CD 輸入盤

ドイツ・グラモフォン/アヴァン・ギャルド・シリーズ(21CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4835677
組み枚数
:
21
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

時代を先取りした画期的な最先端芸術のシリーズがまとめられて再発売
CD21枚組ボックス・セット限定盤


ドイツ・グラモフォンは55年前、当時まだ最先端の芸術や音楽が多くの作り手たちから疑問視されていた頃に、クラシック音楽の新たな時代の幕開けを明らかにする画期的な新シリーズの発売を始めました。「ドイツ・グラモフォンのアヴァン・ギャルド・シリーズ」はその時代の最も進んだ思考から生まれた衝撃的な音楽を4セットのLP6枚組ボックスにまとめたものです。
 作曲家はジェルジュ・リゲティ、ジョン・ケージ、ルチアーノ・ベリオ、マウリシオ・カーゲル、ルイジ・ノーノ、クシシュトフ・ペンデレツキ、ベルント・アロイス・ツィンマーマン、ディーター・シュネーベル、ヴィトルト・ルトスワフスキなど。今回初めてドイツ・グラモフォンにより、このカリスマ的な地位を確立した画期的なシリーズすべてがひとつにまとめられました。CD21枚組ボックス・セット(オリジナルの「アヴァン・ギャルド・シリーズ」に入っていたシュトックハウゼンの3枚のアルバムは作曲家の意図を尊重し、今回のシリーズには含まれていません)。初CD化となる録音も多数含まれています。
 リゲティの有名な合唱曲『ルクス・エテルナ』、革新的なオルガン曲『ヴォルーミナ』、エチュード第1番『ハーモニー』を収録。ペンデレツキ、ルトスワフスキ、リゲティ、黛 敏郎、アール・ブラウン、ヴォルフ・ローゼンベルクによる美しい弦楽四重奏曲は、20世紀音楽の名演奏で名高いラサール四重奏団が演奏しています。またジョン・ケージの3つの作品(アトラス・エクリプティカリス/ウィンター・ミュージック/カートリッジ・ミュージック)の驚異的な同時演奏がアンサンブル・ムジカ・ネガティヴァとライナー・リーン(指揮)により行われています。ノーノやレオ・クッパーなどによる革新的、衝撃的なエレクトロニクス音楽の作品も収録されています。
 186ページのブックレットには英語とドイツ語のオリジナル・ライナーノーツ付き。作曲家本人や専門家によるエッセー、ドイツ・グラモフォンに保存されていた貴重な写真も多く掲載されています。有名なグラフィック・デザイナーによる色彩豊かなオリジナル・ジャケット仕様です。
 サイズ:約9.5x13.5x13.5cm、重量:約1kg(輸入元情報)

【収録情報】


Disc1
● ルトスワフスキ:弦楽四重奏曲
● ペンデレツキ:弦楽四重奏曲
● 黛 敏郎:弦楽四重奏のためのプレリュード

 ラサール四重奏団

  ヴァルター・レヴィン、ヘンリー・メイヤー(ヴァイオリン)
  ピーター・カムニツァー(ヴィオラ)、ジャック・キルステイン(チェロ)

 録音:1967年12月、ドイツ
Disc2
● カーゲル:オブリガートを伴うオルガンのためのファンタジー
● フアン・アレンデ=ブリン:Sonorite
● リゲティ:ヴォルーミナ
● リゲティ:エチュード第1番『ハーモニー』

 ゲルト・ザッハー
(オルガン)

 録音:1968年4月、ハンブルク
Disc3
1. デイヴィッド・ベッドフォード:ケネス・パッチェンによる合唱のための2つの詩
2. リゲティ:ルクス・エテルナ
3. アルネ・メルネス:スクシム
4. マレク・コペレント:マトカ

 ゲルハルト・オットー
(フルート:4)
 北ドイツ放送合唱団
 ヘルムート・フランツ
(指揮)

 録音:1968年4月(1)、5月(3-4)、ハンブルク
Disc4
● グロボカール:ディスクール第2
● ベリオ:セクエンツァ第5番
● シュトックハウゼン:メロディ楽器とフィードバックのためのソロ
● カルロス・ロケ・アルシーナ:コンセクエンツァ Op.17

 ヴィンコ・グロボカール
(トロンボーン)

 録音:1968年6月、ベルリン
Disc5
カーゲル:
1. 3人の奏者のための試合
2. ルネサンス楽器のための音楽

 クリストフ・カスケル
(パーカッション:1)
 ジークフリート・パルム、クラウス・シュトルク(チェロ:1)
 コレギウム・インストゥルメンターレ(2)
 マウリシオ・カーゲル
(指揮:2)

 録音:1968年6月(1)、1967年4月(2)、ドイツ
Disc6:即興曲集
● ...E Poi?
● Quasiraga
● Light Music
● Ancora Un Trio
● Credo

 グルッポ・ディ・インプロヴィザジオーネ・ヌオーヴァ・コンソナンツァ


 録音:1969年2月、ローマ
Disc7
ベルント・アロイス・ツィンマーマン:
1. プレザンス
2. インテルコミュニカツィオーネ

 サシュコ・ガヴリロフ
(ヴァイオリン:1)
 ジークフリート・バルム(チェロ)
 アロイス・コンタルスキー(ピアノ)

 録音:1969年5月、ミュンヘン
Disc8
● ジョン・ケージ:アトラス・エクリプティカリス/ウィンター・ミュージック/カートリッジ・ミュージック
● ディーター・シュネーベル:グロッソラリー

 アンサンブル・ムジカ・ネガティヴァ、他
 ライナー・リーン
(指揮)

