トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ロック > ヘヴィーメタル > レッツ・メタル!“超”特別編!!

レッツ・メタル!“超”特別編!!

2012年11月30日 (金)

Crossfire / HELLHOUND
Crossfire / HELLHOUND
イエア! Crossfire だ!

すっかり寒くなってきたな〜あのクソ暑い夏がウソみたいだぜ!

夏といえば、前回のコラムで告知させてもらった、例の「アンチ嬢メタル・フェス」! 何と当日は会場のエアコンがぶっ壊れちまってさ、客席も相当なモンだったけど、ステージ上は多分40℃超えてたんじゃないかな? 酸素は薄いし、まさに灼熱地獄…メタル・インフェルノだったぜ! そんな状態でも、大きなトラブルになることもなく、あの最悪な状況をみんなでネタにして、逆にポジティヴに盛上がってくれて、HEAVY METAL の持つパワーの素晴らしさを実感させてもらったよ!!

さてさて、今回は 11月21日 に発売された Led Zeppelin の新作 「Celebration Day:祭典の日(奇跡のライヴ)」 について書かせて貰うぜ! 恐らくいつもより、ヨタ話し度数がグっと上がるだろうから、みんな酒でも飲みながら付き合ってくれ!


今回の DVD は、2007年に行われたアトランティック・レコードの創始者、アーメット・アーディガンの追悼イヴェントでのリユニオンを収めたものなんだけど、俺は正直「え〜? 今更かよ?」って思ったんだ。だってさ〜このイヴェントは当然、世界中の ZEP ファン、いやロック・ファン、もっといえば全音楽ファンから大きな注目を集めて行われたんだけど、もう5年も前の事だろ? 当然様々なメディアから、その日の出来事は全て評価され、決定付けられている事を今更なぁ…って気持ちだったんだ。そんな中、この DVD が映画館で上映されると聞いて、やっぱファンなら行っとかなきゃな〜くらいの軽い気持ちで…とはいいつつも、かなりワクワクして(笑)観に行ったんだ。

いや〜正直スマンかった!

俺が行ったのは特別上映の最終日で、事前に観に行った友人から「かなり良かった」って話は聞いてたんだけど、そんなのを吹き飛ばすくらいの衝撃と感動があったよ。所謂ブートレグ(海賊盤)で音の方は確認済みで、その演奏が素晴らしいって事は分かってたんだけど、こうして映像で観ると、何と言ってもメンバー全員がこのパフォーマンスに真摯に取り組んでるってのがダイレクトに伝わってきて、それだけでも涙が出そうなくらいだったよ。なんでもメンバー自身、この映像をチェックする気になるのに2年もかかったらしくてね、本当にそんな気持ちが分かるなぁって感じがするよ。

ZEP って、その歴史の中で様々なメディアとリンクして、その存在をアピールしてきたわけなんだけど、その最も有名なモノが、「レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ」という”映画”だよね。長きに渡ってこの映画がオフィシャル的には、Led Zeppelin のライヴ・パフォーマンスとして認識されてきたんだけどさ、この映画を初めて観て、いわゆるサウンドトラックとして位置づけられている同名のLPを聴いた時の俺の感想は、ハッキリ言って「ガッカリ…」だったんだよね。だってさ、1曲目の "ロックン・ロール(Rock And Roll)" が始まった瞬間、プラントの歌はフェイクされちゃってて、スタジオにおける、あのブッ飛ぶようなハイトーンは見る影も無いような状態だもんね…ペイジのプレイも何だか良くわかんねーし。

この映像と音、その後のイングヴェイ( Yngwie Malmsteen )の「ジミー・ペイジ下手くそ」発言によって、「 ZEP はスタジオだけ」みたいなイメージが、世の中のメタル・キッズの間を包んでたんだと思うな。勿論、当時メタル・キッズだった俺も一緒でね、ZEP ファンとなった今では、1973年のパフォーマンスとしての味わいを感じるコトが出来ても、当時は「なんじゃこりゃ?」って思ったもんだよ(笑)。

