CD

Momentary Lapse Of Reason: 鬱

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SRCS8489
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

後期の中心人物ロジャー・ウォーターズ抜きで制作された、デイヴ・ギルモアとニック・メイソンの二人を中心としたピンク・フロイド4年ぶりの復活作『鬱(うつ)』(1987年発表)。ギルモアのコンセプトによる『狂気』、『アニマルズ』辺りを思わす、よりハードなアプローチを展開。彼自身によるギターも大活躍。

内容詳細

御家騒動の後、D・ギルモアとN・メイソンを中心とした彼らの4年振りの新作。現代社会をテーマとしたコンセプトが幻想的なメロディーで包まれる。R・ウォーターズがいない分アク抜けしたのが残念だが、プログレの老舗としての誇りが漂う貫禄の一作。(北)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
☆
別に思い入れのある作品ではないが…何故か...

投稿日:2010/12/03 (金)

別に思い入れのある作品ではないが…何故か久し振りに聴きたくなって20年振りぐらいで購入した。 非常にポップで分かり易く、哲学的なメッセージ性は残しつつも押し付けがましい思想やダークなトラウマ的心情吐露などは存在せず、テーマとしてはタイトルに反して明るさを感じてしまう。 しかし、この時代特有の軽薄さは良くも悪くも作品に大きな影を落としていて、AORや産業ロックの色合いの非常に濃い内容になっている。 当然、好き嫌いは分かれるだろうし、少なくとも病み付きになる凄味や癖になる毒っ気はもはや存在しないように思える。

タカヒロ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
何よりジャケットが素晴らしすぎる!

投稿日:2010/01/20 (水)

何よりジャケットが素晴らしすぎる!

がすたふ孫 さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
リマスターで音質は大幅によくなりましたね...

投稿日:2008/03/04 (火)

リマスターで音質は大幅によくなりましたね。非常に聞きやすくなった分、心地よすぎてしまうかな。タイトルの「鬱」はちょっと違うと思うけど、要はサウンドです。

Dark Side さん | 埼玉県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品