CD

Mahler: Symphony No.5

Mahler (1860-1911)

User Review :4.5

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
POCG1591
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description

1987年9月、フランクフルトにおけるデジタル録音。映像含め、正規で3種残されているバーンスタインのマラ5の中で際立って濃厚な演奏の聴けるアルバムです。遅いテンポと粘るフレージングにより、きわめて激情的に表現されたそのアプローチには独特な魅力があり、第2楽章と第3楽章で示された表現レンジの広大さには驚くほかありません。

Track List   

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
26
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
私にとってマーラーの交響曲第五番といえば...

投稿日:2021/07/06 (火)

私にとってマーラーの交響曲第五番といえばこの演奏である。重く悲劇的な第一部や美しく濃厚なアダージェットだけでなく、曲全体の終わりできれいに技が決まっているのがとても印象的だった。今のところ、ここまで決まっているラストは他に聞いたことがない。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
マーラーの全集はグラモフォン晩年のバーン...

投稿日:2021/03/20 (土)

マーラーの全集はグラモフォン晩年のバーンスタインに尽きる。 私は8番のコレクターだか、 マーラーのシンフォニーは 8番、大地、9番そしてヴィスコンティの5番に尽きる。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
1987年バーンスタインの最晩年におけるウィ...

投稿日:2021/03/08 (月)

1987年バーンスタインの最晩年におけるウィーン・フィルとのライヴ録音である。他の演奏とは次元の違う録音であり、バーンスタインの最高傑作のひとつであろう。マーラーは「復活」、「第九番」しか聞かなかった時期が長いがこの演奏を聴き、3番目に好きになった曲である。ウイーンフィルのアダージェットの弦の音色が見事である。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0

Symphonies Items Information

Recommend Items