CD

BAD25周年記念デラックス・エディション 【完全生産限定盤】(3CD+DVD)

Michael Jackson (マイケル・ジャクソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EICP1541
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き, 限定盤, デラックスエディション

商品説明

遂に正式発表されたBAD25周年記念盤。今回の目玉は、ダンス/ライヴエンタテインメントの原点にして頂点とも言える、BADツアー:ウェンブリー・スタジアムでの伝説のLIVEが25年の時を経て遂にパッケージ化!! 29歳、心技体の全てが絶頂期とも言えるマイケルの、全曲生歌、キレキレのダンスパフォーマンス。「ライヴ・イン・ブカレスト」「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を超える勢いの、魔法の様な興奮の夜を追体験出来ます。DISC3は、マイケル初のライヴ・アルバム。DISC4は、「ブカレスト」以外では唯一となるライヴDVDとなります!更に『BAD』制作期の未発表曲、未発表デモ音源、新リミックスなど、初出素材満載!!もちろん、日本盤は『BAD』と『BADツアー』を解析する丁寧な解説、歌詞・対訳、英語字幕・日本語字幕も完備!
(メーカー資料より)

内容詳細

マイケル・ジャクソンの名作『BAD』リリース25周年記念盤のデラックス・エディション。『BAD』制作期の未発表音源やリミックスに加え、ウェンブリー・スタジアムでのライヴ盤、さらにそのライヴ映像DVDを収録した、超豪華仕様となっている。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まず、このBOXセットが届いたときの、事情...

投稿日:2012/10/25 (木)

まず、このBOXセットが届いたときの、事情から書きます。 3分間ほど、どうやって開けたらいいのか? 迷いました。 どこかに蓋の折り返しを差し込んであるのではないか? 逸る気持ちに突き動かされながらもせっかくのCDの箱、外装を傷つけたくもないし……。しかしここしか閉じ目はありえないという箇所に敢えてグイっと力任せに――すると気持ちよく開いてくれました。なんとマグネット! 斬新なケースの発想は「BAD25周年記念BOX」に相応しいアイディアだと感心すると同時に、リーズナブルで愉しさいっぱい。  しかし小生にとっての最大の目玉は、Disc3のライヴDVDになぞではありませんでした。 小生の目玉はDisc2にこそありました。なんと言っても、リークもしなかったマイケルの未発表曲が6曲に、オリジナル曲のフランス語ヴァージョン1曲にで、です。新たな未発表プロダクツが絡むとはいえ、他のdiscなんて聴き旧した曲を愉しんでいるだけではないですか? 手を変え、品を変えて、耳馴染みのヒット曲を売り込んでいる。そこへゆくとDisc2は違います。他の商品と抱き合わせで注文したので、届くまで10月11日まで小生の場合、時間を要しました。その間ずーっとデモ曲について、誰もがあまり触れないので、まったく期待はしてはいなかったのですが――ところがいざ蓋を開けてみると、なんという感動! 新鮮なディスクの香り(?)と共に厚みのある音。テンションが高いぞ! これが初印象でした。それに、すべてがマイケル自作曲です。やっぱり自筆曲は違いますね。くずきりやおさつスナックを食べるときにも似たライトな甘味が堪りません。なぜ巷ではDVDの画質や音質のことだけで、あんなにも物議を醸してばかりいて、こんなに素晴らしい未発表曲のことに触れたがらないのか? トータルでは評価してもマイケルの最高の部位に対しては、他人は避けて通る傾向が確実にありますよね? I wanna scream って気分です。とにかく25周年記念盤での初リリース曲に対する世間の姿勢にも同じものを感じます。もっとがんがん評価されて好いのに…。 という小生もコンセプトというよりも組曲のように続けて聴いているので、どのタイトルの曲が鳴っているのか? 今でもメロディーと一致しません。 しかし、さすがにアル・カポネだけは、スムクリの前身というだけあって、解かりやすいですが。逆にどれだけ違っているのか? が不安でしたが、改造前はスムクリとは明らかにサビが違う。So that と too bad という歌詞が効果的です。しかしこれが後に映画「moonwalker」のメイン曲になってゆくのか? とマイケルの加工手順が解かるようで、興味深かったです。 一曲、一曲の具体的感想には触れませんが、ランディのとちりをマイケルが、からかうように爆笑する、兄弟の絆を感じる「フリー」から「プライス・オブ・フェイム」にかけての盛り上がりが最高です。こんな素晴らしいメロディーを歌い直して新曲としてリリースせず、アルバムの新作の文字通りの新曲に腐心していたマイケルに潔さを感じます。アルバム「BAD」以降にだって、従来のファンにとって素晴らしく気分が好くなるようなアルバムをいくつもリリース出来たのに……。しかし小生にとっては、こうしていくつものアウト・テイクを愉しんでゆける余地が残されていること自体が、救いなのですが――。 ファンの方に言いたいのですが、マイケルのアウト・テイクはまだまだいっぱい残されていますよ。サイト「Michael Jackson’s moon walker」へゆきrare songs を撰べば1993年以降「明らかにされた」アウト・テイクの膨大なタイトルの一覧を観ることができます。マイケルの秘密主義ゆえの置き土産に、今後もまだまだ期待してゆきましょう。

ベサメムーチョ美純 さん | 千葉県 | 不明

4
★
★
★
★
★
彼の数あるアーカイブのなかでも今作品はか...

投稿日:2012/10/12 (金)

彼の数あるアーカイブのなかでも今作品はかなり価値ある逸品です。初出しのライヴ映像のなかの彼のみを写したサービスカットも魅力を余す所無く、伝えて大変素晴らしいものとなっている。没後なお興味が尽きないのはジョンやフレディと彼だけかも知れない。何より手元において置きたいのは確実!!

ジミープラント さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
既に画質については各サイトのレビューで触...

投稿日:2012/10/01 (月)

既に画質については各サイトのレビューで触れられている通り、お世辞にも高画質とはいえませんが、それを差し引いてもなお!この作品は素晴らしいと断言できます。まだスキャンダルにもまみれず、心身共に絶頂期のマイケルの姿を拝めることの喜び。そりゃあ花火まで使った豪華絢爛な『デンジャラス』も、ほとんど神格化された『ヒストリー』の時も、それはそれで素晴らしいステージでしたが、何の派手な演出がなくとも生身のマイケルのパフォーマンスだけでこれだけワクワクさせてもらえれば、少々画質がブート・チックでも何ら問題ナシ。ただ、それこそブートで観た横浜公演では全部生歌だったのに、ここでは「Bad」と「Man〜」がおそらく口パクだったのが残念ポイント。世界最高峰のライブ・パフォーマンスがここに!

HAL さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Michael Jackson

キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンは2003年、45回目の誕生日を迎え、その輝かしい歴史を振り返る選りすぐりのベスト・アルバム「Number Ones」を発売。マイケルの持つ世界各国でのナンバーワン・ヒットは25曲以上あり、ジャクソン・ファイヴ時代やモータウンのソロ時代を含めると30曲にも及ぶ。このアルバムに収録されている一曲一曲こそ、マイケルの“スーパースター”たる所以であり、“ナンバー

プロフィール詳細へ

Michael Jacksonに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品