TOP > My page > Review List of LFA

Review List of LFA 

Showing 46 - 60 of 131 items

%%header%%

%%message%%

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    改訂版の演奏であるが、他の原典版の演奏と比較して退屈しないで聞くことができた。最近、改訂版にも少しは分があるような気がしてきた。ステレオ最初期の録音であるが、LPの美しかった音質が再現できている。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    バルビローリ、ベルリンフィルとほぼ同時期の録音、EMIはクレンペラー盤のほうが売れると見込んでいたが、実際はバルビローリ盤のほうが売れ、今でも名盤として知られている。私としては、クレンペラー盤の枯れた、諦念とも思える演奏のほうが好みである。いずれにしてもマーラーの第九番には名盤が多くとっかえひっかえ、様様な演奏を比較している。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    1950年代のクレンペラーとアムステルダムコンセルトヘボウ交響楽団との演奏は名演が数多く存在します。その中でベートーヴェン交響曲第九番とマーラー交響曲第二番復活は双璧をなすと思います。モノラルながら音質が良くクレンペラーの早いテンポと緊張感にあふれた名演奏です。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    7枚以上確認されている、クレンペラーのマーラー復活の演奏の中で、録音状態を含め、本演奏が最高の演奏であると確信します。このコンサートはモーツアルトの交響曲第29番との演奏でした。クレンペラーが得意とした2曲を同時に鑑賞できた素晴らしいコンサートだったのでしょう。演奏会場がどんな雰囲気だったのか想像しながら聞いています。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    ホーレンシュタイン、ラットル、シェルヘンと聞いてきましたが、最後まで聞き通すことができるのは、テンポが極端に遅いクレンペラーの演奏です。各楽器の音色が美しく絡み合っていてこの遅いテンポは必然であったと思います。クレンペラー最晩年の録音で優秀録音といえる名盤です。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    ホーレンシュタイン、ラットル、シェルヘンと聞いてきましたが、最後まで聞き通すことができるのは、テンポが極端に遅いクレンペラーの演奏です。各楽器の音色が美しく絡み合っていてこの遅いテンポは必然であったと思います。クレンペラー最晩年の録音で優秀録音といえる名盤です。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    還暦を超えたあたりから「大地の歌」を良く聞くようになりました。LP時代はワルター、ウイーンフィルの演奏が好ましいと思っていましたが、ハイレゾの時代ではクレンペラーの録音の音質以上の録音が重要だと思います。良い録音の良い演奏を探す楽しみを持っています。しみじみとした演奏をお酒を飲みながら聞いています。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    再発売されたベートーベン全集と双璧をなすマーラー全集だと思います。録音も良く個性豊かな名指揮者の演奏で交響曲を楽しむことができます。歌曲集も秀逸な出来栄えで、是非購入しておくべきCDだと思います。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    フランスEMI制作のマーラー交響曲集である。音質は非常に良い。私はクレンペラーの演奏から、マーラーの交響曲を聴くようになり、クレンペラーが録音しなかった交響曲は、比較的取り組みが遅くなった。1,3、5、6、8は録音がなく、復活の録音は多数存在する。クレンペラーの取り上げた曲はやはり何か訴えるものを感じる。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    バーンスタインのマーラー交響曲第九番の録音は、1965年ニューヨーク・フィル、1971年ウィーン・フィル映像DVD、1979年ボストン交響楽団、ベルリンフィル、1985年イスラエル・フィル、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団があるが、最高の名演は1985年のアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団とのライブ録音であろう。ただ残念ながら分売の第九番は廃盤の状態で全集でしか入手できない。ベルリンフィルとの演奏が人気があるためだろうか。完成度の面でコンセルトヘボウがはるかに上回っているので、是非リマスター版を再発売してほしいと思う。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    大地の歌は含まれていないが、マーラーの全集物としては最高の全集であろう。ほぼすべての曲が、同曲のベスト1を争う名演の集合体となっている。ただ高価な割には、CDに曲を詰めてばらばらに収録してあるので、LP並みに頭出しが面倒くさいという欠点がある。初心者は曲を間違えてしまう危険性すら孕んでいる。
    ゆったりとした収録でSACD化して欲しいと思う。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    1987年バーンスタインの最晩年におけるウィーン・フィルとのライヴ録音である。他の演奏とは次元の違う録音であり、バーンスタインの最高傑作のひとつであろう。マーラーは「復活」、「第九番」しか聞かなかった時期が長いがこの演奏を聴き、3番目に好きになった曲である。ウイーンフィルのアダージェットの弦の音色が見事である。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 1 people agree with this review
     2021/03/08

    CD,HQCD、SACDのすべてを所有しているが、やはりシングルレイヤーのSACD盤が音質、情報量も多く、最も優れた録音であるといえる。ただ不思議なのは、聞きこむにつれて、CDからSACDになるにつれて演奏から受ける感動が減ってきた。一期一会の演奏だからだろうか。私としては1985年のコンセルトヘボウでのライヴ録音のほうが完成度と感動が上にある。是非この録音もSACD化して欲しいものである。

    1 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    よく理解できなかったマーラーの交響曲第三番がバーンスタインの新録音でなんとか理解できるようになった。第1楽章(生命のない岩石・鉱物)、第2楽章(植物)、第3楽章(動物)、第4楽章(人間)、第5楽章(天使)、第6楽章(神の愛)、というヒエラルヒー構造になっているという。第4楽章で<世界意志>の苦痛に目覚めつつある生物として登場した人間は、第5楽章で朝の天使たちに救いを求め、その結果、終楽章で神の愛としてもたらされるそうだ。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

  • 0 people agree with this review
     2021/03/08

    超名演。録音も含めマーラーの復活の最高の名盤であろう。SACD化を切に要望する。この演奏を聴くと他のどんなに優れた演奏も小さく見えてしまう。音の情報量の多さ、録音の良さが際立っている。

    0 people agree with this review

    Agree with this review

Showing 46 - 60 of 131 items