アタナーズ・ペリファン

人物・団体ページへ

隣人祭り 「つながり」を取り戻す大切な一歩 ソトコト新書

アタナーズ・ペリファン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863240025
ISBN 10 : 4863240023
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,173p

内容詳細

18年前、パリの青年3人が始めたパーティ、地域の隣人たちが集い、食事をしながら語り合う「隣人祭り」。29ケ国750万人参加の大イベントとなった「隣人祭り」について、その誕生から日本での開催までを綴る。

【著者紹介】
アタナーズ・ペリファン : パリ市17区議会議員、企業経営者、NPOスタッフ。4児の父親。1990年、現代社会の無関心を克服しようとNPO「パリの仲間たち」を立ち上げる。この運動を引き継ぎ、99年に「隣人祭り(F^ete des Voisins)」を開催。03年にはヨーロッパ全域へ拡がり「ヨーロピアン・ネイバーズ・デー」となる

南谷桂子 : パリ在住34年。「伊藤忠ファッションシステム」のパリ駐在員を経て「ワインと文化社」と立ち上げる。仏の文化・教育・社会を見つめ続けてきた経験をもとにジャーナリストとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yoshiyuki Saito さん

    フランスと状況や性質は多少違えども、日本でもこの「隣人祭り」という活動を求めている人は多いんじゃないだろうか。ただ政策を期待するだけじゃなく、「自分たちが地域、そして、国を変えていくんだ」という意識が必要であることがこの本から学べます。

  • timeturner さん

    素晴らしい話だと思う。確かにそうだよな、とも思う。でも「私はごめんだ」と思う自分がいる。情けないけど本音。

  • S.Borodino さん

    隣人との付き合いを深めることで、また人の善意を期待することで世界は良くなるという考えは、何ら特別なものではないように思う。もちろん著者もそう信じ、行動している。その姿はカッコイイ。繰り返しになるが、相互扶助の精神は何もヨーロッパ特有のものでもなければ、新しい価値観でもない。ゆえに、「祭り」にしてしまうのは些か大げさな気もする。だが、このような価値観がまだ新奇に思われ(そして諸手を挙げて迎えられ)るということは、おそらく"みんなと一緒、ただそれだけ"という感覚が十分には浸透していないということだろう。

  • jupiter68 さん

    フランスでも、コミュニティづくりというか、「共助」をつくることで悩んでいるんだなあという感想。 日本だけの悩みではなかったんだと思う。

  • maeka さん

    厭世を気取って、世の中をわかっている風な自分に酔いたがる人は少なくないけど、悲嘆すべき現実を知った上で、それでも理想を語れる人の方が、本当は余程人として成熟していると思う。人の善意で世界を変えられると信じ、行動する著者は、中々どうして格好いい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アタナーズ・ペリファン

パリ市17区議会議員、企業経営者、NPOスタッフ。4児の父親。1990年、現代社会の無関心を克服しようとNPO「パリの仲間たち」を立ち上げる。この運動を引き継ぎ、99年に「隣人祭り(F^ete des Voisins)」を開催。03年にはヨーロッパ全域へ拡がり「ヨーロピアン・ネイバーズ・デー」となる

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品