【インタビュー】花澤香菜/空気公団 山崎ゆかり

2016年02月10日 (水) 10:00

|

ローチケHMV - アニメ・コミック , ローチケHMV - 邦楽

9thシングル「透明な女の子」をリリースする声優・花澤香菜。本作のトータルプロデュースをつとめた空気公団・山崎ゆかり。この出会いはいかにして成し得たのか、そして「透明な女の子」収録3曲に込められたそれぞれの想いやトータルコンセプトを、花澤香菜、山崎ゆかりの二人に改めて伺った。


――今回の「透明な女の子」は、山崎さんが総合的にプロデュースする作品となっていますが、どういった経緯でそれが実現しましたでしょうか?

花澤香菜
私たちのほうから「山崎さんに作っていただきたい」とお願いして、今回の作品が出来上がった形です。

山崎ゆかり
まずお話をいただいたときに私は、プロデュースどころか、誰かに楽曲を提供したこともなかったので、「私で大丈夫なのかな?」って思いました。でも、私も挑戦すべき時期かな、と思っていた節もあって、「これは面白いかもしれない」と引き受けさせていただきました。あと、花澤さんのすべての過去作を聴いたり見たりしていって、音楽に対して非常に真面目に取り組んでいるのが分かったので、「これはやりがいがありそうだ」とも思いました。

――今回のプロデュースをしてみての感想をお聞かせください。

山崎ゆかり
音だけをプロデュースするだけでなく、その音の顔となる部分のビジュアル面なども含めて、こちらに任せていただけたのはすごく嬉しかったです。作曲をしている人には、その楽曲の風景が見えていると私は思うんですが、その見えている風景を、聴いている方々にも見えるようにするために、私が関わって良い、ということはすごくありがたかったです。

――今回のきっかけは花澤さん側からのオファーとのことですが、空気公団の作品に何か思い入れあってのオファーでしたでしょうか?

花澤香菜
以前、『青い花』というアニメがあって、そのテーマ曲を空気公団さんが歌われていて、それがすごく印象に残っていました。それで、山崎さんにオファーをするにあたって、改めて空気公団さんの楽曲を聴き直させていただいて…一気に引き込まれました。本当に素敵な作品を作り続けていらっしゃっていると改めて思います。

――表題曲「透明な女の子」の制作で印象深かったことはありますか?

山崎ゆかり
私は作り置きの楽曲というものが無いので、まず花澤さんと初めてお会いしたときに「何かキーワードをいただけませんか?」という話をさせていただきました。そして後日、花澤さんから2、3のモチーフをいただけて、そこから花澤さんの中にある気持ちを汲み取って作曲、という過程で生まれた曲です。

――「花澤さんの中に気持ちを汲み取った」と今、山崎さんが仰っていましたが、花澤さんとしては、自分の気持ちが伝わった実感がありましたか?

花澤香菜
私はいつも悩んだりしたときに小説に頼ることが多いんですけれども、当時、私が一番大事に胸にしまっていた一行と、その理由を添えてキーワードとして山崎さんにお伝えしました。大まかなテーマとしては「もっと強くなりたい」みたいな内容だったんですけれど、それはすごく汲み取っていただけたと思います。

「透明な女の子」初回生産限定盤ジャケット

――本作のジャケットやMVといったビジュアル面の反響は、発表時にとても大きいものとなっていた印象ですが、コンセプトや伝えたかったポイントをお聞かせください。

山崎ゆかり
コンセプトは「音が見えるとしたら、どんな形なんだろう?」というところだったんですが…そうですか、反響大きかったですか。私は何か一石を投じてしまったんでしょうか(笑)?私としては、ただ単に「金髪似合うから、してよ」みたいなノリでしていただいたつもりでは決して無く。

音楽っていうものは、”見る”ものではなく、”聴く”ものです。そして音楽を聴いた時の創造力っていうのは聴き手側の自由で、ある曲を聴いたときに頭に浮かぶ人物や風景は、聴いた人によって違うものになりますよね。でも、音楽を作ったこちら側としては、「こういうものを感じてもらいたいな」っていう部分があるんです。この「透明な女の子」では、私に見えている”強い女の子”と”弱い女の子”を、聴いている皆さんに、ある程度統一したイメージで伝えたかったんです。その上で、”強い女の子”は”弱い女の子”に似ているわけではない、っていうのをお伝えするビジュアルになっています。

