トップ > My ページ > kam さんのレビュー一覧

kam さんのレビュー一覧 

検索結果:16件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    イニュエンドウがビートルズのアビーロード、メイド・イン・ヘブンがレット・イット・ビーに相当すると良く(?)言われるけれど、確かにそんな雰囲気のセットで名盤の二枚。暗と明。緊張と開放。
    正直、最後のアンビエントトラックは要らなくて、Yeah!で終わっとけば良かったのにと思うんだけど、それを除けばレット・イット・ビー以上の名盤だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    ショー・マスト・ゴー・オンの作曲はブライアン中心ということを最近知って(確かにあの拙いキーボードフレーズはそれっぽい。大サビはフレディだと思います)、イニュエンドウも少なくともブライアンとロジャーの共作だろうから(ドゥー・イット・オーライとそっくりな構成)ブライアン色の凄く強いアルバムだと言えると思う。もちろんロジャーの輝ける日々も素晴らしい。逆にジョンはあまり曲を書いてないことに。消去法で言えばスライトリー・マッドしかなさそう(フレディっぽくもあるけどその割にはキーが低い)。
    この傑作でブライアン色が強いということが面白い。やはりバンドは一人では出来ない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    フレディの声がやや荒れているような印象を受けて、これはエイズの兆候だったのかな……と思わないでもないけれど、好きか嫌いかと言われればこれぐらい荒れてパワフルな方が個人的には好き。ワン・ヴィジョン、カインド・オブ・マジック、プリンシス・オブ・ザ・ユニバース辺りは超名曲だと思うので、なんかもう一曲シングルヒットしそうな曲があったら……と思う。ボウイとここでもう一曲共作出来たら良かったのにとか思うんですが、どうでしょう?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    このアルバムの昔のCDにはブレイク・フリーのPVと同じキーボードのイントロが入ったバージョンがボーナストラックで入っていてとても良かったのであのバージョンもリマスターしてください……。メンバー4人のシングルヒット曲が一曲ずつ入った意外と珍しいアルバム。フレディのボーカル・パフォーマンスはこの頃が一番だったと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    「アンダー・プレッシャーのベース・パターンはジョンが考えたんだけど、お昼を食べに言っている間に忘れてしまって、ロジャーがこうだったろ!と教えてた」とブライアンがインタビューに答えているエピソードが最高。ちょっとアメリカに寄りすぎて売れなかったのかなぁ。追悼としてジョン・レノン風に書かれたライフ・イズ・リアルは隠れ名曲というか、フレディがあえて他の人の作風を真似て書いているのはこの曲だけでは。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    このアルバムには一つ疑問があって、それは愛という名の欲望のリズムギターは誰が弾いているのか?ということ。フレディという話もあるんだけど、ロジャーがジョンが弾いていると言っているインタビューもあって、実際にどちらだかはわからない。ブライアンやロジャーのプレイスタイルでは絶対ないし、ライブでのフレディの弾き方を聴いていると、個人的にはジョンじゃないかなぁ?という気がする。そうだとしたら、地獄へ道連れやドラゴンアタックのベースも凄いし、ジョン大活躍のアルバム。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    実はこのアルバムがクィーンで一番好きかもしれない。メンバーによるセルフ・プロデュース作品で、ビートルズで言うとラバー・ソウルのような落ち着きがある。アルバムとして良くまとまっている反面、ちょっとヒット曲が足りないかなという印象はある。テヲトリアッテはいつ聴いても感動します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    名曲ボヘミアン・ラプソディを含む代表作的な一枚だけれど、そのボヘミアン・ラプソディ、6分弱と曲としては意外と短い。凄く複雑で長い曲に聞こえるけれど、実際のところは複雑な要素を簡潔でキャッチーに現せるところがフレディのソングライティングの凄さだとわかる。Nightっていうより昼の楽しさを感じるのは僕だけか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    前作クィーンUの流れを汲みつつ、よりポップな面を強調した一枚。反面、アルバム全体の構成がやや煩雑という印象がない訳でもない。名曲キラー・クィーンはもちろん素晴らしく、クィーン独特のコーラスワークが忘れられない。ブリング・バック・ザ・リロイ・ブラウンのような、キンクスやポール・マッカートニーを思わせるイギリスらしいレトロな面も○。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/27

    ブライアン・メイもベストと言っている通り、2枚目にしてクィーンの最高傑作。なんと言ってもマーチ・オブ・ザ・ブラック・クィーンの構成力が凄い。シングルヒットするような曲はないけれど、当時の流行のプログレッシブロックの長大さと、グラムロックの歌心を兼ね備えた名盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/03

    想像以上にクリアで迫力のある音になってました。いや、クリアというより、空間の奥行きが良く見える(聞こえる)という感じでしょうか? ここまで良い出来のリマスターなら、ハイレゾで出してくれればいいのに(笑)。

    DVDのブレットとバーナードのインタビューも、二人の今の良好な関係を感じさせる穏やかなもので良かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/30

    以前のものよりバンドで演奏しやすい曲が二曲増え(Moonage DaydreamとSuffragette City)お得なんではないでしょうか。でもそろそろ後期ボウイの楽譜も欲しいですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/27

    話が面白い上に、構成が巧みなので、ついつい読ませられてしまいます。句点のように挟まれる、間食を食べる時の小澤征爾と村上春樹の会話が惚けた感じで良い(※小澤さんの体調のため、頻繁に栄養補給する必要がある)。村上春樹によるドキュメンタリー風のエッセイもあり(詳細は読んでのお楽しみ)、読み応え十分です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/27

    ビーチボーイズ関連のインタビューはマイクやアルが答えている貴重なもの。ピンクフロイド関連ではノーマン・スミスのシド・バレット評が面白かった(徹底的に馬が合わなかったらしい)。やっぱりシド・バレット格好いいな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/26

    冬川さんは表情描くの上手いですねー。この巻はシリアス・アンド・サスペンスな話なので、場面によっては怖いくらいです(次巻ではまたほのぼの展開も増えますから、このまま暗い話になる心配はありません)。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:16件中1件から15件まで表示