トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > マーラー(1860-1911) > 交響曲第2番『復活』 テンシュテット&ロンドン・フィル(1989 ステレオ)(2CD)

マーラー(1860-1911)

CD 交響曲第2番『復活』 テンシュテット&ロンドン・フィル(1989 ステレオ)(2CD)

交響曲第2番『復活』 テンシュテット&ロンドン・フィル(1989 ステレオ)(2CD)

商品ユーザレビュー

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:41件中1件から15件まで表示

  • ★★★★★ 

    abbadondon  |  栃木県  |  不明  |  2018年08月19日

    彼の最初のEMIへのマーラーは強奏部分が歪み、音像がはっきりとせず もやのかかったものだらけだった。 しかしこの「復活」は音質・演奏とも素晴らしい。 この音質ですべての録音がされていたらと思うとほんと残念だ。 そういった意味でEMIの功罪は大きい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    トリンヌ  |  神奈川県  |  不明  |  2016年02月11日

    激情型の指揮をするテンシュテットのマーラーは正直あまり好きではない。しかし!終楽章の最弱から始まる合唱がオケと共に、ラストに向けて深化しながら復活を歌い上げる様は本当に感動的だった。聴き終えたあと、納得のできる演奏であることは間違いない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ムラファン  |  大阪府  |  不明  |  2014年11月03日

    やっぱり、テンシュテットのマーラーはすごいです。 この演奏もティンパニが中々前に出てきてくれないのが少し気になりますが、それでも圧倒的な演奏であることは疑いの余地がありません。 この演奏に関しては、確かにNDR盤よりも丸くなったところはあるかもしれませんが、ffやfffの箇所での追い込みや抉りの効かせ方は変わっていないと思います。 録音もこのレーベルにしては良い方。 個人的には、復活のベスト盤はテンシュテットのNDR盤とこのロンドン盤で十分だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    TYR  |  愛知県  |  不明  |  2011年05月09日

    購入する前から、凄いだろうとは思ってはいたものの、実際聴いてみるとやはり凄かった。マラ2を聴いてこれほど感動するとは思ってもみなかった。この超絶演奏で曲の魅力が一気に分かったと思う。第1楽章からテンシュテットならではの演奏だが、NDR盤よりも丁寧になっている。特に展開部ラスト、あそこが良くなった!何より凄いと思ったのが終楽章のドラマティックさ。提示部のクライマックスの時点で既に他の演奏を圧倒するスケール感だ。展開部の入りは茫然自失の凄まじいクレッシェンドで開始。数メートルだと思ってたら数十メートルの津波だったwその後も聴き手を圧倒。ラストは筆舌に尽くしがたい感動が!これを聴くとこれまでベストとして愛聴してきたあのバーンスタイン/NYP盤が、どこかあざとくて、もたついて聴こえる。これならメータ、ショルティの方が聴く頻度が増えるな。いやもう、テンシュテット最高!ブラボー!同曲ダントツのベストにして20世紀の超名演です!

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    ほんず内閣総理大臣  |  北海道  |  不明  |  2011年04月22日

    期待通りの大演奏。マーラーがこの曲に込めたものを、テンシュテットは確かに余すところなく汲み取り、さらに自らの想いまでプラスして、実に巨大な世界を築きました。第1楽章での激しさと、一転してのみずみずしい歌は特に見事だなあ。第2楽章は屈託のない気分を、第3楽章は皮肉な雰囲気を醸し出して、これまたすばらしいなあ。そして荘厳で感動的な第4楽章。不安と、そしてひたむきな憧れが心を打ちます。そして巨大な第5楽章は、音響的にも感情的にもまさにクライマックス!圧倒的なフィナーレで、本当に久々にスゴイ「復活」を聴かせていただきました。演奏というよりも、ここにあるのはまさしく「表現」!テンシュテットならではのもので、余人の追随を許しません。旧録音(スタジオ)よりも、今回のディスクの方が優れていると、私は確信します。旧録音は、EMIの下手くそデジタル録音のせいもあって、ちょっとだれた印象もないではないからです。なお、このディスク、録音はずいぶんよいように思います。バンダがややオフですが、基本的に音色は鮮やかで全体の量感もよくとらえています。推薦。「復活」に心寄せる方、ぜひこのディスクをお聴きになられますように。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    gusutol  |  山梨県  |  不明  |  2011年04月12日

    とってもいい演奏。まず『復活』としては申し分ありません。いえ、それ以上でしょう。でもフィナーレのクライマックスですら、テンさんはもう彼岸の世界へ行ってしまったかのように冷静で、楽員とも聴衆とも少しはなれたところに立っていらっしゃる。あの激情のNDRが懐かしい、そう思うのは私だけでしょうか。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    トミーガン  |  東京都  |  不明  |  2010年12月28日

    これほどドラマ的な復活は聴いたことがない!と言えるCDです。 ラストのクレッシェンドが強烈です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★☆ 

    ludwig3rd  |  千葉県  |  不明  |  2010年12月12日

    レビューアーの評価の高いディスクだが、かなり凝った演奏。同指揮者・オケの組み合わせでも5番、6番はナチュラルなつくりの音楽がかえって感動を呼んだが、闘病のあとの「復活」に思い入れがあるのかもしれない。 第1、2楽章のテンポは遅すぎてややもたれる。「原光」以降は音楽の流れはよくなり、終楽章のクライマックスへ怒涛のように突き進んでいく。 ライブならではの感興で、その場で聴くことができたら幸せだったろう。 これまで食わず嫌いだったが、テンシュテットの演奏はマーラーの交響曲を聴く楽しみを再認識させてくれた。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    宇野珍会長  |  埼玉県  |  不明  |  2010年10月28日

