トップ > アニメ > 商品情報 > Blu-ray・DVD > 菅野よう子さんにインタビュー!

菅野よう子さんにインタビュー!

2010年7月16日 (金)

interview
映画『シュアリー・サムデイ』菅野よう子インタビュー


俳優としての活躍はあまりも有名な小栗旬が、長年の夢だった映画監督に初挑戦!2010年7月17日より公開となる、小栗旬初監督作品『シュアリー・サムデイ』。その劇伴音楽をつとめるのは、小栗監督自身が大ファンだと語り、熱烈オファーが実現した菅野よう子女史!2010年7月11日に東京国際フォーラムにて行われた『シュアリー・サムデイ』イベントに出演直後の菅野よう子さんに、映画のサントラから近況、音楽やライブついて貴重なお話を伺ってまいりました。

「いつかきっと」……「許せる時が来る」?

---トータス松本さんも「緊張する」と仰っていた本日のイベントステージでしたが、出演してみていかがでしたでしょうか?

あんまりステージは緊張しませんでした。一曲だけの、一曲という名の2曲だったんですけど(笑)。…短いと逆に落ち着かないというか。もうちょっと長くやれると落ち着いてくるんですけど、今日は面白がってるうちに終わっちゃいました(笑)。

--- 今日のステージは手島葵さんとの共演でしたが、仕上がりはいかがでしたか?

手島さんと会うのは今日で3回目で。最初は録音の時、それは去年ですね。そして今日のイベントのリハーサルの時、ついこの間。それで今日は3回目で、同じステージは初めてだったんですけど、何ていうかその…「持ってき」ますよね。

--- 今日のイベントは菅野さんと手島さんのところで場の空気がガラッっと変わりました。

変わりましたよねー。それはリハの段階でも強く感じたんですけど。「彼女の世界に持ってくなぁ〜」というのが。スゴイですよね。その声の存在感というか。固唾を飲んで見守ってしまう。

--- 今日演奏した2曲は『BECAUSE』と『SURELY SOMEDAY』のアレンジメドレーでした。この日のために作ってきた曲でしたか?

そうです。あの、ナイショにしてて。小栗監督にもスタッフさんにも。急にやったらビックリするかなっと思ってやってみました(笑)。

--- 今日もシークレットゲスト出演でしたね。皆を驚かせたり、サプライズを仕掛けるのがお好きですか?

いたずらが好きなんです(笑)。仕掛けられるよりも仕掛ける方が圧倒的に好きですね。予定調和な匂いがすると居心地悪くて、ついいたずらをしてしまう。

--- 今回のサントラは様々なアーティストの方々が参加されていますが、その人選は菅野さん自身によるものだったしょうか?

そうです。いろんなアーティストの方の資料を取り寄せていただいて、楽曲に合う方をセレクトしたり、逆に声を聴いて、こういう曲をやってもらおうっていうって決めたパターンもありました。

--- 今後こういった方とやってみたい、この人とこういう曲を作ってみたいということはありますか?

そういう可能性を感じた方としかやってないですね。基本的にイッチョカミな仕事はしないので。今回は、映画のためでお願いしたんですけど、もっとこ の人たちの可能性を聴いてみたい、この声でもっと歌って欲しいなっていう方ばっかりでした。

菅野よう子


--- 映画『シュアリー・サムデイ』を実際ご覧になって、主役の5人、どのキャラが一番気に入りましたか?

脚本を読んだ時から(勝地涼さん演じる)真鍋京平クンの健気さが好きで、応援したい気持ちでした。でも実際映画を見たら、5人とも表情豊かで、演技が上手く て、5人とも応援したくなってしまいました。

--- 小栗旬監督と実際にお会いになってどういった印象をお持ちになりましたか?

芸能界の方なのに、落ち着いているというか、大人というか…エンターテイナーとして腹が座っている人だなと思いました。とにかくイイ人なんですよ!すっご い。(強調)「イイ人!」って感じで、すごく気も遣われるし…「みんなで何とかしよう!」って座組が自然とまとまってきちゃうタイプの人ですね。思わずこっちが 「何とかしてやるよ!」「やってやるか」ってなっちゃうようなスレてない、イイ人なんですよね。

--- 実際に撮影現場にも訪れていられましたよね?雰囲気はいかがでしたでしょうか?

仲良くて、凄くいいスタッフ達でした。映画の現場って、キャリア長い方々もいっぱい関わっているんで、世代間のギャップや勢力争いも あったりするんですけど、今回そういうのは感じられなかった。撮りながら「コレって最高の映画だよね!」って本ッ気で言いながら撮ってた。それにすごいビックリし たんですよね…「コレすごいことになりますよ!」と言いながら撮ってる、みたいな。それくらい本気で楽しんで作ってるのが、何だか高校生みたいで眩し かったです。

--- 本作タイトル『シュアリー・サムデイ』は和訳すると「いつかきっと」という意味ですが、菅野さんの「いつかきっと」はありますか?

「いつかきっと」……「許せる時が来る」?…みたいな感じですか?自分で言ってて何だかわかんないや(笑)。




  •  菅野よう子 『シュアリー・サムデイ』サウンドトラック

  •  関連アイテム

  • profile

    起死回生のチャンス到来!?
    3億円と女見つけて、バカで最強だった俺たちを取り戻す!!!

    モテるために必死でバンド練習してたのに、突然文化祭が中止!?
    文化祭復活のために教室占拠したら、なぜかハッタリのはずの爆弾が誤爆!
    学校爆破犯のレッテル、退学、勘当、引きこもり、しまいには親の自殺。
    爆破事件以来、何をやってもうまくいかないタクミ、キョウヘイ、カズオ、ユウキ、シュウト。
    明るい未来なんかあるはずない…。
    そんなある日、ヤクザ稼業に身を落としたカズオのせいで大事件勃発!!
    「明日までに3億円と女持ってこないと臓器売って沈めちゃうからね。OK?」
    『ありえねえ!!!』
    びびりまくる5人。
    『でも、これって最悪な人生から抜け出す、最高のチャンス?』
    3億円取り戻して、バカで最強だった俺たちを取り戻す!!!