証言「プロレス」死の真相

アントニオ猪木

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309290331
ISBN 10 : 4309290337
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;19

内容詳細

猪木、前田…16人の遺族、関係者が明かす、レスラー14人の真実の晩年と死の謎。

目次 : 力道山―証言 アントニオ猪木「非常識で生き抜いた親父に出会って、俺の人生は変わった」/ 山本小鉄―証言 前田日明「父のように優しい心で俺たちを育ててくれました」/ ジャイアント馬場―証言 和田京平「生命維持装置を外しても、馬場さんは、すごい生命力だった」/ 三沢光晴―証言 丸藤正道「三沢さんの遺体を見て、こらえきれない涙があふれ出した」/ マサ斎藤―証言 斎藤倫子「ファンのみなさん、どうかマサ斎藤を忘れないでください」/ ジャンボ鶴田―証言 川田利明「鶴田さんは、どんなスポーツをやっても成功する化け物」/ 橋本真也―証言 関係者X 死の直前、もう一度、故郷の新日本でやり直したかった橋本/ 橋本真也―証言 黒田哲広「亡くなる前から、何回も死にかけたと聞いていました…」/ ラッシャー木村―証言 百田光雄「昔気質の木村さんは、入院中でも人に弱みを見せなかった」/ 上田馬之助―証言 トシ倉森「2人で自殺することばかり考えていたんです」(恵美子夫人)/ 阿修羅原―証言 小佐野景浩 棺と一緒に焼いたレボリューションジャケットの思い出/ 永原遙―証言 柴田惣一「亡くなる当日も永原さんはノアの事務所に出社していた」/ 冬木弘道―証言 金村キンタロー「ああ、俺はやっぱり死ぬんだな」とボスはニヤリと笑った/ ブルーザー・ブロディ―証言 斎藤文彦 溺死、放火…ブロディ刺殺犯に続いた不幸のスパイラル/ ザ・デストロイヤー―証言 束田時雄 最後の来日で会った猪木と和田アキ子からのリスペクト

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 就寝30分前 さん

    こういう本も図書館にあるのがとても嬉しい。それよりも、デビッド・クリス・ケリーのエリック三兄弟、ディックマードック、リックルード、オーエンハート、テリーゴディ、デイビーボーイスミス、カートヘニング、クラッシャーバンバンビガロ、バットニュースアレン、スティーブウィリアムス、トニーホーム、ランディサベージ、アルティメットウォリアー、ジミースヌーカー、ビッグバンベイダー、ディックスレーターなど昭和や平成初期を彩ったプロレスラーたちがみーんな亡くなっていたことにショックを受けてます。わぁ〜信じられない。

  • 本夜見 さん

    図書館本。ジャイアント馬場さんが亡くなってからプロレスは見てなかったが、ジャンボ鶴田さんの奥様の証言が掲載されていたので借りました。巻末のプロレスラー訃報年表に馬場元子さんが載ってるとは。ある意味『女傑』でいらっしゃったからかな?

  • 尿酸値高杉晋作 さん

    タイトルはスキャンダラスな感じだが、内容は全然違う。 縁のある方々が生前のレスラーを語っている本。 柴田さんが語る永源遙選手が凄かった。

  • 乱読家 護る会支持! さん

    亡くなられたプロレスラーについて後輩たちが語る。。。 非常識で暴力的で無茶苦茶な力道山。苦労人で若手を育てたが会社から干されていた山本小鉄。末期がんとは知らなかったG馬場。ウルトラマンレオが好きな受け身の天才、三沢。本当に強かった鶴田。寂しい最期となった橋本真也。お客様が好きなプロ職人のラッシャー木村。奥さんと仲が良かった上田馬之助。人らたしの阿修羅・原。フリーの超大物としてアメリカのローカル団体を渡り歩いたブロディ。。。

  • 湘南☆浪漫【Rain Maker】 さん

    馬場さん、三沢に関しては本当に昔から見ていた選手だったので衝撃が凄かった…。 特に三沢に関しては、あの受け身のうまい選手が…というね。 そして昨日報道された木村花の死去…。 やるせない…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品