CD Import

Sym.1: Bernstein / Concertgebouw.o

Mahler (1860-1911)

User Review :4.0

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
427303
Number of Discs
:
1
Format
:
CD

Product Description

【収録情報】
・マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)
 録音時期:1987年10月
 録音場所:コンセルトヘボウ、アムステルダム
 録音方式:デジタル(ライヴ)

Track List   

クラシック曲目

  • Gustav Mahler (1860 - 1911)
    Symphony no 1 in D major "Titan"
    Performer :

    Conductor :
    Bernstein, Leonard
    Ensemble  :
    Royal Concertgebouw Orchestra
    • Period : Romantic
    • Style : Symphony
    • Composed in : ,
    • Language :
    • Time : 57:0
    • Recorded on : 10/1987, Amsterdam Concertgebouw [Live]

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
晩年のバーンスタインのマーラー演奏スタイ...

投稿日:2021/07/06 (火)

晩年のバーンスタインのマーラー演奏スタイルであるが、この曲にはそこまではまっていないように感じてしまった。マーラーの交響曲第一番にはもう少し若々しくありながら、俗っぽい悩みが感じられるスタイルが好きだ。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
☆
最後の全集に含まれるマーラーの交響曲第一...

投稿日:2021/03/08 (月)

最後の全集に含まれるマーラーの交響曲第一番である。古典的なフォルムを重視した演奏であり、安心して聞くことができる演奏である。コンセルトヘボウ管弦楽団の美しい弦楽器の音色が際立っている。この演奏で初めてこの曲の良さを知ることができた。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この曲がその作曲年代からマーラーの青年期...

投稿日:2018/10/22 (月)

この曲がその作曲年代からマーラーの青年期の感受性の発露であることに異論はないが、所謂青春の詩的に捉えるとこの演奏の最大の真価を聴き損なうかもしれない。 バーンスタインがこの再録音シリーズでは、極めて濃密な解釈を大きく動かされるリズムやテンポで思いの丈を訴えた、稀にみる独自の主観的な演奏を繰り広げている訳だが、ややもするとくどくまた時として停滞しかねないそれらの表現も、マーラー独特の楽想に於いては非常な説得力を持ち得るのだし、この1番では曲想の軽さが表現の重さを幾分緩和していると感じたものである。 青年期の楽想や作曲様式を超えた普遍的な人生観の投影がバーンスタインがここで試みた演奏の要諦であり、なればこそフィナーレの爆発的な高揚と最後の4度の和音の決然とした終結が、指揮者と作曲家が異次元で共存した創造の表れなのだと思う。

いやみなぶらいあん さん | 神奈川県 | 不明

0

Symphonies Items Information

Recommend Items

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト