インタビュー THA BLUE HERB 『2020』

2020年07月06日 (月) 18:00

|

HMV&BOOKS online - ジャパニーズポップス

THA BLUE HERB が、最新CD 『2020』をリリースした。昨年2枚組の超大作アルバム『THA BLUE HERB』をリリースし、その言葉を全国に届けるべく、また全国のステージを歩んでいた中で起こったCOVID-19の感染拡大。予定されていたライブはキャンセル。ならばと制作に没入した THA BLUE HERB から届いた新作は「2020」年そのものをタイトルに掲げた、まさにこのタイミングでしか鳴らせない全5曲。まだまだ混乱の続く中、THA BLUE HERB、ILL-BOSSTINO が今思う事とは?今回はメールインタビューで伺った。

--- この作品は、COVID-19の感染拡大の影響で、予定されていたライブのキャンセルを経て、制作に至った作品になると思います。この短期間で、BOSSさんの中では、どのようなプロセスを経て、「作品を創ろう」という心境に至ったのでしょうか?

元々、夏あたりには作品を発表しようとは思っていて、昨年暮れくらいから構想を練っていました。ただ、年が明けて、春先から世の中がコロナウイルスで慌ただしくなっていって、仰る通りライブも全てキャンセルになりました。全てが誰も予想だにしてなかった状況になっていくという流れの中から様々なインスピレーションを受けて本作に帰結しましたね。

--- これまでのアルバムとは、その制作に至るまでの過程が違い、実際超短期間での制作だったと思います。その通常とは違う背景の中での制作は、BOSSさんに何か変化をもたらしましたか?

アルバムは数年に1度の制作なので、自ずと思索もその期間のものになりますが、今回に関しては、流動的な時間に身を任せる事によって生まれた作品とも言えます。結論を出せる状況にないのは俺だけじゃなくて世界中がそうであって、どこに向かっているのか誰にも解らない。こうしてる今もそれは動いている。なので起こった事をまずはルポルタージュしていくという感じで書いていきましたね。それと同時に、遠ざかってしまったかつての日常を思い起こすというのもまた、今ならではの視点でした。それはライブの日々であり、そこで出会う人々であり、行きたい所に行けた自由そのものです。何も起きなければ当たり前のものとして過ごしていたけれど、今となってはかけがえのないものだったと改めてその価値に気付きました。

--- 全体を通して「共に生きる」ことが一つのテーマのように感じました。どのような状況下でもサヴァイブするために必要な手段としての共生。BOSSさんがこれまでの経験の中で培ってきた学びが、この非常時を経てまた作品として結実したような印象も受けますがいかがでしょう?

やはりウイルスによって人からも仕事からも、遊びや旅からも遠ざけられている状況が「共に」へと向かわせているのかもしれないですね。失ってから気付くといういつもの悪しきパターンに陥る前に、自分にとって大切なものをここで見極めたいと思ってもいます。今はイデオロギーによる分断も然り、自分の立場、志向する場所や未来、それについて誰もが試行錯誤しながら行動している時で、俺自身もそこを追求する事で他者との違いをより意識せざるを得ない場面もあります。それでも一方では、そこを超えて人と人とを結びつけるものとしての音楽を求めていたり、自分もそういう音を鳴らしたいという気持ちが強くなっているのかもしれません。

--- またもう一つ、ライブに対する思い、そしてその各地での出会いに対する思いというのも、この作品には強く表れていると思います。ライブが思うように出来ない状況は、THA BLUE HERB にとってどれほどの事でしょう?

生活、収入という面から見ると大打撃ですね。各街、そこの箱や仲間の苦境も伝わってきますし、先が見通せない状況はストレスでしかありません。ただ、自分等に関しては幸運にもライブと同じだけ、制作という打ち込むものがあったので、今は連日そこに全てを注いでいる状況です。

--- そんな中、6月6日(土)には、札幌から配信ライブ「CAN YOU SEE THE FUTURE?」を敢行しました。実際配信ライブをやってみてどのような発見がありましたか?

出来る事をやるしかない状況なので、何でもチャレンジしてみようという感じでやってみたんですが、大いに楽しめました。目の前にお客がいないので、直接のリアクションはない。そこは確かに違和感があったけど、カメラの向こうに大勢が居る事、観てる事、そこは確実なので、繋がれている感覚は終始ありました。それはテレパシーみたいなもので、不思議な一体感があった。やってみて良かった事しかありません。今後、どうやっていくか、またやるか、次はどうやるかとか、今もワクワクはあって、逆境ではありますが、新しい世界もまたそこにはあるな、と実感してます。ただ、札幌から遠く体を運んで、時間をかけてその街にたどり着き、俺等を迎えてくれる側にとってそこは他のどこでもない唯一の地元で、ずっと続いている歴史があって、変わっていく街並みや変わらない雰囲気や匂いがあって、そこに含まれる誇りと、札幌からやって来た俺等の誇りの邂逅、再会、衝突、融合みたいな事はやはり起きない。それがいつもマジックを生む大きな要素なんで。やはり配信は非常時の形態かなと思ってもいますね。


--- 「STRONGER THAN PRIDE」では、SEEDAとの共演曲「WISDOM」のフックを再び起用しています。この曲を今、採用しようと思った事にどのような理由がありますか?

その曲をレコーディングしてた時からそのリリックに勇気付けられていたんで、いつかこうして使わせてもらいたいとずっと思ってました。

--- この非常事態の中で、再び意味を持って響いた楽曲というのも多く存在すると思います。BOSSさんが、この状況下の中で聴いていた楽曲をいくつか例を挙げて教えて頂けますでしょうか?