――本作のジャケットやMVの、花澤さんのご感想をお聞かせください。

花澤香菜
まずこれは金髪にしているのではなく、ウィッグを被っているんです。衣装合わせの段階で、山崎さんが金髪のウィッグを持ってきてくれていて、「これを被るのはどうでしょう?」と提案してくださいました。そこで実際に被ってみたら、周囲のスタッフの皆さんから「なんか新鮮!」っていう感想をいただいて、使ってみることにしました。でも、あまりコスプレ感が出ないように、ウィッグをアレンジしてもらって…

山崎ゆかり
ウィッグ自体の髪型を、いつもの花澤さんの髪型に近いようにしていただきました。だから、”染めた”っていう感想も出るくらいのリアリティになりましたね。先程の”強い女の子”と”弱い女の子”の話で、似ているようで全く違う感じを表現したかったところです。

花澤香菜
MVは、撮影の前に山崎さんが描いた絵コンテをいただけたので、それを見ながらイメージして撮影に臨みました。撮影現場でも山崎さんが「こういう画で撮りましょう」という指示を出してくださったので、もう頭の中に撮りたい画があるんだなって、まさにトータルプロデュースしていただいているなって、驚きながらもすごく嬉しく撮影させていただきました。

山崎ゆかり
「いつもよりちょっと先のものを見たい」とか、「挑戦したい」って気持ちが花澤さんの中にあるって感じていたんで、それに私の「見たことがないものを見てみたい」気持ちを加えて、味付けした映像ができたんじゃないでしょうか。

「透明な女の子」通常盤ジャケット

――本作は3曲入りのシングルですがc/wのひとつ、「パン屋と本屋」はどういった曲になっていますでしょうか?

山崎ゆかり
花澤さんと初めて会ったときに趣味を聞いたら、「パン屋さんを巡ること」と「読書」との解答をいただきました。この二つをキーワードに曲が書けないかな?と自分の中で思って、書いた曲です。曲調的には「透明な女の子」とは違って、ちょっと牧歌的というか、ほのぼのとした曲になっていますが、これは普段の花澤さんそのままといったイメージです。

花澤香菜
この曲の歌詞は男の子の目線だったので、私がイメージするこの曲の世界の男の子を演じているような感じで歌いました。あと、栗コーダーカルテットさんの演奏が入った音源で本番のレコーディングができたので、それもまた後押しになって、とても幸せな気持ちで収録させていただきました。

山崎ゆかり
栗コーダーカルテットさんと私は一緒にお仕事をしたことがなかったんですけれど、この曲の花澤さんのイメージにはリコーダーが合うんじゃないかなと思って、オファーさせていただきました。そうした快く引き受けてくれて、本当に森の住人のような栗コーダーカルテットの皆さんとのやりとりをさせていただき、すごく楽しかったです。

――さらにc/wの「雨降りしき」はどういった曲でしょうか?

山崎ゆかり
「透明な女の子」はちょっとアップテンポ、「パン屋と本屋」は普段の花澤さんに近い、ほのぼのを描いてみたので、もう一曲は花澤さんの別の面を引き出したいと思って作った曲です。正直、すごく難しい曲になってしまったと私は思っていたんですが、ここはひとつ挑戦してもらおうとオファーしたら、すんなりレコーディングされていました。

花澤香菜
そんなそんな…そんなことはないです(笑)!ちゃんと仮歌も聴きこんで、キー合わせもしっかりやって、何より、山崎さんがいらっしゃる状況できちんと打ち合わせしてからレコーディングしたのが大きかったと思います。この曲は、ちょっと囁くように、普段喋っているくらいの音量感で歌うっていう方向性を事前にきちんと決められたので、本番も上手くできたんだと思います。

山崎ゆかり
この曲に関しては、ピアノと歌を同時に録音していて、それがひとつの挑戦でもありました。歌の一番最後の部分、囁くように歌っていただいている箇所がありますが、ここは花澤さんのギリギリ出るか出ないかの低いキーを引き出させていただいています。この部分はヘッドフォン等で聴くとゾクッとくる仕上がりになっていると思います。

花澤香菜
空気公団の窪田渡さんと、ガラス越しに顔を見合わせながらレコーディングをさせていただきました。

――4月には「透明な女の子」リリース記念スペシャルイベントが予定されています。こちらは花澤さんと空気公団が共演するイベントとのことですが、どういったものになりそうでしょうか?

