トップ > 音楽CD・DVD > 商品・チケット情報 > クラシック > 声楽曲 > ケネディ追悼 死者のための荘厳司教ミサ

ケネディ追悼 死者のための荘厳司教ミサ

2006年10月31日 (火)

RCAレッド・シール・モーツァルト名盤撰
24bit/96Khz Remastering

BVCC-38391
ジョン・F・ケネディ追悼 死者のための荘厳司教ミサ
モーツァルト:レクイエム
エーリヒ・ラインスドルフ(指揮)ボストン交響楽団、他
世界初CD化(ステレオ)

1964年1月19日、前年11月に凶弾に倒れた故ジョン・F・ケネディ大統領を追悼するミサがボストンの聖十字架大聖堂で執り行われ、そのミサの式次第の一環としてラインスドルフ指揮ボストン交響楽団によってモーツァルトの「レクイエム」が演奏されました。
 当CDに収録されたステレオ録音は、ミサの開始を告げる鐘とオルガン演奏に始まり、司教の言葉や曲間の祈りも網羅して収録された貴重なものであり、史上最も有名なモーツァルトの「レクイエム」の録音としても知られていますが、CD化は今回が世界初となります。歌詞対訳・典礼対訳付き。

【収録内容】
CD1 
1 鐘
オルガン前奏 (F.クープラン:オルガンのための荘厳ミサ曲〜マエストーゾ)

第1部 みことばの聖式
2 階段祈祷(一部)

・モーツァルト:レクイエム(死者のためのミサ曲)ニ短調 KV626
入祭唱: レクイエム〈永遠の安息を〉 (合唱、ソプラノ)

3 キリエ〈主、あわれみ給え〉 (合唱)
4 集祷文
書簡
 昇階唱と詠唱
 続唱
5 ディエス・イレー〈怒りの日〉(合唱)
6 トゥーバ・ミルム〈不思議なラッパ〉 (ソプラノ、コントラルト、テノール、バス)
7 レックス・トレメンデ〈おそるべき大王〉 (合唱)
8 レコルダーレ〈憶い給え〉 (ソプラノ、コントラルト、テノール、バス)
9 コンフターティス〈呪われた者どもを〉(合唱)
10 ラクリモーザ〈涙の日〉(合唱)
11 聖福音
 第2部 いけにえの聖式
 いけにえの聖式(冒頭部分のみ)

CD2 
奉献(オッフェルトリウム)
1 ドミネ・イエズー〈主イエズス〉(合唱、ソプラノ、コントラルト、テノール、バス)
2 オスティアース〈いけにえ〉(合唱)
 密唱(セクレータ)
3 序唱(プレファツィオ)と典文
4 サンクトゥス〈聖なるかな〉(合唱)
5 聖変化(コンセクラツィオ・ミッセー)
6 ベネディクトゥス〈祝せられよ〉(合唱、ソプラノ、コントラルト、テノール、バス)
 第3部 いけにえの食事
7 主祷文
8 アニュス・デイ〈神の小羊〉(合唱)
9 聖体拝領
10 ルクス・エテルナ〈永遠の光明を〉(合唱、ソプラノ)
11 聖体拝領後の文
 第4部 終了の部
 オルガン後奏(L.クープラン:シャコンヌ)

司式:リチャード・カッシング枢機卿(ボストン大司教)
助祭:マシュー・P・ステイプルトン神父(聖ヨハネ神学校長)
副助祭:フランシス・S・ロッシター神父(聖ヨハネ神学校祭式長)
聖ヨハネ神学校生たち

ベルイ・ザムコヒアン(オルガン)
サラメ・エンディッチ(ソプラノ)
ユーニス・アルバーツ(コントラルト)
ニコラス・ディヴァージリオ(テノール)
マック・モーガン(バリトン)
プロ・ムジカ合唱団[合唱指揮:アルフレッド・ナッシュ・パターソン]
ハーヴァード・グリー・クラブおよびラドクリフ合唱協会[合唱指揮:エリオット・フォーブス]
ニュー・イングランド音楽院合唱団[合唱指揮:ローナ・クック・デ・ヴァロン]
聖ヨハネ神学校聖歌隊[合唱指揮:ラッセル・H・デイヴィス神父]
ボストン交響楽団
指揮:エーリヒ・ラインスドルフ

