CD 輸入盤

ヘルベルト・ケーゲル/カプリッチョ録音全集(8CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C7275
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヘルベルト・ケーゲル/カプリッチョ録音全集(8CD)

1990年11月20日、歴史的な「東西ドイツ再統一」の陰で、ひっそりと自らの生涯に幕を下ろした指揮者ヘルベルト・ケーゲル。彼は旧東ドイツを代表するオーケストラ、ライプツィヒ放送交響楽団やドレスデン・フィルハーモニーの首席指揮者として数々の名演を残しました。
 「Capriccio」レーベルに残された全ての音源を集めたこのボックスには、ケーゲルの代表的録音であるドレスデン・フィルとのベートーヴェン:交響曲全集のほか、三重協奏曲や合唱幻想曲も含まれます。時として「冷徹」と表現されることもあるケーゲルですが、『ドイツ・レクィエム』冒頭での柔和で優しい響きは、そのイメージを一変させるもの。ケーゲルが育て上げたライプツィヒ放送交響楽団&合唱団による演奏も見事です。
 ディスク8にはケーゲルの名声を高めた『アルビノーニのアダージョ』を始め、『ルスランとリュドミラ』序曲から『威風堂々』第1番まで、管弦楽小品全13曲をオリジナル音源で収録しています。
 今も語り継がれるケーゲルの芸術を、この機会にご堪能ください。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21
● 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc2
● 交響曲第2番ニ長調 Op.36
● 交響曲第7番イ長調 Op.92

Disc3
● 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
● 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

Disc4
● 交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
● 交響曲第8番ヘ長調 Op.93

Disc5
● 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 アリソン・ハーガン(ソプラノ)
 ウテ・ヴァルター(アルト)
 エーベルハルト・ビュヒナー(テノール)
 コロシュ・コヴァーチュ(バス)
 ベルリン放送合唱団
 ライプツィヒ放送合唱団

 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・ケーゲル(指揮)

 録音時期:1982-1983年
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc6
ベートーヴェン:
1. ピアノ、ヴァイオリン、チェロための三重協奏曲ハ長調 Op.56
2. ピアノ、合唱とオーケストラのための合唱幻想曲ハ短調 Op.80

 ペーター・レーゼル(ピアノ)
 クリスティアン・フンケ(ヴァイオリン:1)
 ユルンヤコプ・ティム(チェロ:1)
 ライプツィヒ放送合唱団(2)

 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・ケーゲル(指揮)

 録音時期:1986年7月(1)、1985年11月(2)
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc7
● ブラームス:ドイツ・レクィエム Op.45

 マリアンネ・ヘガンデル(ソプラノ)
 ジークフリート・ローレンツ(バリトン)
 ライプツィヒ放送交響楽団&合唱団
 ヘルベルト・ケーゲル(指揮)

 録音時期:1985年10月
 録音場所:ライプツィヒ、パウル・ゲルハルト教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc8
● グリンカ:歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲
● ジャゾット:アルビノーニのアダージョ ト短調
● グルック:歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』〜精霊の踊り
● ムソルグスキー:歌劇『ホヴァンシチナ』第4幕間奏曲
● ヴォルフ=フェラーリ:歌劇『4人の田舎者』間奏曲
● グリーグ:2つの悲しき旋律〜第1曲「傷ついた心」
● グリーグ:2つの悲しき旋律〜第2曲「最後の春」
● ファリャ:『恋は魔術師』〜火祭りの踊り
● シベリウス:悲しきワルツ
● フランツ・シュミット:歌劇『ノートルダム』第1幕間奏曲
● レオンカヴァッロ:歌劇『道化師』第1幕間奏曲
● ストラヴィンスキー:サーカス・ポルカ
● エルガー:『威風堂々』第1番

 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・ケーゲル(指揮)

 録音時期:1986年
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
もう15年以上前に購入したものだが、当時...

投稿日:2020/01/10 (金)

もう15年以上前に購入したものだが、当時はアルビノーニの暗さの衝撃を受け感動すら覚えた。最近CDプレーヤとアンプと以前よりグレードアップしたので聞き直してみると印象が変わった。いずれの演奏もハーモニーが美しく、透明で、静けさがある。強弱が無いということではなく、躍動感に関してはやや抑えめである。しかしこのハーモニーの美しさや透明感が以前のアルビノーニを聞いた時に暗さに感じたのだろう。今は悲しさが漂っているように感じる。こういう演奏はなかなかないだろうし、こういう演奏を聞きたいと思うときは今後もあるだろう。

Dinkelbrot さん | 群馬県 | 不明

0
★
★
★
★
★
数年前にアルビノーニのアダージョが入った...

投稿日:2018/09/29 (土)

数年前にアルビノーニのアダージョが入った盤がHMVにより特別に生産されすぐに聴いたところ、名盤の誉れにふさわしい感動を覚えた。その盤が含まれているのが嬉しいところ。それぞれで曲順が異なるがいずれがオリジナルかは私は知りません。おそらく聴いてみればわかると思う。ベートーヴェンも楽しみ。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

3

Box Set Classicalに関連するトピックス

おすすめの商品