エドワード・P・トムソン

人物・団体ページへ

イングランド労働者階級の形成

エドワード・P・トムソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787232137
ISBN 10 : 4787232134
フォーマット
出版社
発行年月
2003年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,1358p

内容詳細

産業革命期という近代資本主義の政治・経済機構の確立過程で、イングランド民衆は労働者としての階級意識をどのように形成していったのか。民衆の対抗的政治運動の歴史を多面的に分析した社会史研究の記念碑的労作。

【著者紹介】
エドワード・P・トムスン : 1924年、イギリス・オクスフォード近郊に生まれる。『ニュー・レフト・レヴュー』の創刊メンバーとしてイギリス新左翼の活動に従事。65年にウォーリック大学のリーダー(准教授)になるが、72年に辞職。1970年代末から80年代半ばまでは、急速にエスカレートした核兵器による軍拡競争に反対する市民運動に参加、その代表的なスポークスマンとなって核戦争の危機の回避に多大な貢献をした。文学研究と歴史研究における未完のプロジェクトを多く残したまま、93年8月26日に死亡

市橋秀夫 : 埼玉大学助教授、専攻はイギリス社会史

芳賀健一 : 新潟大学教授、専攻は経済政策論・金融論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 一介の労働者 さん

    あまりにも長過ぎるために挫折してしまった人も多いのではないだろうか。しかしながら本書は「労働者階級意識」なる漠然としたものの形成過程を史料を通して見事に描き出した名著である。それぞれの業種の内部構造や発展形態を丁寧に追う研究手法は、時代や地域が異なれど社会史研究を行う人であれば必ず読んで参考にするべきものであるだろう。惜しむらくは史料の制約のためか、業種は限定されても地域が限定されないことが多く、より細かい分節的な構造を明らかにしていく必要がある。あるのに誰もやってない。ムキー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品