山崎ゆかり
まだ詳しくは決まっていませんけれど…私は基本的には舞台袖で花澤さんを見守っていたいなと思っています。ですが、トークは少し参加したいと思いますし、他にも何かできればと思っています。

花澤香菜
この3曲を皆さんの前で歌うのはここが初めてになると思います。普段からこの曲たちを聴いて、「どういう風に歌おうかな?」と考えたりしていて、もうすでに私にとってすごく大事な作品になっているので、皆さんにお聴かせする日が来るのが楽しみです。

――花澤さんは昨年2015年の11月から「かなめぐり 〜歌って、読んで、旅をして〜」というサーキットの途中ですが、現時点でのご感想をお聞かせください。

花澤香菜
本当に今まで、観光でも行ったことの無かったような土地に行って、その土地で応援してくださっている皆さんに会えるということがすごく嬉しいですし、実際に感謝を伝えられる機会をこうして作ることができて良かったなぁと思っています。毎回会場が違っていて、その度にセットリストも変えて、朗読もその土地に縁のある内容に変えていているので、「かなめぐり」という括りの中ではあるんですけれど、毎回違うライヴをやっているような感覚で、すごく鍛えられているなぁって感じています。

あと、普段ニュースとかを見ていて、「この地域は雪で大変だなぁ」とか思うのも、一回その地域に行ったことがあったり、その地域の方々と触れ合ったりした後だと、全然見え方が違って見えて、身近さや親しみや愛着が生まれているのを最近、実感しています。

――2015年は実写映画出演、3rdアルバム発売、そして日本武道館ライヴなど、花澤さんの音楽活動にとって大きな出来事がたくさんありましたが、それを振り返りつつ、2016年の展望がありましたらお教えください。

花澤香菜
本当に毎年毎年いろんなことに挑戦させていただいていて、そういった活動ができているのも応援してくださる皆さんのおかげですので、皆さんが楽しめるようなものをこれからも作って、皆さんにお届けしていきたいです。そして、その中で自分が成長していけたらいいなと思っています。今回のシングルの「雨降りしき」では、ピアノと一緒にレコーディングという新しい経験をさせていただいて、「もっと他の楽器とやってみたらどうなるんだろう?」っていう好奇心も浮かんできましたので…いろいろやってみたいことが増えていっていると感じています。それがひとつひとつと実現できていければ、と思います。

――それでは最後に、リスナーの皆様へのメッセージを一言ずつよろしくお願いいたします。

山崎ゆかり
3曲とも花澤さんの歌い方が全然違うと思いますので、まずはそこをお楽しみいただきたいです。そして、曲に込められた雰囲気や色味、風景を、声とともに感じ取っていただければ、と思います。

花澤香菜
私はお守りのように空気公団さんの楽曲を聴くことが多くて、空気公団さんの楽曲をふと聴きたくなる瞬間が、生活のいろんなシチュエーションの中に常にあるんです。そんな素敵な作品たちを作られている山崎さんが、私のことを考えて、私の要素を詰め込んで作ってくださった楽曲ができたということは、本当に幸せなことだと思ってます。そして、この楽曲をいろんなところで、ライヴでお届けできるとなると、自分の内面も変わっていくだろうし、自分の中でこの楽曲たちがもっともっと大切になっていくような気がしています。皆さんにはぜひ、この作品を聴いてもらって、ライヴで聴く日を楽しみにしていただけたらと思います。