この時期の ZEP はロック・エンターテインメント的な部分を追求している側面が大きくて、ミュージシャンとしてのプレイアビリティーにはそれほど重点を置いていなかったように思えるんだよね。フロントの2人なんかは特に。で、それを支えていたのは職人のジョンジーと、ハイパーなボンゾのリズム隊だったのかなと。その辺りの意識が顕著に表れてるのが、例の悪評紛々のファンタジー・シークエンスってヤツだと思うんだ。

当時、いや今でも(笑)あのイモ芝居がかったシーンは評判悪いけどさ、今観ると当時のメンバーが自分をどう捕らえていたかっていう自意識が顕著に表れてて、イイと思うんだよね。ペイジは魔術師になり、プラントは王子様になってるのに対して、ジョンジーは「盗賊が家に帰ると家族と安らぐ」という人間の表と裏の顔とを演じて、ボンゾに至っては「ただ単に車をぶっ飛ばすだけ」。ちなみにその時に出てきた、一生懸命にドラムを叩く、小さく可愛い子供のジェイソンが今回こうして亡くなった親父の代わりに叩いてるんだからさ、そういう意味でもあのシーンは必見だよね。

あと、ペイジのワケ解らんプレイって書いたんだけど、あの時期のペイジって、それまでのブルースを基本としたオーソドックスなプレイから、何か新しいプレイ・スタイルを本気で切り開こうとしてたんだと思うよね…それこそドラッグや黒魔術を使って。だってロバート・ジョンソンがクロスロードで悪魔に魂を売って得たブルースを超えるには、そのくらいしなきゃならないもんねぇ。そういった思いがあのファンタジー・シークエンスにつながってると思うな。映画の冒頭で、メンバーがそれぞれライヴの報せを受け取るシーンのペイジの部分なんか、マジでおっかないもんね〜。謎の楽器を沼の辺で奏でてて、振り返ったら目が赤く光ってる…そんなのを自分の普段の姿として見せようなんてさ、とてもシラフで考えたとは思えないじゃん(笑)。ともあれ、その辺も含めて「狂熱のライヴ」には、1973年当時のイケイケで怖いもの知らずだった ZEP の姿がバッチリ収められてるからさ、必見だぜ!

さてところが、そんな俺の「 ZEP ヘタクソ」意識を根本から覆すようなコトが起こったのが、2003年に発売された「DVD」「伝説のライヴ - How The West Was Won」だったんだ! この「伝説のライヴ」で聴かれる、ハード&ヘビーであることは勿論の事、しなやかさまで感じさせるパフォーマンスは、俺がガキの頃にメタル・キッズが「こうだろうな〜?」って想像してた Led Zeppelin のライヴでの姿ってのがそのまんまで、多分ここには全ハード・ロック、ヘビーメタル・ファンの想像する一番美しい ZEP の姿があると思うぜ!

ここに収められてるのは、1972年夏の全米ツアー、そのハイライトとも言える6月25日の LA フォーラムと、6月27日のロングビーチ・アリーナのパフォーマンスで、その両公演のイイトコ取りみたいな、まさに最高のプレイなんだよね。このツアーの後半からプラントの声がかすれ始めて、"移民の歌(Immigrant Song)"なんかでは、アタマのハイトーンで声が引っ繰り返っちゃってるんだ。ちなみに"丘の向こうに(Over The Hills And Far Away)"は、この時まだリリース前だった「聖なる館 - Houses Of Holy」に収録される新曲として、このツアーでは「伝説のライヴ」の収録日だった6月25日、27日、最終日:28日のテキサスで演奏されてて、Bメロ頭の「Many have I loved〜♪」の部分のフレーズを、レコード通りのハイトーンで歌ってるのはこの3日間だけなんだよね。その中の一日が、こうしてオフィシャルでリリースされてるなんて奇跡的だよな! あと"幻惑されて(Dazed And Confused)"のインプロヴァイズド・セクションでは、同じく「聖なる館」から"クランジ(The Crunge)"が織り込まれてたりしてね…こういうちょっとしたハプニング的な事があるのが ZEP のライヴの魅力の1つでもあるんだよね。

