CD

G-force

Gary Moore (ゲイリー・ムーア)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VICP2024
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

人気ロッカー、ゲイリー・ムーアがシン・リジィ脱退後に結成した自己のバンドで80年に発表したデビュー作。“伝説”の由縁はこれ1枚きり、1年足らずで解散してしまったからだ。今でも古く感じさせないのは熟考されたアレンジ。彼の先駆性を見るファン必聴盤。(記)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
アナログ発売当初、輸入盤しか存在せず、ダ...

投稿日:2021/03/17 (水)

アナログ発売当初、輸入盤しか存在せず、ダメ元で近所の唯一の輸入盤を取り扱っている店に注文したら運よく入手出来ました。初めて針を落とした時の震えを今でも鮮明に覚えています。バイブル!!

E-BOW さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このアルバム大好きなんです。普通に大好き...

投稿日:2012/02/24 (金)

このアルバム大好きなんです。普通に大好きじゃなくて、心底、きっと今まででイチバン大好きなんです。Garyに初めて出会ったのは、1979年にCozy Powellの出したソロアルバムに入っていた“Killer”という曲です。壮絶なる凄いギターを弾いていて、ビックリしたものでした。当時住んでいた兵庫県で、たまにMusic Life誌が提供していた“悪魔とドリミのMLロックテーション”という番組のオープニングで使われていた曲が、凄く歪んだギターの音ながら、覚えやすいメロディーにのせて、ガッツ溢れる超絶ギター・ソロが展開される曲で、「誰?誰?ダレーーーッ??」っと思っていました。そのときのDJが、現在BURRN!誌を発行している会社社長の酒井康氏(当時、ML誌の副編集長で、ニックネームが悪魔だった)が、紹介されていたのが本作@の“You”でした。それがわかるやいなや、すぐに大阪のレコード店を探し回っていたのですが、なかなか見つからず、行きつけの阪急32番街にあったレコード店の馴染みのお兄さんに聞いたところ、「幻のレコードなんやで!」と言われ、何とかして入手してもらいました。もう30年以上前の話なので記憶が定かではありませんが、日本盤LPが2,500円〜2,800円の時代に、3,000円以上は確実にしていて「高〜っ!!」と思った記憶がありますが、幻のLPというふれこみだったので、迷わず購入しました。“You”は今でもハード・ポップの代表曲として、私の中で1位の座に鎮座していますが、高額ながらも購入を決意した判断に違わず、@以外にもAの“Whiteknuckles〜Rockin’ And Rollin’”のマシンガン・ピッキングによる気持ちイイくらいの弾きまくり加減は、Eddie Van Halenへの対抗心からだったのでしょうか?そしてドッシリとしたHRBの“She’s Got You”。C“I Look At You”も哀愁漂うバラードながら、Garyの切ない泣きのギターを入れつつも、速弾きもキッチリ織り込んでおくお約束の曲もあります。Dもハード・ポップの佳曲です。そして隠れた名曲Eの“You Kissed Me Sweetly”。曲のタイトルもロマンティックながら、曲調も洗練されています。F“Hot Gossip”とG“The Woman’s In Love”もEに負けず劣らず、都会的AORの香りがするカッコいい曲に仕上がっています。そしてラストを飾る“Dancin’”は、Garyが最後は徹底的にロックして締めくくるのだ!!!と言わんばかりに弾きまくり、盛り上がっていきます。サイコーで、賛辞が書ききれないくらい大好きなんですよ!!!最後に、日本のレコード会社さま、何とかして“Trust Your Lovin’”を発掘して、収録いただけないかと首を長くして心待ちにしております。どうか、どうかこの願いを叶えてください。LP1枚、CD1枚を既に持っていても、“Trust Your Lovin’”が収録されれば、必ずまた買い直しま〜〜〜す★彡

nikki さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
結構ポップでゲイリーらしくなかったりする...

投稿日:2010/08/24 (火)

結構ポップでゲイリーらしくなかったりするのだが、A、Hあたりはハード。この編成は長続きしなかった。

sabbath sabbath さん | 広島県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Gary Moore

こんなゴツい顔した人(失礼!)がこんなにも美しい「泣き」のギターを弾くのか!それがゲイリー・ムーアに対する第一印象。このアンバランスさに惹かれる人も少なくないのでは…。ジャズ、フュージョン、ハードロック、ブルース…いつの時代のゲイリーは我々の心の琴線に触れるようなギターを紡ぐ。

プロフィール詳細へ

Gary Mooreに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品