猪木流 「過激なプロレス」の生命力

アントニオ猪木

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027401
ISBN 10 : 4309027407
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
235p;19

内容詳細

過激なプロレスを一身で担ったアントニオ猪木と、猪木を論じて作家になった村松友視が、いまだに生命力を放つ名勝負を語り尽くす!

【著者紹介】
アントニオ猪木 : 1943年生まれ。本名、猪木寛至。60年、日本プロレスに入門。72年、自身の団体・新日本プロレスを旗揚げ。タイガー・ジェット・シンとの血の抗争、日本人同士のシリアスな対決、ボクサー、柔道家、空手家との異種格闘技戦など、従来のプロレスを超える「過激なプロレス」によって、熱狂的な支持を得る。98年、現役引退。現在、参議院議員

村松友視 : 1940年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。82年『時代屋の女房』で直木賞、97年『鎌倉のおばさん』で泉鏡花文学賞を受賞

福留崇広 : 1968年、愛知県生まれ。國學院大学文学部哲学科卒。92年、報知新聞社入社。現在、メディア局コンテンツ編集部所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こばまり さん

    蝶野正洋氏がホストを務めるCS番組で割合長尺のアリ戦、平壌でのリック・フレアー戦を観たばかりなので興味深く読んだ。プロレスファン諸兄は様々に思いがあろうが、私は胸熱。対談でなく第三者を介しての発言のキャッチボールも、互いの美意識を衒いなく表出できて悪くないと思った。

  • SU さん

    アントニオ猪木が力道山、ジャイアント馬場について言及していて驚きました。

  • 豊平川散歩 さん

    アリ戦からもう40年が経つのだ。 猪木やプロレスを、読み物視点から世に出した村松さんの功績は、非常に大きい。プロレスが文学的なジャンルに位置して、奥の深いものなのだと教えてくれた。 その2人の対談は、読んでいても目の前で展開されている錯覚に陥る。猪木が力道山に「認められた」と認識したエピソードは興味深く、自分にも伝わってきた。 猪木とアリの、当人同士にしかわからない友情も素晴らしい。 猪木の偉大さを改めて認識した。

  • 竹 さん

    特に新しい話はなく、古き良き時代を懐かしむ感じで、知りたいのは猪木の本音だが、長くプロレスの世界にいて本人も何がなんだかわからなくなっているのだと思う。そのへんを村松氏が引き出して欲しいのだが、まぁなかなか難しい。しかし猪木フリークとして、プロレスに、猪木に触れるとなぜか元気に、楽しい気分になれる。この本からもそんなパワーをいただきました。

  • Takashi Markus Takagi Farrow さん

    猪木さんの無知無自覚無神経ぶりにイラつき、村松さんの異様なヨイショぶりに閉口。猪木による木村評には許しがたい怒りを覚える。駐留軍チャンプのヘビー級ボクサーのスパーリングパートナーを数年こなして、剛柔流でも段位を取ってるコンプリートファイターに対して「柔道では強かったけど、打撃は無理だから」とは何事か。これだけ関連書籍が出回った今、その程度の認識とは……まあもう歳だから仕方ないんだけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品