Marvin Gaye

CD What's Going On

What's Going On

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:36件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    まっちゃん  |  神奈川県  |  不明  |  2013年08月18日

    神々強いアルバムです。セルフプロデュースの先鞭をつけて、こんな傑作を生み出してしまったマーヴィン・ゲイって一体・・・。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ペパーミント  |  不明  |  2007年03月07日

    ただ切実な思い。それだけである。それだけなんだ。売れようとか、余分なものがない。当初、メッセージ性が強すぎると、モータウンは発売を拒否しました。それが、後のモータウンとの確執…不幸な最後につながていきます。素晴らしいアルバムですが、タイトル曲のように考えさせる。どににいくのか?

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ジュウザ  |  埼玉県  |  不明  |  2006年06月29日

    1枚目のMIX違いはよほどのマニア以外はあんま興味ないのでは?しかし、2枚目の’72年5月ワシントンD.C.でのライヴは「こんなのがまだあんのか!」と思いましたよ。「Let’s Get It On〜Deluxe Edition」はスタジオ・セッションばかりだったので「Let’s〜」の方をよく聴いてたが、ライヴをボーナスにもってきたこちらは、これで良かったんだな〜と思います。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    犬ちゃん  |  神奈川県  |  不明  |  2006年04月14日

    怒りや悲しみが音楽として残る。そして僕たちがこれを聞いて何を感じるかが大切だ。永遠の問いかけへの答えこそが力になる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★☆☆☆☆ 

    ワッツ・ハプン?  |  宮  |  不明  |  2006年04月04日

    2001年版24ビットリマスターより98年版の方がベース音が強調されてて全体的にも高音質なのは何故・・・。せっかく期待してデラックスエディション買ったのに。しかも「マーシー・マーシー・ミー」を頭出しすると前の曲が終わる直前の変なタイミングから始まるし。期待が大きかっただけに裏切られた気分です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ペパーミント  |  大阪府  |  不明  |  2006年03月24日

    このアルバムに参加したベースのマイケルヘンダーソンは当時スティビーワンダーのもとメンバーでレコーディングに参加、そしてマイルスディビスのメンバーになったばかり!彼もいっていたが、すばらしいアーティストたちが同じ方向に向いていたと。時代が動いた証!現代はどう?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ペパーミント  |  大阪府  |  不明  |  2006年03月17日

    ベトナム戦争にいき頭がおかしくなったといわれる弟の話を真剣にきき、作ったのがタイトル曲。なぜ人は争うのか?黒人はアメリカで差別され、ベトナム人を殺す。黒人対有色人種。黒人対黒人。今の世界、音楽でも黒人が白人と比べられることはない。ラップもそう!差別の連鎖は深い

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    桜桃の実る頃  |  ラパン  |  不明  |  2006年03月08日

    これを聴いて何とも感じないような輩はポップスリスナーの風上には置けないでしょう!限りなく透明で美しくも哀しげなメロディー、避けては通れぬ人生の折ふしにはっと胸にこみ上げて来そうだ、マーヴィンの声ひとつ楽の音ひとつずつが胸に深く染み入ってやまない。聴けば聴くほど...。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ハバネロの遺書  |  完  |  不明  |  2006年02月03日

    ムーディー・ブルース『セヴンス・ソジャーン』、スティーリー・ダン『彩(エイジャ)』、ロキシー・ミュージック『アヴァロン』等、どれも美しい音響的ムードにあふれる傑作だがとりわけカンの『フューチャー・デイズ』と本作とはその点においてロック/ポップス界でも抜きん出ている。しかも本作の感動が遥かに上。マーヴィン・ゲイはサム・クック、オーティス・レディングとともにこれからもっと多くの作品に触れるのが楽しみな歌手のひとり。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ザナドゥ2112  |  熊本県  |  不明  |  2006年01月04日

    メッセージ性の強い作品なのに、曲だけを聴いてるとリラックスして聴けてしまう感じ。タイトル曲ホワッツ・ゴーイン・オンは誰でも知ってるんじゃないかと思う位に有名な曲。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    投稿人  |  プログレス横丁  |  不明  |  2005年12月23日

    これほど涙ぐましく、切実で溜め息が出るばかりに美しく、ただもう胸いっぱいになるアルバムもないだろう。ポール・ウェラーは彼のことを「史上最高の歌手」と言っている。私としては、それはマーヴィンが深く尊敬していたナットキング・コールによりふさわしい称号だと思うが、そんな穿鑿はどうでもいい。ポピュラー・ミュージック全盛時代が生んだ二つとない絶唱の歌集。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    shimachann  |  tyo  |  不明  |  2005年12月01日

    まさに無人島に一枚だけって言われたら持って行きますね 珠玉のアルバムです

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    なな  |  福岡県  |  不明  |  2005年08月28日

    彼の音楽ほど心に響くものはないと思ってます 寂しく暖かく切なく力強い声と音楽は永遠に語り続けられるでしょう 私の癒しの音楽です

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ポップ評論  |  Saitama Prefecture  |  不明  |  2005年07月31日

    水晶のように透明なハーモニーで一曲ずつ切なる願いを心からこめて歌われる珠玉のアルバム。声は言うに及ばず、サウンド自体ゆるやかで非常に美しい。この後もマーヴィンは多くの傑作を発表するわけだけれども、内容から考えると遺言書のよう。人間の孤独を一途に見つめた、けれども希望と温もりあふれるメッセージが胸にしみる至高の作品。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    時計仕掛けの林檎  |  札幌  |  不明  |  2005年07月10日

    本作のでかジャケ、HMVでは発売前に既に完売になったみたいですネ。凄い人気(^o^)。(それとも中止になったのかな?^^;)でもやはり、おすすめは2CDのデラックスエディション。他のデラックスエディションには?な物も有りますが、本作は捨て曲なしです。シングル・ヴァージョンやLIVも素晴らしいし、何よりEデトロイト・ミックス!!新たな感動が味わえますヨ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:36件中1件から15件まで表示