こっこさんの台所

Cocco

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344017177
ISBN 10 : 434401717X
フォーマット
出版社
発行年月
2009年08月
日本
追加情報
:
23cm,231p

商品説明

生きることへの想い、心と身体に沁み入る季節のオリジナルレシピ、“かわいい”に囲まれた日々の暮らしの表情、ロンドンやアイルランドなどへの旅の記録…。歌うたいCoccoの“愛”のメッセージを写真ともに届けます。

【目次】
食材と計量について




こっこさんの沖縄
お料理Q&A
おわりに—こっこさんの日々

〈Cocco〉1977年生まれ。沖縄県出身。歌手。著書に絵本「南の島の星の砂」「南の島の恋の歌」、エッセイ集「想い事。」などがある。

内容詳細

生きることへの想いを謳い上げるように綴ったエッセイ、心と身体に沁み入る季節のオリジナルレシピ、“かわいい”に囲まれた日々の暮らしの表情、ロンドン、アイルランド、パリ、沖縄への旅の記録…。歌うたいCoccoのすべてが詰まった“愛”のメッセージ。

目次 : 食材と計量について/ 春/ 夏/ 秋/ 冬/ こっこさんの沖縄/ お料理Q&A/ おわりに―こっこさんの日々

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
雑誌パピルスにて連載していたエッセイ&季...

投稿日:2009/08/07 (金)

雑誌パピルスにて連載していたエッセイ&季節のお料理レシピを紹介 したものが一冊の本になりました。 レシピも更に追加され、パワーアップしています。写真を見るだけでも楽しめ、エッセイはまるで歌い出すかのような詩のように美しくレシピは本当に美味しそう。 ボリューム満点でcocco作品が好きな人ならもちろんのことそうでなくても楽しめる内容かと思います。

toft さん | 兵庫県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ばいきんまん さん

    '14.4-10(63)聞いた事のない食材やスパイスの名前がたっくさん。興味津々です。豆腐クリームは私も使います。体に優しい食材、製法、工夫。安心して見ていられます笑 公設市場の写真のページと、大きいばあちゃんのポーポーの話が好き。【ばあちゃん作って作ってと、せがむわがまま。それがたまらなくて、嬉しくて、おいしいんだよ。ねえ?】ってわかるなあ。治ったら、沖縄に少し長めの滞在をしてみたいです。住んでる人たちの邪魔にならないように笑 沢山じゃないくていいから、おばあたちの作るいろんな沖縄料理を食べてみたいな。

  • まつり さん

    歌手のCoccoともうひとつの、生活するこっこがこの1冊につまっています。こっこの作るごはんやおやつは、どれも心や身体によさそう。そしてワイルドでおしゃれ。色あいや盛りつけも美しくてアート。沖縄や家族のページは、みんなの笑った顔や言葉があたたかくてやさしくて、知らなかったこっこを知ることができて、なんだかうれしい気持ちになりました。今まできいていたCoccoの歌も、すこし違ってきこえるかも…♪

  • tsunehisa さん

    再読。久しぶりにパラパラと。毎回美味しそうなごはん作るなあと思うんだけど、自宅にない材料ばかりなので実践してません(笑) 大豆ミンス、買ったことないなあ。

  • まめ さん

    生きることへの想いを謳い上げるように綴ったエッセイ、心と身体に沁み入る季節のオリジナルレシピ、“かわいい”に囲まれた日々の暮らしの表情、ロンドン、アイルランド、パリ、沖縄への旅の記録…。歌うたいCoccoのすべてが詰まった“愛”のメッセージ。 【風のマジム】にも登場した”桜坂”一度で良いから行ってみたい。子どもの頃と大人になった今では見え方が変わる。 『どうか あなたが幸せでありますように。いつも 側にいてあげられないこと、ごめんなさい。でも 今日も想っていること、忘れないでね。 生きて、会いましょう。』

  • ロワエ さん

    生きろ!生きろ!生きよーよー。食べよーよ。食べよう。こんなにも身近で贅沢な幸福を他に知らない。生きる!生きる!誰かを生かすために屠殺すること。それを料理すること。してもらうこと。繋ぐこと。絶たれた命が遺したもの。生きる!生きる!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Cocco

沖縄に生まれたCoccoは、1997年3月にシングル「カウントダウン」で衝撃のデビューを果たした。沸騰寸前のエモーショナルな歌声とセンセーショナルな歌詞、そして自爆寸前の焦燥を映し出したメロディーに重圧なギターリフという、彼女のスタイルはいつでもかわらない。楽曲から伝わってくる彼女の痛みや恨み、怒りや喪失感といったプリミティヴな叫びを共有することで、彼女は誰よりも特別な存在となっている。そして、そ

プロフィール詳細へ

Coccoに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド