CD 輸入盤

小澤征爾&シカゴ交響楽団 RCA録音全集(6CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985392102
組み枚数
:
6
レーベル
:
RCA
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


小澤征爾&シカゴ交響楽団/RCA録音全集(6CD)

小澤征爾若き日の軌跡! 小澤征爾は1964年から69年にかけて(29歳から34歳にかけて)、シカゴ交響楽団の夏の本拠地であるラヴィニア音楽祭の音楽監督をつとめました。その時期に、RCA Red SealにLPにして15枚分の録音を残しています。その中からシカゴ交響楽団との録音アルバムを、オリジナル・カップリング収録したボックスです。これまでフリッツ・ライナー、ジャン・マルティノンと、シカゴ響の歴代音楽監督の全録音を集大成したボックス、さらに同団とかかわりの深かったモートン・グールドの同響とのボックスを実現してきたソニー・クラシカルによる、シカゴ響ボックスの第4弾です。
 小澤=シカゴ響という、当代きっての指揮技術を持った名指揮者と世界最高のヴィルトゥオーゾ・オーケストラというコンビによる録音はこれ以降行なわれておらず、その意味でも貴重な記録といえましょう。演奏面・録音面でのクオリティの高さも特筆もので、数多い小澤征爾のディスコグラフィの中でも極めて傑出した存在のこれらの録音が一つにまとめられるのは今回が初めてのことです。またピーター・ゼルキンとの共演となった3曲、『展覧会の絵』、『禿山の一夜』は、現在のところ小澤唯一の録音となっています。
 リマスター音源は基本的にこれまでで最新のデジタル・マスターが使われていますが、Disc1,4,5,6については、オリジナル・アナログ・マスターテープより24 bit/192 kHzでリミックスおよびリマスターが行なわれました。各ディスクはアメリカ初出LP発売時のオリジナル・カップリングを採用、オリジナル・ジャケット・デザインの紙ジャケットに封入され、クラムシェルボックスに収納されています。そのため小澤&シカゴ響ではない演奏も含まれており、シェーンベルクのピアノ協奏曲にカップリングされたピーター・ゼルキン、アーノルド・スタインハートによる『ピアノのための5つの小品』と『幻想曲』は、今回が世界初CD化となります。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
● バルトーク:ピアノ協奏曲第1番 Sz.83
● バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 Sz.119


 ピーター・ゼルキン(ピアノ)
 録音時期:1965-1966年

Disc2
● ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
● ブリテン:青少年のための管弦楽入門


 録音時期:1967年

Disc3
● ストラヴィンスキー:幻想曲『花火』 Op.4
● ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』


 録音時期:1968年

Disc4
1. シェーンベルク:ピアノ協奏曲 Op.42
2. シェーンベルク:ピアノのための5つの小品 Op.23
3. シェーンベルク:幻想曲


 ピーター・ゼルキン(ピアノ)
 アーノルド・スタインハート(ヴァイオリン:3)
 録音時期:1967年

Disc5
● チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 Op.64
● ムソルグスキー/リムスキー=コルサコフ編:交響詩『禿山の一夜』


 録音時期:1968年

Disc6
● ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
● シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』


 録音時期:1968年

 シカゴ交響楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Bartk: Piano Concerto No. 1 (Remastered)
  • 02. Bartk: Piano Concerto No. 3 (Remastered)
  • 03. Piano Concerto No.3, SZ. 119 / II. Adagio Religioso - Seiji Ozawa / Chicago Symphony Orchestra / Peter Serkin
  • 04. Piano Concerto No.3, SZ. 119 / III. Allegro Vivace - Seiji Ozawa / Chicago Symphony Orchestra / Peter Serkin

