【再入荷】羊文学『きらめき』『ざわめき』がアナログ化

2020年12月03日 (木) 13:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

塩塚モエカ(Vo.、Gt.)、河西ゆりか(Ba.)、フクダヒロア(Dr.)からなる3人組オルタナティブロックバンド、羊文学。今年8月に、F.C.L.S.(ソニー・ミュージックレーベルズ)より「砂漠のきみへ / Girls」を配信リリースし、メジャーデビューを果たし、勢いに乗る彼女たちの直近リリースのEP2タイトルがアナログ盤でリリースされる。


デジタル限定クリスマスシングル「1999」がスマッシュヒット、各種サーキットイベントにて入場規制、ワンマンライブはソールドアウトと絶好調の時期にリリースされたEP『きらめき』。フレッシュな新機軸はいつにも増して軽やかでポップな印象で、豊かなメロディで情感描写に優れた詞を歌う清涼な透明感と絶妙に醒めた気配が同居する飾り気のないシンプルな佇まい。気だるさと緊張感が同居する塩塚モエカのボーカルが生み出すリリカルな空気、初々しくトリオでやり切る簡潔な演奏にはパンキッシュな攻撃性を秘めた繊細さがある。美しさと鋭さに満ちた蒼くて尖った若い感性が繰り出すカウンターアタック。表現領域を広げつつヒリヒリ感が健在する、オルタナティブなギターロックとなっている。


生産限定のクリスマスシングルCD「1999 / 人間だった」がスマッシュヒット、さらにNHK for School内のコーナー「ほうかごソングス」に月をテーマにした楽曲「ハロー、ムーン〜月へ行く〜」を提供したりFODで配信中の『乃木坂シネマズ』で「ロマンス」が使用されたりと各所で注目が集まる中、発表されたEP『ざわめき』。 昨秋に映画監督とミュージシャンのコラボレーションイベント「MOOSIC LAB 2019」で公開されるや会期中に完売し話題となった常間地裕監督×羊文学の映画『ゆうなぎ』の主題歌「夕凪」と挿入歌「サイレン」を収録。ガーリーなムードの前作『きらめき』と対をなす、バンドの現在地を示す問題作。




リリース情報

羊文学『きらめき』
発売日:2020年11月18日(水)
品番:PLP-6993
フォーマット:LP 初回完全限定生産
価格:¥3,000+税

収録曲


1. あたらしいわたし
2. ロマンス
3. ソーダ水
4. ミルク
5. やさしさについて

きらめき 【初回完全限定生産】(アナログレコード)

LPレコード

きらめき 【初回完全限定生産】(アナログレコード)

羊文学

価格(税込) : ¥3,300

発売日: 2020年11月18日

注文不可

羊文学『ざわめき』
発売日:2020年11月18日(水)
品番:PLP-6994
フォーマット:LP 初回完全限定生産
価格:¥3,000+税

収録曲


1. 人間だった
2. サイレン
3. 夕凪
4. 祈り
5. 恋なんて

ざわめき 【初回完全限定生産】(アナログレコード)

LPレコード

ざわめき 【初回完全限定生産】(アナログレコード)

羊文学

価格(税込) : ¥3,300

発売日: 2020年11月18日

注文不可

%%message%%

最新情報を受け取る


羊文学に関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る