花澤香菜 9th single「透明な女の子」2016年2月24日(水)発売


【初回生産限定盤(CD+DVD)】

透明な女の子 【初回生産限定盤】(CD+DVD)

CDシングル

透明な女の子 【初回生産限定盤】(CD+DVD)

花澤香菜

価格(税込) : ¥1,728

まとめ買い価格(税込) : ¥1,331

会員価格(税込) : ¥1,331

発売日: 2016年02月24日

【通常盤(CD Only)】

透明な女の子 【通常盤】

CDシングル

透明な女の子 【通常盤】

花澤香菜

価格(税込) : ¥1,296

発売日: 2016年02月24日

【HMV店舗/ローチケHMV オリジナル購入特典】


《付与対象》
・HMV各店舗(※一部取扱いのない店舗もございます。)
・ローチケHMV(オンライン)

《購入特典》
・ポストカード

《対象商品》
・花澤香菜「透明な女の子」【初回生産限定盤】
・花澤香菜「透明な女の子」【通常盤】

※特典はなくなり次第終了となります。

【収録曲(初回生産限定盤・通常盤共通)】


1 透明な女の子
2 パン屋と本屋
3 雨降りしき
4 透明な女の子 (Instrumental)

【商品仕様】


■初回生産限定盤(CD+DVD)■
・品番:SVWC-70138〜39
・価格:¥1,600+税
・特典内容
☆「透明な女の子」ミュージックビデオDVD付
☆撮りおろし12Pブックレット封入

■通常盤(CD Only)■
・品番:SVWC-70140
・価格:¥1,200+税

【STAFF CREDIT】


■Sound produced by 山崎ゆかり(空気公団)
■All songs written by 山崎ゆかり(空気公団)
■Basic arrangement by 窪田 渡(空気公団)

「透明な女の子」
・Vocal & Chorus 花澤香菜
・Chorus 山崎ゆかり(空気公団)
・Bass 戸川由幸(空気公団)
・Piano,Organ & Synthesizer 窪田 渡(空気公団)
・Drums オータコ―ジ
・Electric Guitar & Acoustic Guitar 奥田健介(NONA REEVES)

「パン屋と本屋」
・Vocal 花澤香菜
・Bass 戸川由幸(空気公団)
・Piano, Organ &Synthesizer 窪田 渡(空気公団)
・Drums オータコ―ジ
・Electric Guitar & Acoustic Guitar 奥田健介(NONA REEVES)
・Soprano Recorder 栗原正巳(栗コーダーカルテット)
・Alto Recorder & Soprano Sax 川口義之(栗コーダーカルテット)
・Great Bass Recorder & Tuba 関島岳郎(栗コーダーカルテット)

「雨降りしき」
・Vocal 花澤香菜
・Piano 窪田 渡(空気公団)
・Violin 真部 裕
・Violin 藤堂昌彦
・Viela 坂口弦太郎
・Cello 多井智紀
・Strings Arangement 上野耕路


花澤香菜 プロフィール


誕生日:2月25日、出身地:東京都。声優として2004年に声優活動を開始。アニメ・ゲームなどを含む150を超える作品に出演し、その演技力の高さと声質の良さでファンから絶大な支持を受けている花澤香菜。音楽活動は、2012年4月にシングル「星空☆デスティネーション」でソロデビュー、オリコン7位を記録。以降のシングルも上位にランクインし、声優としては史上初となるソロデビュー以来4作連続でのオリコンTop10入りを果たした。2013年2月リリースの1stフルアルバム「claire」は同6位を獲得。2013年12月には音楽活動の2ndシーズンを始動し、5thシングル「恋する惑星」をリリース。

2014年2月に25曲入りの2ndアルバム『25』を発売し、オリコン8位、さらにmora総合アルバムウィークリーチャートでは初登場1位を獲得した。各アルバムリリース後にはツアーを行い各地大成功を収め、それぞれBlu-rayとしてもリリースされヒットを記録している。そして、2015年3月28日よりテアトル新宿にて先行公開された映画『君がいなくちゃだめなんだ』に主演、さらに同映画の主題歌となった8thシングル「君がいなくちゃだめなんだ」は26歳の誕生日でもある2015年2月25日に発売された。