ディスク   2

  • 01. Mussorgsky - Ravel: Pictures at An Exhibition
  • 02. Pictures at An Exhibition / Promenade
  • 03. Britten: The Young Person's Guide to the Orchestra
  • 04. Pictures at An Exhibition / Gnomus
  • 05. Pictures at An Exhibition / Promenade
  • 06. Pictures at An Exhibition / Le Vieux Chteau
  • 07. Pictures at An Exhibition / Bydlo
  • 08. Pictures at An Exhibition / Promenade
  • 09. Pictures at An Exhibition / Ballet Des Poussin Dans Leurs Coques
  • 10. Pictures at An Exhibition / Samuel Goldenberg Et Schmuyle
  • 11. Pictures at An Exhibition / Le March de Limoges
  • 12. Pictures at An Exhibition / Catacombes
  • 13. Pictures at An Exhibition / Con Mortuis in Lingua Mortua
  • 14. Pictures at An Exhibition / la Cabane Sur Des Pattes de Poule
  • 15. Pictures at An Exhibition / la Grande Porte de Kiev
  • 16. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Theme: Full Orchestra
  • 17. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Theme: Woodwinds
  • 18. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Theme: Brass
  • 19. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Theme: Strings
  • 20. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Theme: Percussion
  • 21. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Theme: Full Orchestra
  • 22. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation I: Flute, Piccolo (Presto)
  • 23. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation II: Oboes (Lento)
  • 24. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation III: Clarinets (Moderato)
  • 25. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation IV: Bassoons (Allegro Alla Marcia)
  • 26. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation V: Violins (Brilliante Alla Pollaca)
  • 27. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation VI: Violas (Meno Mosso)
  • 28. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation VII: Cellos
  • 29. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation VIII: Doublebasses (Comminciando Lento, Ma Poco Accel.)
  • 30. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation IX: Harp (Maestoso)
  • 31. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation X: French Horns (Il Stesso Tempo)
  • 32. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation XI: Trumpets (Vivace)
  • 33. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation XII: Trombones & Tuba (Allegro Pomposo)
  • 34. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Variation XIII: Percussion (Moderato)
  • 35. The Young Person's Guide to the Orchestra, Op. 34 / Fugue: Full Orchestra (Allegro Molto)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
スッキリ爽やかで軽快な演奏・録音です。展...

投稿日:2017/06/03 (土)

スッキリ爽やかで軽快な演奏・録音です。展覧会の絵の終わりの近くバスドラがやや歪み気味なのが惜しいです。ボックスと小冊子の小澤氏の鮮明な写真は髪の毛が黒くフサフサしていて、なかなか若々しさを感じます。懐かしいです。当時の小澤氏は若者にとっては憧れでした。敗戦から二十数年しか経っていないのに敵国の若者に活躍の場を与えてアメリカの寛容性にも驚いたものです。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
シェーンベルクの「ピアノ協奏曲」が名演で...

投稿日:2017/04/21 (金)

シェーンベルクの「ピアノ協奏曲」が名演です。ピーター・ゼルキンとの掛け合いが素晴らしいです。息使いが聞こえてくるようなスリリングな演奏と感じます。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

4
★
★
★
★
★
ジャケットがお若くて格好いい、俳優の息子...

投稿日:2017/03/28 (火)

ジャケットがお若くて格好いい、俳優の息子さんがよく似てるのも、当然か。満州(現在の中国)で生を受け、ピアニストを目指し、ラグビーもやっていた体力、でも怪我をしてしまい(もし、怪我をしていなかったら・・・?)、ピアニストが指揮するのを見、指揮者を志し、親戚でもあった斉藤秀雄先生の厳しい指導に耐え、身に付け、各方面から資金援助を集め受け、当時は、日本人が自由に外国へ行けない時代に、貨物船に乗せてもらい、単身、フランスへ。締め切りに一日遅れでもコンクールに応募を認めてくれて、見事、’59年優勝。審査員のシャルル・ミュンシュはボストン響の指揮者、御褒美にベルリンのカラヤン、ボストン響が夏を過ごす、タングルウッドでもその才、認められ、レナード・バーンスタインの弟子となる。そして、日本へ。でも、ブイブイ言わしていた(汚い言葉でスミマセン)お若い小澤さんとN響は反りが合わず、’64年、覚悟を決め、日本を出て、アメリカ、カナダトロント響へ。アメリカでは、第二次世界大戦の敵国、音楽の伝統も無い東洋人が指揮する、と、言うだけで嫌がられた事もあるが、その指揮する音楽を聴いたアメリカの偉い人、シカゴ響の夏の音楽祭、「お前に預ける」、とまで、言わせた末に出来上がったレコード(ああ、長い、くどい)。そして、日本人が初めて、西洋音楽を、アメリカの本格オーケストラ、メジャーレーベルで指揮、録音して、聴かせてくれた音楽。きっと、当時のヨーロッパ、アメリカ人には、いや、日本人にも、驚きと新鮮、こいつは凄い、と、思わせる音楽。その頃伝統を嫌うゼルキン息子さんとは、この録音の51年を経て、2016年、80歳の小澤さん、病いを押して指揮したベルリンフィルと、ベートーヴェンで共演。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

5

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品