ヤナーチェク(1854-1928)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

イェヌーファ、利口な牝狐の物語、死者の家から、マクロプロス事件、カーチャ・カバノヴァー、シンフォニエッタ、タラス・ブーリバ マッケラス&ウィーン・フィル(9CD)

ヤナーチェク(1854-1928)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4756872
組み枚数
:
9
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ボックスコレクション,輸入盤

商品説明

権威、マッケラスによる
ヤナーチェク:オペラ作品集&管弦楽作品集
9枚組ボックス・セットで登場!

ヤナーチェクのスペシャリストとしても知られる指揮者で音楽学者のチャールズ・マッケラス、80歳を記念したヤナーチェク・ボックスがデッカから登場。
 マッケラスは熱心な指揮活動に加え、楽譜校訂もおこなうなど、ヤナーチェクの一大権威として、すでにその地位には揺るぎの無いものがありますが、そのマッケラスのヤナーチェク関連の仕事の中でも最も高い評価を獲得しているのが、ウィーン・フィルを指揮したデッカへの一連のオペラ録音であることは誰もが認めるところでしょう。
 ヤナーチェクのオペラの価値を世界的に広めることに大きく貢献したこれら5つのレコーディングは、作品・演奏・音質ともに文句なしのクオリティに達した見事なものといえ、緊密で表情豊か、ときにマーラーのシンフォニーを思わせるようなオーケストラをバックにチェコの歌手たちが歌い上げる愛や不条理、メルヘンやユーモアの世界が実に魅力的。作品の長さが85分から120分程度と、オペラとしては比較的コンパクトにまとまっている点も親しみやすいポイントといえるでしょう。
 余白には、マッケラス自身が校訂した原典版を使用した『シンフォニエッタ』と、『タラス・ブーリバ』を収録。

レオシュ・ヤナーチェク
・歌劇『イェヌーファ』全曲[121:16]
・歌劇『利口な牝狐の物語』全曲[89:09]
・歌劇『死者の家から』全曲[85:35]
・歌劇『マクロプロス事件』全曲[95:30]
・歌劇『カーチャ・カバノヴァー』全曲[100:52]
・シンフォニエッタ(マッケラス校訂版)
・狂詩曲『タラス・ブーリバ』

ルチア・ポップ(S)
エリーザベト・セーデルストレム(S)、他
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サー・チャールズ・マッケラス

1976年12月〜1982年4月、ウィーン、ゾフィエンザールでのステレオ録音&デジタル録音

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Jenufa (tschechisch)
  • 02. Janacek, Leos - Uvod Vorspiel (erster Akt)
  • 03. Janacek, Leos - Uz Se Vecer Ch2li (erster Akt)
  • 04. Janacek, Leos - Co To Robis, Mladku? (erster Akt)
  • 05. Janacek, Leos - Co Ty, Jenufo (erster Akt)
  • 06. Janacek, Leos - Dusa Moja, Stevano, Stevusko! (ers
  • 07. Janacek, Leos - A Tak Bychom Sli Cel2m Zivotem (er
  • 08. Janacek, Leos - Stevo, Stevo, Ja Vim (erster Akt)
  • 09. Janacek, Leos - Jak Razem Vsecko To Stevkovo Vypin
  • 10. Janacek, Leos - Uvod Vorspiel (zweiter Akt)
  • 11. Janacek, Leos - Necham Jeste Dvere Otevreny (zweit
  • 12. Janacek, Leos - Ba Zabednena Ta Tvoje Okenicka Uz
  • 13. Janacek, Leos - Tetko Kostelnicko, Poslala Jste Ce
  • 14. Janacek, Leos - Ale Videl Jsem Vchazet Sohaje (zwe

ディスク   2

  • 01. Jenufa (tschechisch)
  • 02. Janacek, Leos - Co Chvila...co Chvila (zweiter Akt
  • 03. Janacek, Leos - Mamicko, Mam Tezkou Hlavu (zweiter
  • 04. Janacek, Leos - Kdo To Je? (zweiter Akt)
  • 05. Janacek, Leos - Tot' Zrovna Jde! (zweiter Akt)
  • 06. Janacek, Leos - Neni Ti Teskno, Jenufko? (dritter
  • 07. Janacek, Leos - Dej Buh Stesti (dritter Akt)
  • 08. Janacek, Leos - Vidis Laco, Ja To Tusila (dritter
  • 09. Janacek, Leos - A Hen...uz Jsou Tu! (dritter Akt)
  • 10. Janacek, Leos - To Bylo Nakeho (dritter Akt)
  • 11. Janacek, Leos - Chud'atko! (dritter Akt)
  • 12. Janacek, Leos - Jeste Jsem Tu Ja! (dritter Akt)
  • 13. Janacek, Leos - Vstante, Pestounko Moja! (dritter
  • 14. Janacek, Leos - Odesli (dritter Akt)
  • 15. Jenufa
  • 16. Janacek, Leos - Odesli (act 3)
  • 17. Janacek, Leos - Overture Zarlivost (jealousy)

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
このマッケラスのヤナーチェクは、10年ほど...

投稿日:2011/01/26 (水)

このマッケラスのヤナーチェクは、10年ほど前にバラで買ったのだが、こうして廉価版ボックスで出たので少しくやしい思いだ! それにしても、ヤナーチェクの音楽は、どれも自然の息吹を感じさせるすばらしいものだが、その創作の中核を成すオペラの全集がないのが不思議なほどだ。結局マッケラス(2010年没)も全曲録音はしなかった。 ブーレーズあたりが出してくれないかな…?

Xm さん | 岡山県 | 不明

3
★
★
★
★
★
聴いて深い後悔の念に襲われた。何故ヤナーチェッ...

投稿日:2011/01/23 (日)

聴いて深い後悔の念に襲われた。何故ヤナーチェックのオペラをこれまで聞かなかったのか。特に「女狐」、「死者」には比類ない感動を受けた。人間への深いまなざし、自然と人間との関わりを、全く斬新な語法で「語る」ヤナーチェクの神髄は、間違いなくオペラにある。「シンフォニエッタ」が気にいった人は勿論、ダメだった人に是非聞いて欲しい(オペラの方が聞きやすいと私は思う)。演奏も素晴らしい。古典でピリオド奏法を取り入れているマッケラスは、ここでもスリムな音づくり(例えば「タラス」でのクーベリックとの比較)。マッケラスの鋭さがヤナーチェエクの革新性に通ずる一方、VPOの情感が音楽をしっかりと「中欧」に繋いでいる。両者がかけあわさったところに生まれる音楽の美しさ、新鮮さは比類が無い。対訳なしでは困るという方に好情報。「日本ヤナーチェク友の会」が各曲1,500円で主要オペラの対訳を頒布している他、アマチュアの方々が取り組まれている「オペラ対訳プロジェクト」でも「女狐」「マクロプロス」の対訳を入手することができる。それぞれホームページをご参照いただきたい。

千葉のアリアドネ さん | 千葉県 | 不明

9
★
★
★
★
★
古い物では30年近く前の録音ですが、粒よ...

投稿日:2005/10/06 (木)

古い物では30年近く前の録音ですが、粒よりの歌手陣、ウイーン・フィルの魅力、そしてそれらを高い次元でまとめ上げたマッケラスの手腕、今聴いても輝きを失っていません。その中でも特にチャーミングな『利口な牝狐の物語』がお薦めです。

ミラクル博士 さん | さいたま市 | 不明

2

ヤナーチェク(1854-1928)に関連する商品情報

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品