トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 管弦楽曲 > 許光俊 「残酷と野蛮と官能の恐るべき《ローマの祭》」

許光俊 「残酷と野蛮と官能の恐るべき《ローマの祭》」

2006年4月18日 (火)

特別寄稿 許光俊の言いたい放題

第2回 「残酷と野蛮と官能の恐るべき《ローマの祭》」

 スヴェトラーノフの「ローマの祭」。マニアの間で幻の名演奏と垂涎の的だった演奏が、ついにというかようやく再発売されることになったという。最近では十万円近い値段で取り引きされていたというから、すさまじい。

 実際、数あるスヴェトラーノフの録音中でも、これに匹敵するものはおそらくないというほど、やりたい放題をやり尽くした演奏だ。ライヴのせいもあろう。

 まず第1楽章がすごい。ここでは、コロッセオに引き出されたキリスト教徒たちが次々と猛獣の餌食になっていく地獄絵図が描かれているのだが、スヴェトラーノフの描写は克明そのもの。金管楽器はサディスティックなまでに残酷無惨、すべてを蹴散らすかのように暴力的だ。一方、ヴァイオリンが奏でるキリスト教徒たちの祈りは濃厚にして深刻悲痛。このふたつがこれほどまでに手に汗握るような切迫感でぶつかり合った演奏は、他にないと思う。

 だが、何と言ってもフィナーレだ。始まった途端に、目を白黒させること請け合いのとんでもない音響世界である。金管楽器、打楽器、むろん弦楽器が表現力全開で迫ってくる。いかなる想像をも超えたすさまじさだが、これは聴いていない人には絶対に想像もつかない。

 妙に明るい楽想とオーケストラの響きがまったく合っていないのもおもしろい。それゆえ、グロテスクな滑稽味が出てくる。スヴェトラーノフがニヤニヤしながら指揮している姿が想像できるだろう。

 ともかく、この第4楽章は全編異常な迫力とユーモアの嵐、唖然とするような音の奔流だ。これに比べれば、チェクナボリアンやゲルギエフなど、所詮お子ちゃまが暴れているだけ、プロとアマくらいの差がある。

 残酷と野蛮と官能の限りを尽くした、音の酒池肉林と言うしかないこの演奏は、クラシック演奏史上に残る名作である。これを聴かないでスヴェトラーノフを、いやオーケストラ演奏を語ることはできないのは間違いないところだ。長らくムラヴィンスキーの「ルスランとリュドミラ」序曲がソヴィエトのオーケストラが達した極北とされてきたが、これはそれに勝るとも劣らない。

「ローマの松」の最後が聴きものであるのも言うまでもない。

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

ローマ三部作 スヴェトラーノフ&ソ連国立響(1980) 

CD 輸入盤

ローマ三部作 スヴェトラーノフ&ソ連国立響(1980) 

レスピーギ(1879-1936)

ユーザー評価 : 4点 (30件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥1,254
会員価格(税込) : ¥1,091
まとめ買い価格(税込) : ¥815

発売日:2003年02月26日

%%header%%閉じる

%%message%%

受注202本!

交響曲第8番 スヴェトラーノフ&ソ連国立響(1981) 

CD 輸入盤

交響曲第8番 スヴェトラーノフ&ソ連国立響(1981) 

ブルックナー (1824-1896)

ユーザー評価 : 4点 (10件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,409
会員価格(税込) : ¥2,097
まとめ買い価格(税込) : ¥1,445

発売日:2003年02月26日

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

11/21(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 11/21(木)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です
11/21(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 11/21(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です