    復活というとバーンスタインとノイマンばかり聴いていた。テンシュテットはNDR盤を聴いていたが、スケール等で物足りなさを感じていた。それに比べるとこのディスクは完成度も高く、スケールと生命力が桁外れといえよう。晩年のテンシュテットらしく、遅めのテンポから極限の緊張を引き出しているので、手に汗を握る演奏だ。しかしロンドン・フィルはどこへ行ってしまったか? テンシュテットが振るとロンドン・フィルではなくなっているのがユニークだ。バーンスタインがウザい、ノイマンは大人しすぎる、そう感じたらこのディスクに手を伸ばすことになるが、ぼくの聞いた中ではベストになるかもしれない。といえよう。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    siegfried512  |  神奈川県  |  不明  |  2010年08月24日

    これはテンシュテットの、そしてマーラー第2番のCD・DVDの最高傑作と言っても過言ではない。決定盤である。テンシュテットを前にして、ロンドンフィルはテンションが上がりすぎるきらいがあって、ライヴながら雑になりすぎる面もある。しかし、この演奏は実に丁寧。すべてを消化し切って、且つ燃焼し切っている。そして、フレーズフレーズごとに色が変わりホールトーンを考え抜いて演奏しているから、全く話題になっているテンポの遅さはあざとく感じられない。幸運なことに、録音も見事にホールの中にいるような響きを捉えている。むしろ、聴き通しても「もっと音楽に浸っていたい」と感じる。ラストは涙無しには聴けない。。。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    G.v.Eisenstein  |  BRAZIL  |  不明  |  2010年08月23日

    皆さんが挙って書いているアルバムに今更付け加えることも無いのですが、これはやはりテンシュテットにしかできないマーラーだと思いました。この曲の場合、大抵最後は(第九のように)開放的な賛歌のようになってしまう演奏が多いように感じますが、これほど痛切な“復活への願い”を感じさせる演奏は私にとっては初めてでした。 録音は賛否あるでしょうが、空気感をリアルに捉えている一方で、僅かながらに音のエネルギー感は犠牲になっているように思います。もっともこれを両立した録音もなかなかありませんが。。。 いずれにしても一人でも多くも人に聴いてもらいたいアルバムです。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★☆☆ 

    たけっちゃん  |  兵庫県  |  不明  |  2010年05月10日

    「いつかは買おう」と思って、長らく「お気に入りリスト」に入っていたCD。この度、やっと買いました。    かなりの「爆演」を想像して聴き始めましたが、思っていたより自然な流れの音楽。もちろん、思い入れタップリに歌うメロディもたくさんありますが、ネバネバと粘着質な部分や、大げさにデフォルメした部分は皆無。私には、楽譜を冷静に、丹念に音にした、スタンダードな演奏に聴こえました。   1・2・3楽章と聴いてだんだん物足りなさを感じ「そんなにスゴイ演奏なの?」と思い始めたとき、「原光」が切々と歌われ、そしてフィナーレ。がぜん、個性的な演奏になってきて、特に終段でのクレッシェンドは、音楽が、空間がどこまでもどこまでも広がっていく感じで、思わず身体にビビッと電気が走りました。   ということで、前半の3楽章は心に響かなかったものの、後半楽章が心に沁みこんで、聴き終わった後は感動を味わったのですが、それが曲自体(4・5楽章)の魅力によるものなのか、演奏によるものなのか……?   自分でもよく分からず、もう少ししっかり聴き込んでみよう、と思っている今現在です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    リマスタリング大嫌い  |  愛知県  |  不明  |  2010年05月05日

    さすが トニー・フォークナー! 曲が進むにつれてどんどん音も良くなって行くような気がします。最終楽章もほとんどリミッターがかかっていない印象。テンシュテットのライヴはどれも録音が悪くて、今回もまったく期待していませんでしたが、数ある「復活」録音の中でも、そしてまたフォークナー録音の中でもベストの一つ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    なかじぃ  |  大阪府  |  不明  |  2010年04月26日

    青白い炎がメラメラと立ち上がるかのような熱い演奏。エネルギーを目一杯ためてここぞという所で一気に放散する感じの演奏が印象的でした。ただ何故か共感できずに冷めたようにこの演奏を聴いている自分がいます。 ハイティンク/ベルリンフィルを超える演奏を期待しましたが、それは叶わなかったです。ベルリンフィルの重く分厚い弦、精密な金管、ハイティンク指揮の力強い演奏に比べて今一つ劣るというのが正直な感想です。最終楽章で金管が所々で音を外しているのが分かります。テンションを最後まで維持するのがいかに難しい曲なのでしょうが。しかしテンシュテットという偉大な指揮者がいたことを十分に実感させてくれる聴き応えのある一枚ということで「最高」としました。自分はこれが「初テンシュテット」だったのです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    マコシュテット  |  神奈川県  |  不明  |  2010年04月25日

    自分はやはりスタジオ録音を選びたいです。冒頭の窒息しそうな、苦しくも重々しい、そうした緊張感が新譜?は物足りなさを感じるのです。最近ヘッドフォンで聞くようになり(よく聞こえるので)スタジオ盤がさらに好きになったところです。NDRは爆音系、新譜は良好録音系と言ったところでしょうか。しかし他の演奏者との比ではありません。どこをどう切っても血が噴き出します。それも冷徹です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:41件中1件から15件まで表示