余談だけど、この「伝説のライヴ」に収められてるパフォーマンスが果たして本当なのか? それともペイジが最新のテクニックで編集、補填をしまくったインチキなのか?って事を確かめたくて、ブートレグに手を出したのが俺のZEPブート道の始まりだったんだよ。そして、それ以来すっかり…本当に恐ろしいぜ。

ZEP のライヴって、色んなハプニングが起こったり、演奏の出来不出来が激しかったり、ツアー毎の特色が変わったりって、コレクターズ・アイテムとしては本当に魅力的なんだよね。だから世界中に沢山のブートレグ・マニアを産み出してるんだと思うんだ。罪なバンドだぜ!(笑) まあ、そんな話しはさておき、この「伝説のライヴ」には、ロックという音楽を演奏する事の1つの究極形が収められてると思うからさ、是非、昼飯を抜いてでも CD を買って聴く事をお薦めするぜ!

さて同時期に出た「DVD」だけど、そこでの目玉はなんつっても1970年1月9日のロイヤル・アルバート・ホールでのライヴがガッツリと収められてるトコだよな! ZEP は音源以外の方法でその存在を知らしめてきたって書いたけど、この時期は英国の国営放送 BBC のラジオを利用してたんだよね。で、その時に映像として記録されたのがコレなんだけど、ハッキリ言って最高だよ! 若さにあふれたピッチピチの ZEP の姿がここにあるんだよね。とにかく、その全てからハングリーさがビシビシと伝わってくるような凄まじい演奏だよ! 「伝説のライヴ」はある種、ハード・ロック・アートとして完成されたモノで、「ひとつの芸術作品を見て、感嘆のため息をもらす」的な感動だけど、こちらはその衝動に、観ている方もいてもたってもいられなくみたいな、お気に入りのAVをみて、興奮して「タマンネー!」ってなるみたいなさ、ある種のエロティックささえも感じさせるよ…って、俺はどんだけ ZEP フェチなんだ!?(笑)

BBC で言えば、1997年に2枚組のCD「BBC Sessions」も出てるよね。ディスク1には1969年の ZEP が収められてるんだけど、Led Zeppelin は New Yardbirds の名の下に、1968年9月に演ったのが初めてのライヴなんだけど、そのスカンジナヴィア・ツアーから英国ツアー、Xマス明けのド年末〜翌1969年2月中旬の北米ツアーを経て、3月3日の収録だから、これがライヴ・バンドとしての ZEP の最初期の姿と言えるんじゃないかな? ラジオ放送用に多分にスクエアなプレイになっちゃってる感じはあるけど、この1969年あたりのプレイは、アドリヴと勢いにまかせて、それまでのブルーズ・ロックの領域をグイグイ押し広げていく感覚が伝わってきて、凄いモノがあるんだよね。特に1stに収録されてる"コミュニケーション・ブレイクダウン(Communication Breakdown)"なんかは、明らかにそれまでにあった音とは違う攻撃的なリフが、ZEP が切り拓いていく「ロックの未来」そのものっていう気がするし、ともすればパンキッシュなフィーリングもハッキリ感じ取れるんだよね。70年代から80年代への時代の節目に生まれたパンクという音楽が、それまであったZEPを代表するハード・ロックに対して、「古臭い音だ」と過去に追いやるようにしたワケだけど、その原型となるような、明日をも知れぬ衝動に突き動かされるプレイを、その10年以上前に ZEP が演ってるなんて、凄く興味深いよね。

で、ディスク2は1971年4月1日の演奏で、「DVD」のアルバート・ホールから1年ちょっとなわけなんだけれど、既に風格のようなものを感じ取る事が出来て、それは"天国への階段(Stairway To Heaven)"の存在によるものが大きいと思うんだ。この曲が初めてライヴでプレイされたのは1971年3月5日アイルランドで、そこからUKクラブ・ツアーを経てこの収録に至るわけで、恐らくこの曲の持つマジックや手応えについてメンバーが意識し始めていたんじゃないかなと。やはり、この前後の時期のライヴをブートレグで聴いてみても、その存在の大きさは凄まじいものがあって、明らかにライヴの構成や全体の雰囲気がガラっと変わっているのが解るし。

でも同時にこの曲は、誰もが認める「史上最高の名曲」であるが故に、バンドやミュージシャンにとって、ある種の足枷になってしまうという「諸刃の剣」のような存在という側面も持っていたんだよね。特にシンガーであるプラントは「この曲の役目は終わった」と捉えていたフシがあって、ライヴ・エイドではそれを演奏するか揉めに揉め、アトランティック・レコード40周年の再結成では、土壇場でセットから外されるなんてことがあって、その後のペイジ・プラントでも演奏されてなかったんだよね。だから今回の再結成でこの曲が演奏されるか?はちょっとした話題になってたんだけど、あれをアンコールやラストとかでは無く、セットの真ん中にさりげなく織り込んで、更に演奏が終わった後に「ヘイ、アーメット! 俺たちやったぜ!」って言うZEPってバンドは、本当に最高だと思うんだ! 俺はこの再結成ギグの後、ワールド・ツアーが無かったのは、プラントがグラミー賞とって、名声に固執する必要が無くなったからかな?と勝手に思ってたんだけど、この映像を観て、その言葉を言うプラントの表情を見て、それが間違いだってコトに気付いたよ、ゴメンなロバート!

俺は何年か前にローリング・ストーンズのライヴを見るチャンスがあったんだけどさ、そこには完璧なまでのストーンズがあって、ミック・ジャガーなんて、まさに「全身ミックジャガー」って感じでさ、モノマネしてるんじゃないか?ってくらい完璧にミック・ジャガーだったりしたんだ。それに引き換え、今回の ZEP は本当にとことん人間的だなぁって感じたよ。飄々としているようで緊張気味のペイジや、演奏をしっかり完璧な物にしようとする気合が表情から伝わってくるジョンジー、実は一番自然体で集中しているプラント。そして、その3人が、ボンゾの愛した息子の叩き出すビートにあわせて最高のプレイをしているなんて、本当に素敵だなって思ったよ!

そう! 今回のライヴで最高なのはジェイソンのドラムで、まさに親父譲りのプレイでさ、とくに"ノー・クォーター(No Quarter)"のイントロでGリフに移る前の所の「ドドドンダンドドッタン」ってトコの独特のタメる感じとか、親父さんと全く同じタイム感でね…最高に感動したよ! 「なんて素晴らしい息子さんなんですか!」って、あの世のボンゾに言ってあげたいぜ! で、ペイジ、プラント、ジョンジーの、ジェイソンに対する視線の優しい事ったらなくてさ、大ラスの "Rock And Roll" の最後の音を伸ばしてる間に、3人はジェイソンを見つめるんだよね…それを観てマジ泣きしちまったぜ!

おっと、段々とキモイ度がアップしてきてるな?(笑)

まあ、俺のキモイ視線は抜きにしても、この「Celebration Day:祭典の日(奇跡のライヴ)」に収められてるパフォーマンスは最高の物だからね! 冷静に言えば、俺的には"貴方を愛し続けて(Since I've Been Loving You)"でのスポンティニアスなペイジのプレイ、"Dazed And Confused"でのプラントの豊かなフレージングが最高の見せ場だと思うし、アルバム「Presence」から"フォー・ユア・ライフ(For Your Life)"が初ライヴ演奏だったり、オープニングの"グッド・タイムズ・バッド・タイムズ(Good Times Bad Times)"、2曲目の"ランブル・オン(Rumble On)"がフル・サイズで演奏されるのも初だったりと、聴き所山盛りなんだけどね…そんなコトはどーでもイイの!(笑)