 録音:1969年5月、オランダ(1)、ケルン(2)
Disc9
● カーゲル:ハレルヤ
● シュネーベル:声のために(…ミサ)

 シュトゥットガルト・スコラ・カントルム
 クリトゥス・ゴットヴァルト
(指揮)

 録音:1969年6月、シュトゥットガルト
Disc10
ゴットフリート・ミヒャエル・ケーニヒ:
1. テルミヌス II
2. フンクツィオン・グリューン
3. ゾルタン・ポングラツ:フォノテーゼ
4. ライナー・リーン:マルドロールの歌

 ゴットフリート・ミヒャエル・ケーニヒ
(リアリゼーション:1,2)
 ゾルタン・ポングラツ(リアリゼーション:3)
 ライナー・リーン(リアリゼーション:4)

 録音:1967年(1,2)、1966年(3)、1969年(4)、オランダ
Disc11
● カーゲル:音響

 Kolner Ensemble fur Neue Musik


 録音:1969年11月、ケルン
Disc12
1. リゲティ:弦楽四重奏曲第2番
2. アール・ブラウン:弦楽四重奏曲
3. ヴォルフ・ローゼンベルク:弦楽四重奏曲第3番

 ラサール四重奏団


 録音:1969年12月(1)、3月(2)、1968年12月(3)、ミュンヘン
Disc13
リュック・フェラーリ:
1. ほとんど何もない第1番
2. ソシエテ 2

 リュック・フェラーリ
(リアリゼーション:1)
 ジェラール・フレミー(ピアノ:2)
 ジャン=ピエール・トルーエ、シルヴィオ・グァルダ、ガストン・シルヴェストル(パーカッション:2)
 パリ現代音楽合奏団(2)
 コンスタンティン・シモノヴィチ(指揮:2)

 録音:1970年2月、ハノーファー(1)、1969年12月、パリ(2)
Disc14
1. ルーカス・フォス:パラダイム
2. レジャレン・ヒラー:7-9) アルゴリズムI、ヴァージョンI
3. レジャレン・ヒラー:、10-12) アルゴリズムI、ヴァージョンIV
4. エリオット・シュワルツ:Signals


 ジャン・ウィリアムズ(パーカッション:1)
 Stephen Bell(エレキ・ギター:1)
 Charles Haupt(ヴァイオリン:1-3)
 ジェリー・カークブライド(クラリネット:1-3)
 マレイケ・フェルベルヌ(チェロ:1-3)
 ペトル・コーティック(フルート:2,3)
 ジェイムズ・フルカーソン(トロンボーン:4)
 Nicholas Molfese(コントラバス:4)
 ルーカス・フォス(指揮:1)
 レジャレン・ヒラー(指揮:2,3)
 エリオット・シュワルツ(指揮:4)

 録音:1969年6月、ニューヨーク
Disc15
1. ローランド・カイン:Cybernetics III
2. ノーノ:コントラプント・ディアレッティコ・アラ・メンテ

 ローランド・カイン、マリーノ・ズッケリ
(磁気テープ・リアリゼーション:1)
 リリアーナ・ポリ(ソプラノ:2)
 マリサ・マッツォーニ、カディージャ・ボーヴェ、エレーナ・ヴィチーニ、ウンベルト・トローニ(語り手:2)
 ローマRAI室内合唱団(2)
 ニーノ・アントネッリーニ(指揮:2)

 録音:1969年10月(1)、1968年6月(2)、ミラノ
Disc16
1. フランコ・エヴァンジェリスティ:Die Schachtel
2. ハインツ・ホリガー:魔法の踊り手

 エーベルハルト・シェーナー指揮、ミュンヘン歌劇場オーケストラ・ゾリステンアンサンブル
(1)
 ドロシー・ドロウ(ソプラノ:2)
 エヴァ・ジルホーファー(アルト:2)
 フィリップ・ラングリッジ(テノール:2)
 ハンス・リーディカー(バス:2)
 バーゼル劇場合唱団(2)
 ハンス・ツェンダー指揮、バーゼル交響楽団(2)

 録音:1968年4月、ミュンヘン(1)、1970年9月、バーゼル(2)
Disc17
● コーネリアス・カーデュー:グレート・ラーニング

 スクラッチ・オーケストラ
 コーネリアス・カーデュー
(指揮)

 録音:1971年2月、ロンドン
Disc18
1. ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ:交響曲『K』
2. グロボカール:民族音楽のためのエチュードII

 ウィーン放送交響楽団
(1)
 リュブリャナ放送交響楽団(2)
 ミラン・ホルヴァート(指揮)

 録音:1970年3月、ウィーン(1)、1970年10月、スロヴェニア(2)
Disc19
1. ホリガー:7つの歌
2. シュトックハウゼン:シュピラール

 ハインツ・ホリガー
(オーボエ)
 シュトゥットガルト・スコラ・カントルム(1)
 バーゼル交響楽団(1)
 フランシス・トラヴィス(指揮:1)
 カールハインツ・シュトックハウゼン(監修:2)

 録音:1970年10月、バーゼル(1)、1969年12月、ケルン(2)
Disc20
● シルヴァーノ・ブッソッティ:5つのイタリアの断章
● ニコラウス・A・フーバー:Versuch uber Sprache

 北ドイツ放送合唱団、他
 ヘルムート・フランツ
(指揮)

 録音:1971年4月、ハンブルク
Disc21
レオ・クッパー:
1. L’enclume des forces
2. Electro-poeme
3. Automatismes sonores


 Jean-Claude Frison(語り:1)
 レオ・クッパー(リアリゼーション)

 録音:1971年(1)、1967年(1)、1971年2月(3)、ブリュッセル

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品