ワーグナー(1813-1883)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

管弦楽曲集 ブルーノ・ワルター&コロンビア交響楽団(平林直哉復刻)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GS2164
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ワルターのワーグナー管弦楽曲集
2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻!


【このCDの復刻者より】
「ワルターの指揮したワーグナーのオペラは、SP時代の『ワルキューレ』第1幕全曲をのぞけば、ほとんどまとまって残されません。そのため、ワルターにとってワーグナーは若干遠い作曲家のように認識されていますが、実はワルターは特に若い頃、この作曲家に傾倒しており、実質的な「ワーグナー指揮者」と言っても過言ではありません。最晩年のステレオ録音も管弦楽曲のみを収録するにとどまりましたが、この2トラック、38センチのオープンリール・テープ復刻により、思っていた以上にスケールと起伏の大きい、なおかつワルターらしい情感に溢れたワーグナーが実感していただけると思います。なお、解説書には歌詞対訳は付いておりませんので、ご了承下さい。」(平林直哉)

【収録情報】
ワーグナー:
1. 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕前奏曲
2. 『パルジファル』第1幕前奏曲
3. 『パルジファル』より聖金曜日の音楽
4. 『さまよえるオランダ人』序曲
5. 『ローエングリン』第1幕前奏曲
6. 『タンホイザー』序曲とヴェヌスベルクの音楽


 オクシデンタル大学コンサート合唱団(6)
 ハワード・スワン(合唱指揮:6)
 コロンビア交響楽団
 ブルーノ・ワルター(指揮)

 録音時期:1959年12月4日(1)、1959年2月25日(2,3)、1959年2月20日(4)、1959年2月27日(5)、1961年3月24,27日(6)
 録音場所:ハリウッド、アメリカン・リージョン・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ワーグナー(1813-1883)

Richard Wagner was one of the most revolutionary figures in the history of music, a composer who made pivotal contributions to the development of harmony and musical drama that reverberate even today. Indeed, though Wagner occasionally produced successful music written on a relatively modest scale, opera -- the bigger, the better -- was clearly his milieu, and his aesthetic is perhaps the most gra

プロフィール詳細へ

関連するチケット

ワーグナー(1813-1883)に関連する商品・チケット情報

管弦楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品