CD

Vices & Virtues: 悪徳と美徳

Panic! At The Disco (パニック! アット ザ ディスコ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR14090
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
価格限定盤

商品説明

あのPanic! At The Discoが帰ってきた!パニック・ファンが心待ちにした、原点回帰のサード・アルバム遂にリリース!

ご存知、Fall Out Boyの秘蔵っ子としてデビューから圧倒的な人気を誇ってきたPanic! At The Disco 。

ファースト・アルバムの『Fever You Can't Sweat Out』からセカンド・アルバム『Pretty.Odd.』はバンドにとって大きな成長を遂げ、サウンドもポップパンク色から60年代のロック・クラシックスの影響を色濃く感じるものへと進化しファンを驚かせましたが、しかし、その後バンド内ではそのルーツ・ロック的なサウンドを追及するライアンとジョンは音楽の方向性の違いから、バンドを脱退。
残ったメンバーのフロントマンであるブレンドン・ウーリーとドラマーのスペンサー・スミスの2人は、それを機にバンド名を「Panic! at the Disco」に戻し(以前はPanic At The Disco )、本作『Vices & Virtues(悪徳と美徳)』の制作に取り組んだようです。 当時のことをブレンドンは、

「長い道のりだったよ。でも出来上がった楽曲には興奮してるよ」

とオルタナティヴ・プレス誌のインタビューで語っています。
新作は、あのブッチ・ウォーカーとジョン・フェルドマンという敏腕プロデューサーの2人を迎えており、ポップでダンサブルなまさに初期の頃のPanic! At The Discoが戻ってきたかのよう!
1stシングルは「THE BALLAD OF MONA LISA(邦題:モナリザのバラード)」という超強力なキャッチーナンバー!まさに 原点回帰とも言えるファン感涙のサード・アルバムとなっています!

そして、今回1stシングル大ヒット&ファンの声に応え、アルバム発売が急遽1週間前倒し3/22発売決定!
海外のメディアでも大絶賛され、SPIN誌が選ぶ「2011年絶対に聴かなきゃいけないアルバムTop 30」にランクインするなど、かなり期待高まる1枚となっています!

内容詳細

米国ネバダ州サマーリン出身のエモ・ポップ・バンドによる、前作『プリティ。オッド。』からおよそ3年ぶりのサード。ブレンドン・ウーリーとスペンサー・スミスの二人組となってから初のアルバムで、ヒネリの利いたメロディとダンサブルなバンド・アレンジの融合は、原点回帰的な勢いを感じさせる。(く)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1stを買った当時は、人気にも関わらずあま...

投稿日:2011/07/03 (日)

1stを買った当時は、人気にも関わらずあまり聞きこまなかったので、2ndは聞くことさえしなかったのです…。 が、しかし。 私的に、このアルバムが一番妖艶な感じがして好きです。 何度も聴いているので、やはり1stより聴きごたえはあるんじゃないかと思っています。 1stの踊れる感じが弱まったのかなとも思いますが。

グリ子 さん | 京都府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
1st でファンになり 2nd でがっかりしち...

投稿日:2011/05/07 (土)

1st でファンになり 2nd でがっかりしちゃったタイプのファンです。 最初聴いたときは、あれ?ちょっと違うな… って感じでしたが 聴けば聴くほど好きになりました(^^) これも凄く素敵なアルバムです。 個人的に一番お勧めな曲は 5 Trade Mistakes

nina さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Panic! At The Disco

ラスベガス出身のロック・バンド、Panic! at the Discoは2005年にリリースされた「A Fever You Can't Sweat Out」でデビュー、このアルバムがビルボード・チャート13位にランクインし、一躍話題のバンドとなる。

プロフィール詳細へ

Panic! At The Discoに関連するトピックス

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト