トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > クラシック音楽に関する意識調査  -総評-

クラシック音楽に関する意識調査  -総評- HMV独自調べの意識調査結果TOPへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2010年4月22日 (木)

HMVユーザー2,621人に聞きました!!/クラシック音楽に関する意識調査/フィギュアスケート、のだめ、ショパンの生誕200周年に沸くクラシック音楽 クラシック音楽販売に定評のあるHMVが贈る、HMVユーザー対象のクラシック意識調査結果/ノンクラシックユーザーも興味津々 「クラシック音楽を聴いてみたい! 42.3%」

HMVがこの意識調査を行った背景は、かねてよりクラシック音楽に力を入れていることにあります。
「HMV ONLINE」のクラシックTOPページは、常に全ページランキングTOP10に入るほどクラシック音楽ファンの熱い支持を受けており、クラシック音楽ソフト販売量も世界最大級と自負しております。さらに名門オーケストラ「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」から直接情報提供を受け最新情報や貴重なインタビュー記事を掲載するなど、世界でもHMVでのクラシックの取り組みは注目されているといっても過言ではありません。

クラシックユーザーへのアンケート全ての結果はこちら
ノンクラシックユーザーへのアンケート全ての結果はこちら

総評・まとめ

■ノンクラシックユーザーのほとんどがポジティブイメージを持っていた!

クラシックといえば「堅苦しい」「眠い」などイメージが先行していると思っていませんか?
ところが、ノンクラシックユーザーにクラシックのイメージを聞いたところ、「堅苦しい」は5.6%、「眠い」は4.3%ほどしかいませんでした。
最も多かったイメージは「癒し」。次いで「知的」や「高尚」などポジティブイメージが上位に集中しました。

■クラシックに興味を持ったきっかけには、幼少期の経験が起因していた。

「いつもクラシックがかかる家に育った」、「小さい頃からピアノを習っていて」など幼少期からの経験で、興味をもったという回答が多くありました。 もちろんそれだけではなく、「ロックに飽きて」や「新世紀ヱヴァンゲリヲンを観て」、「クラシック好きな人を好きになって」、「ドラゴンクエストのBGMを聴いて」などの声も。大人になってからクラシックに興味をもった人は、日常のふとしたきっかけで聴きはじめることが多いようです。

■クラシック好きが高じて思わぬ失敗!?
 「CDを買いすぎてしまう」「無意識に指揮をしてしまう」


クラシック好きが高じて、「同じCDを買ってしまった」が圧倒的多数でした。それだけでなく「同じCDを何度も買ってしまった」人も続出! CD所持枚数を比較しても、ノンクラシックユーザーに比べ相対的に多めで、最高枚数はなんと驚愕の30,000枚! その他には「無意識に指揮をしてしまう」、「オーディオにも凝ってしまった」、「好きな芸能人は?と聞かれて”ショパン”と答えてしまった」など様々なエピソードが寄せられました。

■クラシックを聴いて、心身の健康に効果を実感できています。

「癒し」のイメージがありますが、クラシックユーザーはこのような効果を実感しているのでしょうか? 実際に「感性が豊かになった」、「趣味が持てた」、「リラックスできるようになった」などのメリットが報告されました。 さらに「ご飯がおいしくなった」りもするとかしないとか・・・。

■クラシックユーザー&ノンクラシックユーザーともイメージは共通。
 ショパンといえばやっぱり「ピアノ」&「繊細」だった!


ノンクラシックユーザーの回答には、思わず「惜しいっ!」と声に出してしまったこんな回答も。
「クルクルパーマ」・・・・たぶんモーツァルトのことでしょう。
「雨音の調べ」・・・・小林麻美さんの名曲「雨音はショパンの調べ」のことでしょう。作曲は「ガゼボ」というイタリア人歌手でした。
「おいしそう」・・・・明治製菓より同名のチョコレート菓子が発売されています。

<HMVクラシック担当 コメント>
クラシックの最大の特徴は「記憶」の「蓄積」によって「感動」がどんどん深まっていくということではないでしょうか。コアなファンのCDコレクションへの情熱も、その蓄積→感動を追い求めてのことと思われますし、のだめやフィギュアスケートが巻き起こしたクラシックへの認知度上昇も、繰り返し耳に入る美しい音楽の蓄積がもたらした現象という点では基軸は同じです。長い歴史を生き抜いたクラシック音楽。上質で壮大な音の「記憶」は、着実にその影響圏を拡大中です。

HMVのクラシック担当お勧め盤はこちら
フレデリック・ショパン

フレデリック・ショパン
2010年は作曲家ショパンの生誕200年にあたる記念の年。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。
>>ショパンストアはこちら


>>過去に調査した結果「HMV独自調べの意識調査結果」