2015年4月22日には3rdアルバム「Blue Avenue」を発売し、さらに本アルバムを引っさげてのライヴツアー『花澤香菜 live 2015 “Blue Avenue”』を開催した。ツアー初日の武道館公演の内容を収めたBlu-ray『Live Avenue Kana Hanazawa in Budokan』を2015年11月4日にリリース。花澤自身目標にしてきたという、初の武道館公演を経てさらなる成長を遂げた彼女からますます目が離せない。

【主なアニメ出演作品】


『ガッチャマン クラウズインサイト』(ゲルサドラ)/『純潔のマリア』(エゼキエル)/『てーきゅう』(板東まりも)/『監獄学園 プリズンスクール』(緑川花)/『城下町のダンデライオン』(櫻田茜)/『銃皇無尽のファフニール』(フィリル・クレスト)/『寄生獣 セイの格率』(村野里美)/『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』(ナターシャ)/『メカクシティアクターズ』(マリー / 小桜茉莉)/『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』(星埜ダルク)/『東京喰種トーキョーグール』(神代利世)/ 『魔法科高校の劣等生』( 七草真由美 ) / 『メカクシティアクターズ』(マリー / 小桜茉莉)/ 『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』(ナターシャ)/『ニセコイ』(小野寺小咲)/『絶対防衛レヴィアタン』(シロップ)/『とある科学の超電磁砲S』(春上衿衣)/『凪のあすから』(向井戸まなか)/『琴浦さん』(御舟百合子)/『ささみさん@がんばらない』(邪神かがみ)/『僕は友達が少ないNEXT』(羽瀬川小鳩)/『絶園のテンペスト』(不破愛花)/『マギ』(練紅玉)/『となりの怪物くん』(大島千づる)/『新世界より』(秋月真理亜)/『PSYCHO-PASS』(常守朱)/『貧乏神が!』(桜市子)/『ZETMAN』(天城小葉)/『戦国コレクション』(徳川家康)/『アクエリオンEVOL』(ゼシカ・ウォン)/『ブラック★ロックシューター』(黒衣マト)/『妖狐×僕SS』(髏々宮カルタ)/『ギルティクラウン』(篠宮綾瀬)/『ロウきゅーぶ!』(湊智花)/『モーレツ宇宙海賊』(チアキ・クリハラ)/『青の祓魔師』(杜山しえみ)/『神様ドォルズ』(日向まひる)/『.hack//Quantum』(サクヤ: 相田亜澄) /『STEINS;GATE』(椎名まゆり)/『IS〈インフィニット・ストラトス〉』(シャルロット・デュノア)/『Angel Beats!』(天使: かなで)/『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(黒猫)/『デュラララ!!』(園原杏里)/『セキレイ』(草野)/『To LOVEる -とらぶる-』(結城美柑)/『化物語』(千石撫子)/『狂乱家族日記』(乱崎優歌)/『かんなぎ』(ざんげちゃん)/他..

【関連サイト】


花澤香菜 オフィシャルサイト
http://www.hanazawakana-music.net/
花澤香菜STAFF公式Twitter
https://twitter.com/hanazawa_staff
文化放送 超!A&G+「花澤香菜のひとりでできるかな?」
http://www.joqr.co.jp/blog/hanazawa/
「花澤香菜のひとりでできるかな?」Twitter
https://twitter.com/hitokana_qr


空気公団 プロフィール


1997年結成。現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動中。ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源制作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にしたイベント、制作物等。枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。最新作にアルバム「こんにちは、はじまり。」がある。2015年11月には空気公団インスト版「芯空2」が配信限定で発売された。

【関連サイト】


空気公団 オフィシャルサイト
http://www.kukikodan.com/
空気公団 Twitter
https://twitter.com/kukikodan_news
空気公団/KUKIKODAN Facebook
http://www.facebook.com/pages/kong-qi-gong-tuanKUKIKODAN/169357589758100?v=wall


©Aniplex Inc. All rights reserved.

このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

空気公団に関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る

アクセスランキング

  • 急上昇
  • デイリー
  • 週間