[録音]1964年1月19日、マサチューセッツ州ボストン、聖十字架大聖堂でのライヴ・レコーディング(ステレオ)
Produced by Richard Mohr
Recording Engineer: Lewis Layton
Production master tapes produced by John Pfeiffer

24 bit/96KHz Remastering
Mastered at JVC Mastering Center, Yokohama from original sources
with JVC K2 24 Bit/96KHz technology
Remastering Engineer: Kazuie Sugimoto

J.F.ケネディを追悼するミサを収めた歴史的なドキュメント
満津岡信育
当ディスクは、64年1月19日に、ボストンの聖十字架教会で行われたJ.F.ケネディ大統領を追悼する死者のための荘厳司祭ミサのライヴ録音盤であり、死者を追悼するためのミサ曲本来の姿として、モーツァルトの《レクイエム》が演奏され、ミサの開始を告げる鐘やオルガン演奏に加え、ボストン大司教の言葉や祈りなど、カトリック固有のレクイエム・ミサ典礼が収録されているのが特徴である(なお、カトリック教徒として、初めてアメリカの大統領に就任したJ.F.ケネディの国葬は、前年の11月25日に、ワシントンD.C.で執り行われたことを付記しておきたい)。
 ミサの式次第の一環として演奏された《レクイエム》に関しては、凶弾に倒れた大統領を悼む気持ちが結実した、一期一会的な名演が繰り広げられており、残響の多い教会におけるライヴ録音でありながら、ラインスドルフが、オーケストラやコーラスを巧みに統御している様子も印象的である。RCAの黄金時代を支えたプロデューサーのジョン・ファイファーとエンジニアのルイス・レイトンのコンビによって録音された当ディスクは、数あるモーツァルトの《レクイエム》のディスクの中で、もっとも伝説的な存在でありながら、その特殊性故に、なかなか再発が実現しなかったことでも有名である。今回の世界初CD化を通じて、この貴重なドキュメントに容易に接することができることになったのは、まさに特筆すべきことであると思う。
 なお独唱者たちのうち、オハイオ州出身のサラメ・エンディッチ(1928〜69)は、ロバート・ショウが高く評価し、主に演奏会やオラトリオの分野で活躍した歌手であり、ショウが指揮したJ.S.バッハの《ミサ曲ロ短調》のレコーディングにも参加した。ボストン生まれのエウニーチェ・アルバーツ(1927〜 )は、コンサートとオペラの両面で活動。バッハやハイドンの宗教曲の録音をウェストミンスターに残している。ニコラス・ディヴァージリオは、バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルによるベートーヴェンの第9のレコーディングに参加し、オペラ歌手としても活躍。2005年にイリノイ州のシンフォニア・ダ・カメラがエネスコの歌劇《オイディプス王》をアメリカ初演した際には、ディレクターを務めた。マック・モーガンは、当録音の時期に、ボストンの声楽界で重鎮的な役割を果たしていた歌手である。(ライナーノーツより)

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

レクィエム(1964年ケネディ大統領追悼ミサ実況) ラインスドルフ&ボストン響

CD

レクィエム(1964年ケネディ大統領追悼ミサ実況) ラインスドルフ&ボストン響

モーツァルト(1756-1791)

ユーザー評価 : 5点 (5件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,592
会員価格(税込) : ¥2,385
まとめ買い価格(税込) : ¥2,203

発売日:2006年11月22日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

CD 輸入盤

"Requiem: Solti / Vpo, Auger, Bartoli, Cole, Pape, Konzertvereinigung"

モーツァルト(1756-1791)

ユーザー評価 : 2点 (1件のレビュー) ★★☆☆☆

価格(税込) : ¥2,484
会員価格(税込) : ¥2,161
まとめ買い価格(税込) : ¥1,863

発売日:1994年07月04日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

CD

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

DVD

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です