱団 (合唱指揮:ヴィルマ・テン・ヴォルデ)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 ステファヌ・ドゥネーヴ(指揮)

 録音時期:2018年9月27,28日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オネゲル(1892-1955)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品