錦戸亮がオールナイトニッポン GOLD のパーソナリティーに初挑戦 映画『羊の木』公開記念

2017年12月29日 (金) 05:00

|

HMV&BOOKS online - Movies & TV , HMV&BOOKS online - 映画・TV , HMV&BOOKS online - アニメ・キャラクター

2018年2月3日(土)より錦戸亮(関ジャニ∞)主演映画『羊の木』の全国公開を記念して「関ジャニ∞錦戸亮のオールナイトニッポンGOLD」の放送が決定した。

錦戸がオールナイトニッポンのメインパーソナリティを務めるのは今回が初めて。トークゲストに吉田大八監督を呼び、2時間のMCに挑む。

収録前の錦戸はスタジオに入ってくるなり「不安で仕方がない」としきりに不安という言葉を連発。しかし、喋り始めると流暢にMCを務め、ゲストの吉田監督の紹介まで行っていた。吉田監督とは普段から仲が良いだけに「逆に緊張する!」と笑っていた錦戸。対して昔からよくラジオを聞いていたという吉田監督が、錦戸を引っ張っていく形で収録は進み、なぜか映画作品のストーリーをメインパーソナリティーの錦戸ではなく、吉田監督が説明するという場面も見られた。

そんな錦戸に、吉田監督は「原稿を見るのやめれば?」とアドバイスするも、「よし、見るのやめましょうか」と言った直後に原稿を見て進行を確かめる錦戸。初めてのメインパーソナリティへの戸惑いはかなりのものだったようだが、終始くだけた良い雰囲気で収録は進んだ。

メインコーナー「信じるか疑うかは、アナタ次第!人に信じてもらえない体験談!」では、錦戸からは「ビヨンセからウインクしてもらった話」、吉田監督からは「UFO を見た事がある話」が飛び出し、2人の話は「宇宙人を信じるか?」という方向へ。吉田監督の話が全く共感できなかったらしい錦戸の対応に対し、「僕ゲストだよね?錦戸くんの番組に呼ばれてきたんだよね?」と錦戸の対応への不満を漏らすような一幕も見られ、始終笑いが絶えない、和やかな雰囲気のまま収録が終わった。

収録を終えた錦戸は「ラジオ自体が久しぶりだったのですが、監督と一緒の収録だったので今日は緊張しなかったですね。楽な感じで喋ってしまいました。普段生活していて、『さて〜!』みたいに仕切り直したりする事がないので、つなぎをスムーズにする事が次の課題ですね。メインパーソナリティとして自己採点するなら…50点くらいですね。監督からも『僕ゲストだよね?』と聞かれてしまうくらいですし(笑)。普段通りにやりすぎましたね。次は頑張ります!」と語っていた。

「関ジャニ∞錦戸亮のオールナイトニッポンGOLD」は2018年1月12日(金)22:00より放送。

番組概要


関ジャニ∞錦戸亮のオールナイトニッポンGOLD

【放送予定日】
1月12日(金)22:00〜24:00放送

【放送局】
ニッポン放送

【出演】
パーソナリティ:錦戸亮(関ジャニ∞)
スタジオゲスト:吉田大八

作品概要


羊の木

出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平
監督:吉田大八『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
脚本:香川まさひと『クヒオ大佐』
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊)山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」
配給:アスミック・エース

2018年2月3日(土)全国ロードショー



ストーリー

素性が知れないものたち、信じるか?疑うか?
平凡な市役所職員の月末(つきすえ)は、男女6人の受け入れを担当するが、移住してきた彼らはどこかおかしい。これは、過疎問題を抱える地方都市が仮釈放中の受刑者を受け入れるという前代未聞の“国家の極秘プロジェクト”だったのだ。美しい海を臨むさびれた町、魚深(うおぶか)で、犯した罪を抱えながらもそれぞれの居場所に馴染もうとする6人。町の人々は元受刑者という事実を知らされないままに彼らを雇い、町の住人として受け入れ、共に生活を始める。そんなある日、月末は“彼らは全員、元殺人犯”という衝撃の事実を知ってしまう。時を同じくして港で身元不明の変死体が発見され、静かな町に穏やかならぬ波紋が広がっていく…。


©2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社

%%message%%



HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る