カーティス・メイフィールドをよく聴いてましたね。彼等の時代の閉塞感、そしてそこを音楽で突破していこうとする意志、込められたメッセージ、何より時空を超えてここまで届いている楽曲の力を今の時代に重ねて感じていました。

--- MONTHLY REPORTでは、この混乱をも楽しんで行こうというBOSSさんのポジティブさも印象的でした。いくつもの困難を乗り越えてきたTHA BLUE HERBならではの姿勢で、励まされた方も多いと思います。大切な事ですよね。

ですね。それしかないと思うほどに今は厳しい時代なので。ましてやこれからもっと悪くなるかもしれないという見方も出来てしまうほどに厄介事が続く世界だし。だからこそ、前を向いてますね。

--- まだまだ混乱の続く中ですが、またライブでTHA BLUE HERBを観られる日を楽しみにしています。引き続きよろしくお願い致します。

ありがとうございました。皆さんもどうかご無事で。ここを生き残って再び会える事を信じております。

THA BLUE HERB 『2020』 商品情報

Label : THA BLUE HERB RECORDINGS Release Date : 2020年7月02日(木) Format: CD Only (歌詞カード付属) Cat No. : TBHR-CD-034

収録曲

  • 1. IF
  • 2. STRONGER THAN PRIDE
  • 3. PRISONER
  • 4. 2020
  • 5. バラッドを俺等に

2020

CD

2020

THA BLUE HERB

価格(税込) : ¥1,760

発売日: 2020年07月02日


THA BLUE HERB これまでの作品

昨年10月発売『ING / それから』

ING / それから

CDシングル

ING / それから

THA BLUE HERB

価格(税込) : ¥1,100

発売日: 2019年10月02日


THA BLUE HERB 最新アルバム

生産限定盤(インスト・ディスク付属 4CD仕様)

THA BLUE HERB 【生産限定盤】

CD

THA BLUE HERB 【生産限定盤】

THA BLUE HERB

価格(税込) : ¥6,600

発売日: 2019年07月03日

通常盤

THA BLUE HERB

CD

THA BLUE HERB

THA BLUE HERB

価格(税込) : ¥4,950

発売日: 2019年07月03日


台風直撃の日比谷野音 結成20周年記念ライブDVD

20YEARS, PASSION & RAIN

DVD

20YEARS, PASSION & RAIN

THA BLUE HERB

価格(税込) : ¥4,584

会員価格(税込) : ¥3,988

まとめ買い価格(税込) : ¥3,621

発売日: 2018年04月11日


最新EP

愛別 EP

CD

愛別 EP

THA BLUE HERB

価格(税込) : ¥1,320

会員価格(税込) : ¥1,214

まとめ買い価格(税込) : ¥1,082

発売日: 2017年08月23日


20年を繋ぐ初の公式MIX CD

THA GREAT ADVENTURE -Mixed by DJ DYE

CD

THA GREAT ADVENTURE -Mixed by DJ DYE

THA BLUE HERB

価格(税込) : ¥3,300

会員価格(税込) : ¥3,036

まとめ買い価格(税込) : ¥2,706

発売日: 2017年07月26日


近作


アルバム


シングル(※アルバム未収録の重要楽曲だらけ)


DVD


関連作品


THA BLUE HERB(ザ・ブルーハーブ)

ラッパー: ILL-BOSSTINO、トラックメイカー: O.N.O、ライブDJ: DJ DYEの3人からなる一個小隊。1997年札幌で結成。以後も札幌を拠点に自ら運営するレーベルからリリースを重ねてきた。'98年に1st ALBUM「STILLING, STILL DREAMING」、2002年に2nd ALBUM「SELL OUR SOUL」、'07年に3rd ALBUM「LIFE STORY」、'12年に4th ALBUM「TOTAL」を発表。'04年には映画「HEAT」のサウンドトラックを手がけた他、シングル、メンバーそれぞれの客演及びソロ作品も多数。映像作品としては、地元北海道以外での最初のライブを収めた「演武」、結成以来8年間の道のりを凝縮した「THAT'S THE WAY HOPE GOES」、'08年秋に敢行されたツアーの模様を収録した「STRAIGHT DAYS」、そして活動第3期('07年〜'10年)におけるライブの最終完成形を求める日々を収めた「PHASE 3.9」、'13年に東北の宮古、大船渡、石巻でのライブツアーを追った「PRAYERS」を発表してきた。'15年にILL-BOSSTINOがtha BOSS名義でソロアルバム「IN THE NAME OF HIPHOP」を、'16年には前年末の東京リキッドルームでのライブを収めたDVD「ラッパーの一分」を発表した。


HIPHOPの精神性を堅持しながらも多種多様な音楽の要素を取り入れ、同時にあらゆるジャンルのアーティストと交流を持つ。巨大フェスから真夜中のクラブまで、47都道府県津々浦々に渡り繰り広げているライブでは、1MC1DJの極限に挑む音と言葉のぶつかり合いから発する情熱が、各地の音楽好きを解放している。


'17年、結成20周年を機にこれまでの足跡を辿った初のオフィシャルMIX CD「THA GREAT ADVENTURE」、シングル「愛別EP」を発表。10月には日比谷野外大音楽堂で20周年記念ライブを台風直撃の豪雨の中で敢行、集まった3,000人のオーディエンスと新たな伝説を刻み、そしてその模様をノーカットで収録した「20YEARS, PASSION & RAIN」を発表した。


2019年、2枚組30曲収録の5枚目のアルバム、「THA BLUE HERB」を発表、以降1MC1DJの1個小隊で全国のステージ最前線を疾走中。


%%message%%

「お気に入り登録」をして最新情報を受け取る

THA BLUE HERBに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る