みんなが ZEP といえば思い出すであろう、1975年アールズ・コートで撮られた、ペイジとプラントが肩を寄せ合ってる写真があるんだけど、あれって「これぞ世界一カッコいいロック・ミュージシャン!」って奇跡的な1枚だと思うんだよね。んで、今回のライヴで、"Stairway To Heaven" を演奏中にペイジとプラントが2人で寄り添うんだけど、それを思い出して「これぞ世界一カッコいいロック爺さんの姿だな!」って思ったんだ! ホント、それを観るだけでもこの作品を買う意味があると思うぜ!

さて、最高にウザく長いヨタ話になっちまって申し訳ねぇ!

近い将来、全アルバムのリマスター&未発表テイクを出すとかって話もあるみたいだし、「DVD」に収録されてただけでも、1975年アールズ・コート、1980年ネブワースの映像があるみたいだし、ブートレグでは1977年シアトルでのライヴも出回ってたりなんで、まだまだ Led Zeppelin は向こう10年以上は俺達を楽しませてくれそうだよな! その度に登場して、またヨタ話しをさせて貰うつもりだから、みんな嫌がらずに付き合ってくれ!

じゃあな!

レッツ・メタル!

HELLHOUND 関連 Links

HELLHOUND 他が所属するジャパニーズ・インディー・メタルの雄、Black-listed Records!

HR/HM 最新ニュース

『復讐の叫び』 30周年記念盤!
BULLET 新作発売決定!!
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

2CD+Blu-ray+ボーナスDVD付きデラックスエディション(国内盤/輸入盤)

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

2CD+DVD+ボーナスDVD付きデラックスエディション(国内盤/輸入盤)

  • Celebration Day: 祭典の日(奇跡のライヴ)(2CD+2DVD)

    CD

    Celebration Day: 祭典の日(奇跡のライヴ)(2CD+2DVD)

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥5,217
    会員価格(税込) : ¥4,696
    まとめ買い価格(税込) : ¥4,435

    発売日:2012年11月21日


    • 洋楽3点で最大30%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Celebration Day (2CD+2DVD)

    CD 輸入盤

    Celebration Day (2CD+2DVD)

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥4,290
    会員価格(税込) : ¥3,093
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,093

    発売日:2012年11月21日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

2CD+Blu-ray(国内盤/輸入盤)

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

2CD+DVD(国内盤/輸入盤)

  • Celebration Day: 祭典の日(奇跡のライヴ)(2CD+DVD)

    CD

    Celebration Day: 祭典の日(奇跡のライヴ)(2CD+DVD)

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥4,169
    会員価格(税込) : ¥3,752

    発売日:2012年11月21日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Celebration Day (2CD+DVD)

    CD 輸入盤

    Celebration Day (2CD+DVD)

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥3,080
    会員価格(税込) : ¥2,395
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,310

    発売日:2012年11月20日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

2CDのみ(国内盤/輸入盤)

  • Celebration Day: 祭典の日(奇跡のライヴ)

    CD

    Celebration Day: 祭典の日(奇跡のライヴ)

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥3,122
    会員価格(税込) : ¥2,872

    発売日:2012年11月21日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Celebration Day

    CD 輸入盤

    Celebration Day

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,860
    会員価格(税込) : ¥2,184
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,145

    発売日:2012年11月20日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

その他のヴァージョン

  • Celebration Day (Blu-ray Audio)

    Blu-rayオーディオ 輸入盤

    Celebration Day (Blu-ray Audio)

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,860
    会員価格(税込) : ¥2,312

    発売日:2012年11月21日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Celebration Day (3枚組/180グラム重量盤レコード)

    LPレコード 輸入盤

    Celebration Day (3枚組/180グラム重量盤レコード)

    Led Zeppelin

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥7,689
    会員価格(税込) : ¥6,799
    まとめ買い価格(税込) : ¥6,151

    発売日:2013年02月23日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%