トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 協奏曲 > アンドラーシュ・シフ/チャイコフスキー・コンクール・ライヴ録音

アンドラーシュ・シフ/チャイコフスキー・コンクール・ライヴ録音

2016年10月9日 (日)

ご購入はこちら


世界初CD化!
アンドラーシュ・シフ
第5回チャイコフスキー国際コンクール・ライヴ録音


1953年ハンガリー生まれのアンドラーシュ・シフは、コンクールで技巧を競うことよりも、音楽性を大切にしているピアニストとして知られています。しかし、若い頃は国策としてコンクールに参加することを求められ、1974年に開催された「第5回チャイコフスキー国際コンクール」と、その翌年のリーズ国際コンクールに参加していました。シフはその時、1位こそ獲得できなかったものの、チャイコフスキー4位(1位はガヴリーロフ)、リーズ3位(1位はアレクセーエフ)という結果を残し、注目されることとなります。
 このアルバムはそのチャイコフスキー・コンクールでの記録です。21歳のシフは、ラフマニノフ、リスト、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチと様々な作品を、そしてファイナルでは2曲の協奏曲を演奏していますが、審査員たちの評価は割れてしまいました。
 このコンクールでのシフの演奏を聴いたソ連の音楽評論家レオニード・ガッケルは、その時の感想を「最初の音から、その賞賛すべき力でシフは私を魅了しました。何というタッチでしょう! まるで炎を帯びたかのようにエネルギーを蓄えた指から生まれる演奏は、創造の精神における究極の活動です」と記しています。若きシフの足跡を辿る貴重な2枚組です。


【収録情報】
Disc1
● ラフマニノフ:練習曲「音の絵」Op.33-7 変ホ長調
● リスト:演奏会用練習曲 第2番 ヘ短調 S144
● ショスタコーヴィチ:前奏曲とフーガ 変ニ長調 Op.87-15
● ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op.24
● アレクサンドル・ピルモフ:ピアノのためのスケルツォ(1974)
● チャイコフスキー:自作主題による変奏曲 ヘ長調 Op.19-6
● プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ 第3番 イ短調

Disc2
● チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23
● ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15

 アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
 モスクワ放送交響楽団(Disc2)
 ドミトリー・キタエンコ(指揮:Disc2)

 録音時期:1974年
 録音場所:モスクワ音楽院
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

アンドラーシュ・シフ 1974年チャイコフスキー・コンクール・ライヴ集(2CD)

CD 輸入盤

アンドラーシュ・シフ 1974年チャイコフスキー・コンクール・ライヴ集(2CD)

価格(税込) : ¥3,661
会員価格(税込) : ¥1,590

発売日:2016年10月22日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item