ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

弦楽四重奏曲全集 フィッツウィリアム四重奏団(6CD)

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
455776
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集
フィッツウィリアム四重奏団(CD6枚組)

1975〜77年ステレオ録音。作曲者と直接交流のあった英国のグループによる有名なセット。ショスタコーヴィチ自身も高く評価したという彼等の演奏は切れ味鋭いものでしたが、表現の幅もきわめて広く、そこには作品への深い共感が常に示されていて実にホットであり、アナログ完成期の名録音と相まって、これら15曲が形成するシリアスかつ広大な世界を描き尽くしています。

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Dmitri Shostakovich (1906 - 1975)
    Quartet for Strings no 1 in C major, Op. 49
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :
    Fitzwilliam String Quartet
    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Quartet
    • 作曲/編集場所 : 1935, USSR
    • 言語 :
    • 時間 : 15:28
    • 録音場所 : , All Saints Church, Surrey, England [Studio]
  • Dmitri Shostakovich (1906 - 1975)
    Quartet for Strings no 2 in A major, Op. 68
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Quartet
    • 作曲/編集場所 : 1944, USSR
    • 言語 :
    • 時間 : 35:49
    • 録音場所 : , All Saints Church, Surrey, England [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
初めて購入したショスタコーヴィチの弦楽四...

投稿日:2009/05/16 (土)

初めて購入したショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全集です。録音が大変良く、演奏もすっきりしているようで内容があり、すばらしいです。その後、ボロディンなどの全集も購入しましたが、よく取り出すのはフィッツウィリアムです。

fmk さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
ボロディンQやタネーエフQといった全集を巡...

投稿日:2008/11/23 (日)

ボロディンQやタネーエフQといった全集を巡り回ってなお、今でもよく聴くのはこのフリッツウィリアムQである。交響曲並みに重厚さが求められる第2番や第5番はこの団体の音楽性とよくマッチしている。音が薄く重奏が少なくなっていく後期の作品群は総じて平均的だが、第15番は素晴らしい内容!決して深刻ぶってはいないのだが、スケールの大きな演奏である。

ハルデン さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
フィッツウィリアム・カルテットは上手いで...

投稿日:2007/10/14 (日)

フィッツウィリアム・カルテットは上手いですね。奇麗で浅くなっていません。最も飽きがこないショスタコの弦楽四重奏曲全集と思います。

翔村 さん | 神奈川 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連する商品・チケット情報

  • 【在庫特価】ロストロポーヴィチのショスタコーヴィチ交響曲全集 作曲者と親交のあったロストロポーヴィチならではのホットかつ重量感たっぷりのアプローチの聴ける全集。第7番や第10番はもちろん、初期の作品に至るまで徹底して大きな身振りと熱い歌心で再現されています。 ローチケHMV|2017年6月23日(金)
  • ボレイコのショスタコーヴィチ第8番 ロシアの指揮者、アンドレイ・ボレイコのショスタコーヴィチ交響曲シリーズ第5弾。メリハリの利いた表現と痺れるほどの緊張感の持続が持ち味。この第8番では、作品の持つ悲惨な面を掘り下げ、じっくりと聴かせます。 ローチケHMV|2017年4月7日(金)
  • ショスタコーヴィチ:協奏曲全集 2015年に開催された「チャイコフスキー国際コンクール」の入賞者(ドガジンのみ2011年の入賞者)をソリストに迎えた3枚組の協奏曲全集。 ローチケHMV|2017年4月2日(日)
  • ミヒャエル・ザンデルリングのベートーヴェン『英雄』&ショスタコ第10番 6月24日〜7月5日にかけて来日公演も予定されているコンビによるベートーヴェンとショスタコーヴィチの重量級作品の組み合わせアルバム。 ローチケHMV|2017年3月21日(火)
  • 再生産! スクロヴァチェフスキのショスタコ第10番 キリリと引締った快速テンポが採用され、変幻自在な棒さばきにドイツ響が見事に反応する様子は魔術のようです。音量の強弱、大小のコントラストの強さは、凄絶を極めます。 ローチケHMV|2017年3月7日(火)
  • ドノホーのショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ 各曲の性格は多彩であり、ときに深い瞑想性を感じさせる音楽から、いかにもショスタコらしい凶暴さを窺わせるものまで、見事なまでの対位法的統一感のもとに雄弁な楽想を展開しています。 ローチケHMV|2017年2月19日(日)

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト